夫の仕事が決まって

このころ、また落ち込むことが多くなってきていた。

夫の問題が解消の方向へ向かってきて、自分のことに集中し始めたせいかもしれないと思った。自分の問題が深すぎて、これからどれだけの時間がかかるのかもわからず、途方に暮れた。空っぽな自分、虚脱感、なにもできない、なにもしたくない。すべてのことを置いて、どこかに行ってしまいたかった。危険だと思った。

カウンセリングと同時に、日本で買ってきた「アダルトチルドレン・癒やしのワークブック」や「毒になる親」を、少しずつ読んだり取り組んだりしていたのだけれど、そこでいろいろなことを思い出してしまい、いちいち落ちることばかりだった。早く回復したくてあれもこれもやろうとしてしまい、できずに危険な精神状態になってしまう。カウンセリングだけに集中したほうがいいのかとも思うのだけれど、時間がもったいないような気がして、もっとやらなければと思ってしまう。こういうところも治すべきところなのかもしれない、とも思った。

そんなころだった。夫の仕事が決まった。

夫はそれまで、人生で一度も採用面接を落ちたことがない人だった。その夫がこのとき、仕事を探し始めてから一年以上も様々な会社を受けては落ちまくっていた。自分のプロジェクトをやるために会社を辞め、勉強をしながら進めつつフリーランスで週一の仕事をし、自分の道を模索していた。

おもしろそうな会社から面接に呼ばれて期待して行ってみれば、業界のことなどなにもわかっていない人がプロジェクトのトップについていて、話がまったく噛み合わずにがっかりしたりしていた。プロジェクトの内容を見せられて、どんな改善点があると思うと聞かれて正直に答えると、「いやいやいやキミ全然わかってないね」とまったくお門違いなことを自信満々に披露されて、だめだこりゃと失望して帰ってきたりした。「このままどこも受からなかったらどうしよう」とまで言い出すようになっていた。

最終的に、二社で面接が進んでいた。一社は、当時やりたいと思っていた教育関係の仕事だったので、できればそちらへ行きたいと言っていた。もう一社は、仕事そのものはまったくやりたいことではない会社だった。でも面接を受けていく中で自分と考えかたがまったく同じだということがわかってきて、気になっていた。何度も面接に行って何人もの人と話をしたけれど、なにを質問されても質問の意図と相手がどんな答えを求めているかがすぐわかり、「こんなに簡単に進んでいいのだろうか」とまで言っていた。

そして一社目の最終面接の準備をしていたとき、二社目のほうから採用の電話がかかってきた。

少し待ってもらうよう言うのかと思いきや、夫は「Yes」と口走っていた。隣で聞いていた私はびっくりした。

電話を切って、「なんでOKしちゃったの?!」と聞けば、「なんか言ってしまった」のだと。

でもこの会社で正解だったのだということを、今では実感している。夫が学びたいと思ったことが十二分に学べており、環境も素晴らしかった。直感に従って「Yes」と言った夫は、本当に自分の核とつながっているのだと思った。私だったらあれやこれやと考えてしまって、結論を出すことができないからだ。自分の感情を表に出すことはできない夫だったけれど、自分自身とはきちんとつながれていた。

面接が簡単に進んだということは、そこが自分が無理なくいられる場所だということだ。無理をして自分を変えて相手に合わせ、自分の中にないことを面接で話していたら、無理をした自分が採用され、今後ずっと無理をし続けなければいられない職場に行くことになっていただろう。そのままの自分を見せることで、そのままの自分を必要としてくれる会社を見つけることができたのだ。これは私が大いに学ぶべき点だった。

これできちんとした収入ができた。たぶん以前の私だったら大喜びしてほっとし、涙していたと思う。

でもそうはならなかった。これも成長だと思った。

そもそももうその前からずっと「仕事がない」ということに関して、不安感がまったくなくなっていた。麻痺していたのかもしれない。私が退職し、二人ともフルタイムの仕事がないという状況で、すでに三か月以上は過ごしていた。私に焦りはまったくなくなっていた。きっと仕事が決まってもそんなに心境に変化はないだろうなと思っていたけれど、その通りだった。

逆に、「収入ができてよかった」と思う反面、そういう居場所が見つかった夫に少し嫉妬の気持ちまで芽生えた。おもしろいものだと思った。これからは自分のことに専念していく時期なのだと感じた。

一月半ばだった。やっと新年が始まったような気がして、その年のことを考えられるようになった。曇り空にうっすらと雲の薄いところが出てきて、そこがふわっと明るく光り始めたような感じだった。

ヨガでもまた、変化があった。「I am here!」でやった三日月のポーズをやったとき、先生から「空に向かって胸を反らせるように」と言われたとき、また「うっ」となり、涙が出そうになった。どうもこの「Sky(空)」という単語が身にしみているようだった。空や宇宙とつながったような感じがすると、自分の存在を感じることができているようだった。

自分の存在(感情)を無視されて育ってきたことによって、自分がなくなってしまっているのが私の問題だった。だから自分の存在を感じ、「この世に自分がいる」という感覚を得て、それを大きくしていくこと、それが回復への道なのだと思った。

広告

2件のコメント

  1. ツイッターのほうも見させてもらってますが、そういう感覚って感じられること多いんですね。私も結構この時期は多いです。
    確かに何をしても満たされないところで変な感じって自分はわかった気がします・・・
    私も「泳ぎ方を覚えて泳ぐ」タイプなので、結構直感で動くのは難しいです。ちょっと前までは直感で動くと損するって思ってたのもあって。
    ただ段々認知改善で直感がうまく働くようになって確かにそういう虚無感は消えてってる気がします。

    いいね

    1. > マーゴットさん

      なんだかすごくわかります。「直感で動くと損する」という感覚、私もずっと持っていました。でもそれというのはそう信じてしまっているからそういう結果が出てくるのですよね。とはいえ「じゃあそうですか」とは変えられない。だから私も少しずつ「直感で動くと損をすると思ってきたけれど、本当はどうなのだろう?」という気持ちを持つようにしています。そのうち直感も本来の直感になってきたり、それをもとに動いてよかった経験などができていって、自信にもつながりますよね。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.