殺され続ける自分

夫の実家にいたときに、メールでカウンセラーに連絡をしていた。

もうどうしたらいいか、本当にわからなくなってしまっていた。このまま同じことの繰り返しで、夫はずっとこのままで、別れるしかなくて、どうなってしまうのだろうと思っていた。頭がガンガンしてなにも考えられなかった。

カウンセラーからは、真摯な返信がすぐ返ってきた。日本に行ったことで私が無意識下にダメージを受けているだろうということ、その上で今、精神的に限界になっているだろうことは容易に推測できるとのことだった。今は大変だけれども大丈夫だと。今でも、すでに初めて会ったときより確実によくなってきていると。もっとよくなれば、夫や周りの人との関係だってよくなるから、心配しないようにと言ってくれた。

果たしてそんなことが本当に起こるのか。カウンセラーの言葉は理解できたものの、そんな未来はまったく想像できなかった。

必要なら次の予約の前にもう一つカウンセリングを入れると言ってくれたので、とにかく帰宅のしてすぐの予約を入れていた。大晦日の前日だ。

カウンセリングの前日、夫と電話で話をした。普通だったらそれも、これだけ参ってる私のことを気づかって、自分から連絡をくれるだろうにと思った。自分はぬくぬくと実家で家族に囲まれて過ごしていて、私からのメッセージにも返信はない。これが本当に自分のと言われる人なのか。

やっと夜にメッセージが入った。いわく「新年はこっちで過ごすことにした、予定通り新年二日にそっちに戻る」とあった。

最初に夫からメッセージがあったときは、「遅くなってごめん、大晦日前に戻る」と言っていた。会いたくはなかったけれど、このまま話をしないでいるのもなにも進まないと思ったから、来て話し合うつもりなのだろうと思ってた。でも私がお母さんに悪いことをしたわけだからと思い、「新年はお母さんと過ごしてやれ」と返していた。

ただそこから返事もなかったし、帰ってきてきちんと話をしなければならないだろうなとも思っていたから、夫は大晦日前に帰ってくるのだろうと思っていた。電車のチケットも、大晦日前日のものにもう変更してしまったと言っていた。

なのに、当初の予定通りにお母さんのところで新年を迎えることにしたと言われた。こんなになってる自分たちのことを放置するのだと。信じられなかった。

絶望に突き落とされた。

それでもとにかく電話をかけた。いつも私だと思った。いつも私が二人のために、絶望の中から死ぬ思いでアクションを起こす。自分の気持ちもなにもかもを抑圧して、二人のためを考えて行動する。

話を聞くと、私が残れと言ってたと言ったらお母さんが喜んだから、残ることにしたとのことだった。Kelokoがこっちに来て、みんなに謝ったら一番いいのにと言ってきた。

心臓が破裂するかと思った。

今までこれだけ死ぬ思いをしてきたのに、まだまだ人のために私は死ぬ思いをさせられるのだ。のために自分を殺されて、のために自分を殺されて、今度は夫の家族のために自分を殺されて。

どこまで殺され続ければいいんだろう。なんで私はいつも殺されなければならないないのだろう。

そうやって「私が残れと言うから」残る。「お母さんが喜ぶから」残る。自分がまったくない。自分で「どうしたらいいか」「どうすべきか」を考えて行動できない。すべて人が言うことをやってるだけ。この世界に生きていない。

それもだけれど、ここで夫が残ることを喜ぶお母さんもどうなのだろうと思い始めた。

息子とその嫁に問題があって、カウンセラーに別に暮らすようにまで言われている状態で、嫁が突然帰ってしまって。追いかけようとした息子が「やっぱり残ろうか」と言い始めたら、普通の親なら「追いかけろ」と言わないだろうか。少なくとも、残ると言い始めた息子に対して「お前本当にそれで大丈夫なの?」と心配するひとことくらいあるのではないか。

そうでなくとも、息子が明らかに自分の家庭に問題を抱えている状態で、「もうずっと新年を一緒に過ごしていなかったから嬉しい」などと言って、喜びはしないだろう。

この家族、なにかがおかしい。

従妹の言う通り、日本に帰ろうと思った。こんな状態で年越しを一人で過ごすのは嫌だと思った。調べてみたら、大晦日発のフライトが買えなくはない値段であった。

帰りの日付けをどうしようかと考えたけれど、本当にまたイギリスに戻ってくることになるのか、まったく想像がつかなかった。従妹と暮らして、日本で仕事を見つけていく自分が見えた。そのほうがいかにも現実的だった。

とりあえず安い二月の便で取っておいて、落ち着いたら帰りのチケットを捨ててしまえばいいと思った。もしくは片道でもいい。とりあえず日本へ行こう。年越しを機内というのもいい。従妹の生活を手伝いながら、しばらくゆっくりすればいい。

夫に「年越しは日本へ行く」とメッセージを送った。すると「今日そっちに戻る」と返事があったけど、もうどうにでもしろと思った。

こいつはいったいなんなのだ。

私が言うこと、お母さんが言うこと、お姉さんが言うこと。人が言うことばかりをやってる空っぽな入れ物。いろいろなリモコンから電波を拾って右往左往と意味なく動く、ハードディスクのない空っぽなロボット

とにかく悲しかった。私には誰もいなかった。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中