Authenticに生きた

まさにその「Authenticに生きる」を実践したできごとが、すぐに起こった。

同居に向けて」で夫の実家へ行き、夫といることに慣れる練習をしてはいたものの、それからもずっと別居の避難生活を送っていた。カウンセラーに相談したところ、一緒に暮らさないと、一緒に暮らさないことにどんどん慣れていってしまうから、できるだけ早く同居を再開したほうがいいと言われた。

ただ、いきなり家で二人で生活を始めることはせず、少しずつ慣らしていくのがいいと言われた。そこで同居の練習を兼ねて、「大騒動の前夜」でクリスマスに夫の実家へ泊まりに行くことにした。ここで数日、周りに人がいるところで夫と過ごしてみて、様子を見る。大丈夫そうだったら、一緒に帰ってきて暮らし始める、という予定だった。

大騒動の襲来」はあったものの、カウンセラーのおかげで「大どんでん返し」となり、「大騒動から見えてきたもの」で書いた通り夫が帰宅して、二人で家で年越しをし、そこから一緒に暮らし始めることになった。奇妙だったし、なにか壊れやすいものを抱えているような感じはあったものの、なんとなくまた戻れたことが嬉しい気持ちもあった。

夫は行ったり来たりの生活から落ち着いて暮らせるようになって、ほっとしていた。前はそんなことはなかったのに、なぜか私が料理をするたびに「ありがとう」と言うようになった。これはのちに理由が判明する。

こうしてなんとか共同生活に戻った。

カウンセリングは、①私個人、②夫個人、③二人同時、の三体勢で受けていた。毎週三回というわけではなかったけれど、①と③はほぼ毎週で、②の夫も行けるだけ行くようにしていた。

だけど共同生活に戻ったからか、夫はだんだんとやる気を見せなくなっていった。②の夫のカウンセリングは予約がなくなり、私が予約を入れる①と③だけになっていった。

通常カウンセリングというのは「毎週金曜の5時」などとスロットを決めて行うものだけれど、ここのカウンセラーはそうではなかった。だいたい毎週この曜日のこの時間というものはあるけれど、毎回予定を見ながら予約を入れるシステムだった。だからいつもの日に行けないときでも、別の日が空いていたらそこに入れてもらえる。

だからこちらから言い出さないと、自動的には予約は入らない。なんだかんだと理由をつけて、夫は予約を入れなくなっていった。早く問題解決して無事に暮らせるようになりたかった私は、そんな夫に怒りがわいた。

仕事のスケジュールがまだわからないから予約を入れられないと言っておきながら、予定がわかった時点でもなにもせず、時間だけが過ぎていった。もうこれで終わりなのか、どうするつもりなのかと言えば、「忘れていた」「ごめん」などと言っていた。

でも口ばかりで、反省の色はまったく見えなかった。

口だけで「Sorry」を繰り返す夫に対し、私の怒りはまったくおさまらなかった。むしろどんどん加熱していった。それもそのはずだ、このとき夫は自分が悪いことをしたなどとまったく思っていなかった。そしてそれは、毒親にされたこととまったく同じことだったのだ。

「Sorry」と言われたら、許してやらなければならない。私はなにも悪いことをしていないのに、すべては夫が悪いのに、私の怒りはなにもケアされることがなく、私ばかりが怒りを引っ込めて我慢しなければならない。そしてなにも悪いと思っていない夫がまた同じことを繰り返して、「Sorry」と言われたらまた許してやらなければならない。

こんなことはどう考えてもおかしい。

ずっとうずくまって、体の中に荒れ狂う怒りをどうしたらいいのか考えていた。でもなにも思いつくはずもなかった。

そして「怒りは怒りの発端に返さなければならない」という、どこかの本に書いてあった文章を思い出した。毒親育ちは、毒親から受けた理不尽な扱いに対する怒りを毒親に返せずに、自分の中にしまいこんでしまうから、その行き場のない怒りがまったく関係のないところに出て問題を引き起こす。だから怒りはしまいこまず、発端に返さなければならない。

そこで夫に「本当に悪いと思っているのなら一発殴らせろ」と言った。そうしたらやつは、「そんなことで問題は解決しない」などとほざいてきた。

怒りでブチ切れ、泣き叫びながらいかに夫が自分勝手か罵倒した。すると夫はしばらく頭を抱えて獣のようにうーーーと唸り、突然起き上がってガーーーっとキレた。

「You made me angry!!!(俺を怒らせたな!!)」

夫はものすごく醜い歪んだ顔で、わけのわからないことを叫んだ。

なんでお前がキレるのだ。キレのはだ。自分が悪いことをして、そのせいで私が怒っているのに、それをどうしようもできなくて自分がキレる。もうわけがわからなかった。普通ではないと思っていたけれど、本当に頭がおかしいと思った。

そこから言いわけをバーっとし始めた。また実家に行く予定だから、そこでの話をカウンセリングでしたかったからそれまで待っているのだ、自分はKelokoと違って心配性じゃないから焦ったりしていないのだ、Keloko以外の人間は誰でも焦らず普通にやるはずだ、自分はこのペースなのだからこのペースでやらせろ、人を変えることはできない、このままの自分をKelokoは受け入れなければならない、自分は一人だって生きていけるのだ、自分がKelokoと一緒にいたいから努力してるだけであって、それがなかったら自分たちは一緒になんかいられないのだ、なにもかも自分のおかげなのだ。

本当に終わってると思った。カウンセリングでちょっとかじったことを最大限に悪用して、母国語の英語でぶわーっと言ってきた。このやり口に、のちのち私は死ぬほど苦しめられていくことになる。

私は単語のひとつひとつを全力で叫びながら、言い返してやった。

そんなお前の予定なんか知ったことではない、そんなのお前の頭の中にあるだけで、今始めて聞いた。そりゃあ私はお前より頭がいいけれど、超能力者ではない。お前が火曜にスケジュールがわかると言ったから待っただろうが。ちゃんとお前のペースに合わせてやっているだろうが。お前はいつも「大丈夫」「やる」と言うくせに、いざ仕事が始まったら「仕事の後にカウンセリングなんて疲れてできない」などと言い出すだろうが。今のうちに受けれるだけ受けようと思うのが普通だろうが。いつだってお前は私の行動を待ってるだけで自分からはなにもしないだろうが。なにが自分の努力でこの二人がもっているだ、真逆だろうが。

そうしたら夫はうーーーんと唸り、身動きできなくなってしまった。

そこで、「Authenticに生きる」を思い出した。それで時間を置いたあとに、夫に言ってやった。

いいか、私は今までお前が「Sorry」と言えば許してきた。でも、これからは違う。私の中に怒りがあるうちは、許したりはしない。怒っているのにお前を許すのは、私の「怒り」という感情を無視していることになる。今までそうして怒りを自分の中にためこんできたから、こんなに大変な問題になっているのだ。金輪際そんなことはしない。自分の感情を無視せず、尊重する。「Authenticに生きる」とカウンセリングで教わったのだ。

私の中に「怒り」はちゃんとある。誰がなんと言おうと、お前が謝ろうと謝るまいと、これが私の中にあるうちは許したりしない。私は金輪際、自分の気持ちを無視しない。私が無視したら、他に誰もそれを拾ってくれる人がいないのだ。私しか拾ってやれる人間はいないのだ。お前がなんと言おうとなにをしようと、誰がなんと言おうとなにをしようと、私は私の感情を無視しない。それが気に入らないやつのことなど知ったことではない。

全力で、単語のひとつひとつに力を込めて、言ってやった。

そうしたら夫がハッとなり、「殴ってくれ」と言ってきた。私の手首をつかんで、自分の胸に当て、殴ってくれと。

すると驚くことに、私の怒りはすーーーっと消えていった。

すごかった。「怒り」は、認識されたらなくなるのだ。「怒りを癒す」でやったことだった。夫が私の怒りを無視して口ばかりの「Sorry」を繰り返す間は怒りが認識されず、どんどん増していくばかりだった。それがひとたび夫にきちんと認識されたとたん、きれいに消えてなくなっていったのだ。

毒親から与えられた怒りがいつまでたっても消えずに積もり積もっていってしまうのは、その怒りが認識されないからだ。「そんなことで怒るお前が悪い」「なにをそんなに怒っているのだろうね」「私はもうなんとも思っていないのにね」と、一方的に理不尽を押しつけて人を怒らせておいて、それを認めないどころか無視して放置するからだ。

毒親が「確かに私があなたにしたことは悪かった、あなたの怒りはごもっともだ」と言い出すことはまずない。だからこその「毒親」なのだから。毒親育ちは他の方法で、怒りを認識してもらい、解毒していく方法を見つけなければならない。それがカウンセリングで行われる「共感」の手法なのだろう。

そして怒りを抑圧せずに、こうしてAuthenticに自分の気持ちを説明しぶつけたことが、自分にとっても自分の怒りを正当とし認めることになり、夫にも認めさせることになったのだ。それが怒りの解消になったのだ。

広告

2件のコメント

  1. 全てになるほど! と思いました。怒りは認識されたら消えていく、、。
    今まで、ゴメンと言われても腹が立ってたのは、表面上のゴメンだから、、、ということも納得。 そして、ついつい腹が立ってても謝られたら許さないと、と自分がしてた行動は自分の気持ちに嘘をついてることになるんだな、と。

    私の場合、英語でバァッと最もらしいことを言われ、言い返すものなら、もう終わった、これ以上続けるなら置いていく、、、みたいに言われ、私に悪気はなかったと伝えても受け止めてもらえない時の悔しさはとても強烈でした。相手にわかる能力はないんだから、と文化の違いのせいにして気持ちをごまかしていました。でも日頃から小さな嘘は自分に対してついていて当たり前になってるな、とkelokoさんのブログを読んで気付きました。

    続き楽しみにしています。私にとってkelokoさんのブログや他の方のコメントを読むことは、グループワークに参加している感じです。

    いいね

    1. > Sakuraさん

      コメントありがとうございます。私も親から感情を無視されてきたため、同じことをされたときの怒りは気が狂うレベルです。以前の私も「もう終わった」と言われたら、怒りを抱えつつ、そこで話を続ける自分は大人げない気がしてできなかったと思います。夫も夫自身の問題から、そういう面倒くさくない日本人の私を無意識に選んでいるんですよね。残念ながら、今なら「ちょっと待て、私は終わってねーんだよ」です。私もいろいろな方からいただくコメントがまた気づきになって感慨深いです。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中