女性性と男性性のバランス

魂からの癒し チャクラ・ヒーリング」にはまた、女性性と男性性についても興味深いことが書かれていた。

私は以前のカウンセリングで発見した通り、「女性性と男性性」のバランスが悪かった。これはヨガでは、セイクラル・チャクラのバランスに問題が出ていると解釈できるようだった。男性にも女性にも、自分の中に女性性と男性性の両方を持っていて、それが成長と共にバランスをもって融合していくとのこと。

女性性と男性性は、それぞれ以下の部分を司っているとあった。

女性性(右脳)―言語能力、創造性、音楽や美術などの非構造的な才能
男性性(左脳)―行動、理論、組織、野心、意欲

健康で成熟した異性愛者の男性の場合、普段は男性性が前面に出ているけれど、必要なときには自分の中の女性性を受け入れて、それを表に見せることができる。若い男性はよく自分の女性性を受け入れることができず、わざと男っぽいイメージを見せることでそれを押し殺そうとしたりする。でも成長するにつれて女性性を受け入れられるようになっていくと、まったく違う振る舞いができるようになる。

健康で成熟した異性愛者の女性の場合、女性性が内面の男性性によってしっかりと支えられることによって、あたたかく愛にあふれていながら、同時に野心と意欲を持ち、しっかりと計画的に行動することができる。若くて自分の男性性とのバランスが取れていないと、もっと気まぐれで軽はずみな面があったりする。

そしてこの内面のバランスが取れていないと、そのまま外の人間関係のバランス不全となって表れる。

たとえば、女性のほうが男性要素を多く持ち、男性のほうがより女性的な組み合わせは少なくない。けれどその場合、男性は尻に敷かれ、女性もニーズが満たされることがなくなってしまう。

また二人とも男性性が強い組み合わせの場合、二人とも攻撃的で常に衝突し、どちらも相手を思いやろうとせず、ニーズが満たされることもない。逆に二人とも男性性が欠けている組み合わせの場合、お互いを大事にしようとしても方向性と活力が欠けて、混沌としてしまう。こういった関係では、バランスだけでなく柔軟性も失ってしまっている。

健全な組み合わせの場合は、それぞれが自分の性をしっかり受け止めており、内面の性にも柔軟性があるので、男性と女性の役割を必要なときにいつでも交換することができる。たとえば男性が事故にあったとしたら、女性はすぐに男性の役割を引き受けて、必要なものを準備し、相手の男性を守り、状況を管理し、指示を出せる。男性の場合は、相手を慈しみ思いやる役割に切り替えることができる。

要するに、お互いに女性性と男性性の両方をバランスよく持った上でパートナーを持つことが、健康的な関係ということになる。

そういう恋愛の場合、パートナーを必要としているからではなく、そのパートナーと一緒にいたいという気持ちの上に成立する。相互依存ではなく、純粋な愛情から一緒にいることができる。

私の場合、自分の中の女性性を受け入れることができていなかった。それを埋めるために、埋める部分を持っていた夫と結婚したのだろう。夫もまた欠けている部分があって、それを埋めるために私と一緒になったのだろう。

でもそれではそのときはよかったとしても、長くは続かない。時間が経つうちに、それぞれの内面も変わっていく。そこで柔軟性がないと、かみ合わない部分が出てくる。以前のようにやっていこうとしても、無理が出てくる。

本にも書いてある通り、たとえば一方の内面のバランスが改善されればされるほど、二人の関係は不安定になっていく。現状維持できるようにと、大きな抵抗があったりもする。望ましくは、片方の改善がもう片方の改善を促すことだ。

考えてみたら、私は典型的な左脳人間で、夫は典型的な右脳人間だった。私は極度に考えすぎるタイプだったし、夫は極度にまったくものごとを考えることができずに行動してしまう人だった。

でもカウンセリングを通して、確かにそれが大きく改善された。ということは、それぞれの女性性と男性性もバランスが取れてきたということだろう。私はまだまだ女性性について抵抗はあるけれど、着実に進んでいる。

でもこのときはまだ、依存関係にやっと薄っすらと気づいたかという程度の段階にあった。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください