責任感を身につけた夫

このころ、自分のカウンセリングでも夫の話をすることが多くなっていた。

夫がまた実家に行って話をつけてくると言い出したことをカウンセラーに伝えると、カウンセラーはびっくりしていた。私はてっきりカウンセラーから促されて夫がそうすることにしたのだと思っていたのだけれど、違ったらしい。夫のカウンセリングでは、お母さんの誕生日に行ってなにも話をしてこなかったことについて話し合っただけとのことだった。

カウンセラーは、きっとその話の中で夫に「自分がしっかりしなければいけない」という気持ちが芽生えたのだろう、と言っていた。たった一回でこの夫に「嫌だけど必要なこと」をやる気持ちにさせることができる、このカウンセラーは恐ろしいと思った。この人に出会えたことは本当に奇跡だと思った。

夫はきっと、「父親」が必要だったのではないだろうかと思った。今までずっと父親がおらず、義理のお父さんがいても本当の親ではないから、なにを言われても反抗するだけで終わってしまう。お母さんはあんなだし、誰も夫に「これをやれ」「そういうことはするな」と言って聞かせられる人がいなかったのではないか。だから「嫌だけれどやらなければならないこと」をしたことがなかったのではないか。

その後、夫のことはそっとしておいたのだけれど、翌日仕事から帰ってきて夕ご飯を食べたあとに、「ちょっといい?」と話しかけられた。びっくりした。

今まで夫は、自分からはなにもできない人だった。渡英したばかりのころ、三日間無視をしたあとに、職場に花が届いたことがあった。カードには「Please talk to me(話をしてください)」の言葉。面と向かって「話をしよう」のひとことも言えない人だった。ただただひたすら私のアクションを待つだけの、夫でもなんでもない、飼い犬のような人だった。

その夫が、自分から沈黙を破って話しかけてきた。衝撃だった。

さらに、話した内容がそれ以上に衝撃だった。

「やるべきことをいつまでも放置していることは、もうやめる。これからは、すぐやる。Kelokoをいつも不安な状態にさせておくのは、いけない。言った通り、今週末姉さんと母さんと話をしてくる。運転教習もすぐ行く。健康診断も予約してきた。他になにかある?」

いったいどうしたというのだ。

確かに、フリーランスで時間がある今のうちに免許を取りに行かなければ、という話はしていた。同様に、健康診断も。それでもなかなか行かなくて、けっきょく仕事がもう決まってしまったのだけれど。いいことだけれど、この変化はなんなのだろう。

びっくりしてこのこともカウンセラーに聞いたところ、どうも夫と次のような話をしたらしい。

なにかやるべきことに関して、私は心配しすぎるし、夫はお気楽にいつまでも放置する傾向がある。そこで私はたまに「どうなっているの?」と突っ込むわけだけれど、夫は「これが終わってからでないとわからない」のようなもっともらしい理由を述べて逃げてばかりいる。さらに私が突っ込めば、「自分のペースでやらせろ!」と逆ギレする。

私は夫の理由がしっかりしていればそれまで待つことができるけれど、夫は自分のペースでしかやりたくない。要は、私は夫に合わせられるけれど、夫は私に合わせられないのだ。

これが、私が「この人は一人で生きている」と感じ、一緒に生きている感じがまったくしない理由だった。

一人で暮らしているときは、それでもいいと思う。やることがあったとしても、自分のペースで、やりたいときにやればいい。でも人と暮らしているということは、自分のペースだけでやってはいけない。相手のペースも考えて、合わせるところは合わせていかなければならない。

夫はこういうとき、「ペースが合わないということは別れたほうがいいのだ」というような馬鹿を言う人だった。人にはそれぞれペースがあって、人それぞれなのだから、それを尊重して生きるべきだ、だから合わないなら別れればいい、という。

この考えかたにも、一理ある。日本人の場合はどちらかというとなんでも合わせずに、夫のような考えを少し持ったほうがいいとは思う。でも、なんでもかんでも合わなければ別れるというのはおかしい。その証拠に、夫には長くつき合えている友人が一人しかいない。それでは一生かけても一緒にいられる人など見つかりっこない。夫はそれでもいいと言う。自分は不適合者なのだと、だからしかたのないことなのだと。

でも、そうではない。夫は人に合わせることを学ばなければならない。

夫自身も、自分がいつまでたっても言い訳をしてやることをやらないでいるという認識があるのだ。自分でもそこがだめだと思っているわけだ。そこを私が突くから過剰防衛になって、「これが俺だ!人を変えるのではなく、ありのままのその人を受け入れることが愛情だ!」とアホ丸出しなことを言ったりする。それはもちろんその通りなのだけれど、これは「人を変える」のではなくて、「悪い癖を直す」というだけの話だ。

夫はこういうところが非常に巧妙だった。自己肯定感がなく過剰防衛に走る人は、なんでもするしなんでも言う。自分を守るために、ありとあらゆる手を使ってくる。母国語でも大変なのに、これを英語でやられるともうお手上げだった。毎回毎回、どこからどうすれば切り崩していけるのか、脳みそがなくなるほど頭を使った。自分だってトリガーされてつらいのに。本当に死ぬ思いだった。カウンセリングで知恵を得てそれを使いまくるのだけれど、夫はそれをもさらにねじ曲げて使って攻撃してきた。本当に救いようがなかった。

でもカウンセラーのおかげで、夫はひとつこれをやっと認められたのだと思う。夫がやり終わるまで、私はずっとそのタスクが頭から離れず、リラックスできない。そりゃあ歯ぎしりだってするだろう、と。他人から冷静に指摘されることで、認めることができたのだ。

またカウンセラーは、お母さんに気を使いすぎて自分の妻をないがしろにしてはいまいか、という話もしたらしい。お母さんの誕生日だから、お母さんが話したいことを話そう、自分だってネガティブな話はしたくない、そうだそれがいい、と正当化して、せっかく70ポンドもかけて出かけて行ったのに、なにもせずに帰ってきた。あなたの奥さんの気持ちはどうなるのだろう、と。

親に気を使うことも、よくしてやりたいと思うことも、普通だ。でも誰もお母さんをいさめることができない。唯一お母さんと喧嘩をするお姉さんであっても、最後は絶対にお母さんに謝ることになっているのだという。

カウンセラーいわく、たぶんこの子供たちは三人ともどこかに「お母さんに捨てられたらおしまいだ」という根源的な恐怖が残っているのだろうということだった。親が離婚すると、唯一自分のもとに残った母親がいなければ生きていけないと、子供は潜在的な恐怖を抱えるのだそうだ。再婚したとしても、「お母さんがいるから義理のお父さんは自分たちの面倒をみてくれるのだ」と思うのだ。お母さんに強く出ることができないのは、当然だった。

さらにこの家族には「メンタル的なことは話さない」という暗黙のルールがある。夫が話をせず帰ってきてしまったのは、当然の結果だった。

子供のころにすりこまれた恐怖は、それをどこにも出すことができないまま、誰にも認識されることがないまま、まだ潜在意識の中に残っていた。大人になった今、自分で生きていくことができるようになった今でも、それがトラウマとして残ってしまっているのだ。それに気づいて、「ああ、もういらないな」と認識してやるというステップを踏まなければならない。

以上のカウンセラーとの話をへて、「自分にはお母さんやお姉さん、妹などの家族がいる、でもKelokoには誰もいない。家族とも疎遠だし、その上遠い外国に来て住んでいる。Kelokoには自分しか頼りになる人がいないのだ。「夫の膜が取れた」でも思った通り、自分の健康をとても気づかってくれるいい奥さんではないか、自分のことをこんなに大事に思ってくれているではないか」というところへ、夫はまんまと誘導されたようだった。

そして「自分がKelokoを守るのだ!!」という小学生のような使命感に燃えて、お母さんのところへまた行って話をつけてくる決断をしたようだった。まさに「北風と太陽」の童話のようだった。

このカウンセラーは、本当に恐ろしいと思った。ただただ感謝の気持ちでいっぱいだった。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください