毒親の予感

こうして、夫の家族のことがようやくいろいろとわかってきた。

大騒動から見えてきたもの」で書いた通り、夫は自分で考えて行動することができなくなってしまった。私がお母さんの家を出て行ってしまったから後を追おうとしたけれど、私に「残れ」と言われれば残ろうとしてしまう、お母さんがそれを喜べばそれが正しい選択なのだと思ってしまう。

でも今回、最後には向こうを出て私を追ってきた。カウンセラーのメールを受け取る前に出てきたと言うから、ではなぜ出てきたのだと聞いてみたら、「やっぱりKelokoと年越しをしたかったんだ」とぽつりと言った。

きっとこのとき、夫は人生で初めて周りの言うことを振りきって、自分で考えて行動したのではないだろうか。

ただ、私がなにを求めているのかを推測して、帰ってきたという可能性もある。それだと、親が言うことをそのままやっているのと同じになる。そうではなく、「二人のためにはどうしたらいいのか」を考えて行動できるようにならなければ。

自分、相手、私たち」で話したように、二人のために、戻ったらいいのか、残ったらいいのか、私を日本へ行かせるのがいいのか。自分がどうしたいかではなく、私がどうしたいかではなく、

「二人のために、なにが必要か」
「そのために、自分がどうするのがいいのか」

これができないといけない。

そうしてこの家族の中で、お母さんやお姉さんの言うことに左右されずに、自分が「こうしたほうがいい」と思ったことをやれるようにならなければならない。

仕事や他のことに関しては、夫は家族の意見などとは関係なく自分の思う通りに生きている。でもこの「メンタル面」に関しては、だめなのだ。周りが常に「こうするべきだ」と指導しなければ、自分の妻に「大丈夫?」と声をかけることすらできないのだ。

当時の夫は、知らない人に声をかけたりなにかを尋ねたりすることも本当に苦手だった。できるだけそうしなくていいように生きていた。すべてはこの、家族とさえきちんと関わらずに育ったことが、原因だった。

そして今回のことで、私はお母さんに大きな疑問を持った。

私を追いかけようとした夫が、やっぱり実家に残って年越しをすると言ったときに、お母さんが「息子と一緒に年越しができる!」と喜んだと聞いたときは、びっくりして言葉が出なかった。お母さんにとって嫁の私のことはどうでもいいとしても、息子がこんな問題を抱えている状況で喜べる神経がわからない。

さらには、夫が「でもやっぱりKelokoが一人で年越しをするなんてかわいそうだ」と言えば、「私なんてもう何年も一人で年越ししてるわよ!」と言われたそうだ。息子とその嫁の話なのに、完全に自分の話になってしまっている。

最終的に、夫が私を追いかけてやはり帰ることにしたら「そうすると思った」と、嫌味を言ってきたらしい。普通なら「そうしなさい」が出なかったとしても、「それがいい」くらいは言うところだろう。

やはりこのお母さん、どう考えてもおかしい。

極めつけが、今回みんなで泊まったりしたことがよほど楽しかったのか、「お金を出し合って大きな家を買って、みんなで一緒に住もう」などと言い始めたこと。成人した子供を近くに置きたがるのは、毒親の典型だ。

以前から、夫と泊まりに行くたびに「こっちに住んだらいいのに」とは言っていた。寂しいのだろうとは思っていた。でもまさか一緒に住もうと言い始めるとは。しかもこんなタイミングで。

この騒動の前だったら、私も家族愛に飢えていて似たようなことを考えていたし、もしかしたらそうしたいと言ってしまったかもしれない。でもこの騒動をへて、そんなことは絶対に無理だと思った。「無理」と食い気味で返した夫に、お母さんは悲しそうな顔をしていたらしい。

このお母さんは、相当な問題を抱えているのではと気づき始めた。もしかして毒親なのではと。

以前に親について聞かれたとき、お母さんは「自分は望まれた子ではなかった」と言っていた。今思うとここでも、私の親の話が完全に自分の話になってしまっていたのもやはりおかしい。

お母さんには、がいたらしい。でもその子が幼くして亡くなってしまって、だから両親は自分を作ったのだと言っていた。なのに自分が男の子ではなく女の子だったから、親はがっかりだったと。そういうかなりヘビーな話を、自虐的に笑いながらしていた。

そんなことを私に言われても、どうしたらいいかわからず黙るしかできなかった。

お母さんの中では、その思いがまだまだ消えていない。二度も結婚をして、三人の子供を持って、親が亡くなり、自分が還暦を超えても、ずっとその思いが残って自分を苦しめ続けている。そしてそれが子供たちにもとなって染み込み、問題を脈々と引き継がせてしまっていっている。

そんなお母さんに育てられたことで、夫はお母さんの傷を埋めるばかりで、自分が子供でいる経験が充分できなかったのだろう。お母さんは今もまだこうして、息子と一緒に新年を祝い、一緒に暮らすことで、自分の傷を埋めようとしている。

でもその傷は、お母さんが自分で埋めていかなければならないものだ。

そういう家庭が嫌だったから、夫は物理的に遠くの大学へ行き、日本へ行くようになったのだ。そしてこれからは、メンタル的にもこの家族から自立しなければならない。

今までずっと体は外に出ていたけれど、メンタル的にはずっと実家にいたのだ。夫はそれに気づいて、家から出なければならない。そして自分の人生を歩み始めなければならない。このときがその第一歩だったのではないか。

夫と無事新年を迎えながら、これでもう大丈夫だと思っていた。でもそうではなかった。

広告

2件のコメント

  1. 初めまして、愛着障害の関連でこちらにたどり着き拝見しています。私も今愛着障害のため、カウンセリングを受けている真っ最中で、特にご主人と近い状態ではないかなと思っています。
    kelokoさんから見たご主人の話は、とても身につまされ「私も人にこんなことをしてしまっていたのだろうな」と反省する日々です。

    いいね

    1. > かなさん

      コメントありがとうございます。これから夫のことも書いていきますが、夫は夫でつらい思いをしてきたことがわかっていきます。私の立場から書いているので私の気持ちに焦点がありますが、たぶん逆の立場の人も多くいらっしゃると思うのでそこもやはり書いていこうと改めて思いました。ありがとうございます。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中