新しい過去を作る

アダルト・チルドレン癒やしのワークブック」第七章の「親に言いたいことを言う手紙を書く」作業に取り組めないため、第八章の「新しい過去を作る」作業へ進んでみた。

ここでは、まずトラウマとなった過去のできごとが起こったときのことを心の中で再現し、次に「どうなってほしかったか」をイメージして、記憶を塗り替えていく。

そんなことができるのか、癒やしにつながるのかと思っていたのだけれど、やってみることにした。

「どうなってほしかったか」というのをまず書き出すのだけれど、まったく出てこなくて大変だった。というのも、なんだかもう怒る気持ちもどっかに行ってしまっていたのだ。

というのも、親がああいう人間だった理由が私にはよくわかっていたからだ。古臭い田舎のあのような家に育って、祖父は酒飲みで仕事もせず遊び呆けているような人だった。嫁に来た祖母は祖父の分まで働く働き者だったのだけれど、彼女はそうやって働くことしか知らなかった。これは子供にとってネグレクトになっただろう。

私が会いに行ったときも、「相変わらずの毒一族」で書いた通り最初は「時間がねえ」と言っていたのだけれど、次にはすぐ「うち(実家)に泊まるんだろ?」と言ってきた。顔が引きつったのを今でも覚えている。

祖母は普段はとぼけたフリをしているけれど、私が親と仲良くないことも充分わかっている。なのに、こうして私を親と仲良くさせようとする。実家などもう私の家でもなんでもないし、行ったとしても状況が悪くなるだけでなんにもならない。それでも親子をやってほしいという非現実を求めてくる。

けっきょくこの人も、あの毒母を作った毒親なのだ。

「家族が仲良くしてほしい」という気持ちはわかる。でも私たちがこうなったのは、祖母の責任でもある。なのに私に我慢をさせ嫌な思いをさせて、あの家に行かせたいというのか。こうしてはるばる会いにやってきた私に、楽しい思いではなく、嫌な思いをさせ我慢をさせたいというのか。

私はいったい、祖母にとってなんなのか。悲しかった

私があの家に行けば物理的に家族がそろうことにはなるけれど、そんなことになんの意味もない。やはりこの人も、物理面しか見えない人間だったのだ。

けっきょくのところ、あんなに頭の足りない一家に、こんなに敏感な私が生まれてきてしまったのが運の尽きだったのだと思った。敏い子供が理解できないから、「お前は悪魔だ」と言って子供が悪いということにする。自分が馬鹿なだけなのに、それを認められない。現実を認められない。

父親など、そういう人を最も馬鹿にする人だった。なにも考えずに古い慣習をただ続けて生きているような人のことを、ものすごく見下して馬鹿にしている人だった。そのくせに自分がまるでそうだったのだ。

やはり、そんな馬鹿な親だったからしかたがないということになってしまう。すると「どうしてほしかったか」と聞かれても、なにも出てこなかった。彼らがやってきたこと以外のことが、起こりうるはずがないとしか思えないからだ。1+1がわからない人間に、3+4を聞いてもわかるわけがない。

ということで、とりあえず以下のようなことを書き出してみた。

  • 自分たちの頭の悪さを、私を「悪魔」とすることで解決するのではなく、自分たちの頭の足りなさに気づき、自分自身をかえりみてほしかった。
  • 自分の都合や勝手な思い込み、欲望ではなく、私を優先して、私のために行動し、私のために生きてほしかった。

書き出して読んでみると、こんなにも普通なことができない人は、人の親になる資格はないだろうなとしみじみ思った。

これを、イメージの中で親にやらせてみた。これが意外にもすっとした。

特に、イメージの中で母親に「私が馬鹿で知能が足りないから、あなたのこと理解してあげられなくてごめんね」と言わせたら、なんだか本当にすっとした。本に書いてあるような「感動的な作業」とはならなかったけど、それでもなにかが変わった気がした。「こんなことで」と思ったけれど、こんなにも効果があってびっくりした。

人間のメンタルというものは、意外にも単純なものなのかもしれないと思った。

広告

4件のコメント

  1. こんばんは。記事両方読ませてもらいました。

    私も今でも「自分が行方不明」になることはあります・・・他の人と接しててだんだん自分と他人の境目がなくなってくって言うか。
    下の記事にあった「子供の自分が育ってない」ってのはすごい今当てはまりますね。少しずつ昔の毒親系のトラウマが出てきてそれって「認めてほしかった」欲望の表れなのかな?って思います。
    今は認めてくれる人が少しずつまわりに増え始めてそれがわかるようになりました。しばらくはそれの繰り返しかな・・・参考になります。

    いいね

    1. > マーゴットさん

      コメントありがとうございます。「自分が行方不明」という表現はぴったりですね。私も特に毒が抜けていない人といると、境界線がぐらついて行方不明になるときがあります。そういうときは志を同じくする友人と話をすると、「これが私だ」と取り戻せたりします。もっと回復していけば、どれだけ毒が抜けていない人と一緒にいても平気になるのかもしれませんが。

      社会に出ると特に、認めてくれる人がそこかしこにチラホラと出てくるんですよね。本当にありがたいし、大事だと思います。それに気づけると癒やされるんですよね。私もたまに過去のできごとを思い出して、当時はなんとも思っていなかったけれど、あああのとき認めてもらえてたんだなとひたることがあります。なんて自分はたくさんの人にあちこちで支えられていたんだろうと勝手に感動して、癒やされたりしています。

      いいね

  2. Keloko さんこんにちは。
    興味深いログをありがとうございます。
    最近何度か日本人の、日本にいる友人、在英の友人話していると夫婦間の話になり、彼女も様々問題を抱えているらしい事を感じる、、そんな時が何度かありました。
    私も問題を抱えているという点ではそうなのですが。私は一部の人を除いて茶飲み話的に他人とシェアした事はありません。
    何故なら良くあるパターンで、彼女達が「好きな様にさせていたら良いのよ」的な発言をする人が多くて、一旦そうなるとお互い理解し合える為に、どう話し合うとか、改善する為の方法を探るよりも、相手を立てていい気分にさせておけば何とか自分の思う様になる、それが良い妻嫁母である、、的な方向に向かうんですよね。
    深刻な方に行かない為にそうしているのかとも思っていましたが…
    案外行動するよりやり過ごす式の人達っている感じしますね。

    私も近所に祖母宅があり、おばあちゃん子で祖母を慕っていましたが、その祖母も私の母に「男を立てるんだ、いかにやり過ごすか、」そんな指南をしていた様な記憶があります。私の母はKelokoさんのお母さんタイプです。私にも「お父さんの良いところを探して尊敬しなさい」我の強い私はどの返かで「無理!嫌だ!」と反発していました。
    それ以外ではシャキッとしたリベラルな考えの人だったんですけどね。だから祖母には反発出来たし、どうして無理かを話し合ったりできた…。やっぱり私助けられて来たかな子供の頃も今でも。
    形骸化してしまった伝統的な考え方って引き継がれていくのかも知れませんね。
    自分に合った選択が出来る事って大切ですね。

    いいね

    1. > Meiさん

      こんにちは。「深刻にならないために流していると思っていた」というのはすごくわかります。私にも同じことを言ってくる人がたくさんいました。最初は「私のためを思って言ってくれているのだ」と思っていましたが、だんだんそう思えなくなっていきました。そういう人たちが幸せになっていっている形跡はなく、私も同じ「不幸のグループ」に引きずり込もうとしているとまで思うようになりました。

      「投影」 https://gedokunosusume.wordpress.com/2014/06/08/projection/

      もちろん本人たちはそんなことは考えていなくて、カウンセラーにも言われたように、私ではなく自分に言い聞かせているのですよね。「これでいいのだ」「流しておけばいいのだ」「これが賢いのだ」と。本当はそうではないことは無意識の中でわかっているから、口にせずにはいられない。そうして自分が幸せであると思い込む。たぶん子供で逃げられず戦えない環境だったときに身につけた、サバイバルテクニックなんですね。それを大人になってもやり続けてしまう。逃げたり戦える人に対しても、自分のサバイバルテクニックを言い聞かせてしまう。

      でもお母様は少しそのテクニックが抜けて、さらにMeiさんはもっと抜けた。「助けられたところもある」と思えるのは、すごくきちんと現実を把握されていらっしゃると思います。私はまだまだできそうにありません。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください