自分がないということ

魂からの癒し チャクラ・ヒーリング」の中に、以下のような図があった。「アダルトチルドレンについて」で書いたものと同じだ。

flower a

aが示している人は、家族、友人、仕事、恋人、経済的安定によって支えられています。けれども彼女の核は空っぽで、内面の強さはほとんど持ち合わせていません。これらの支えの一つでも失われれば―たとえば夫に捨てられそれと一緒に経済的安定を失ったとしましょう―その喪失に彼女がうまく対処できる可能性は低いでしょう。再び安定を取り戻すために必要な内面の資産を彼女が見つけられるまでは、「神経失調」に陥る可能性もあります。

flower b

bが示している人は、家族、友人、仕事など、全く同じ要素に支えられていますが、同時に自分が何者であるかをよく知り、しっかりした自尊心と自信、つまり力強い核を持っています。外側のサポートのどれかが失われればもちろん悲しみはしますが、その内面の強さによって、神経失調に陥ることなくその状況に対処し、耐えぬくことができるでしょう。

実家で自分の核を育ててもらえなかった私は、「経済的安定」や「仕事」のちには「夫」によって自分自身を支えて生きてきた。だから「お金に関するトラウマ」に書いたように、会社が傾いてくるととたんに恐怖に駆られた。

本には、自傷でしょっちゅう救急病棟に運び込まれていた男性の話が書かれていた。

彼には話をする人がおらず、病院に運び込まれてくると人に話を聞いてもらえるため、この行為を繰り返していると著者は判断した。そこで彼に、「普通に頼めば喜んで話を聞くけれど、また自分を傷つけてやって来たら話は聞かない」と話した。数日後に彼はまた自傷で運ばれてきたけれど、著者は会わなかった。彼は怒って帰っていったけれど、その一週間後に普通に病院に来て、著者に「会いたい」と言うことができた。そこで著者は会って話をたくさん聞いた。

彼は幼少期の体験からルート・チャクラがブロックされており、自分がどこかに根を持ち帰属しているという感覚がなく、自尊心も低く、自分も人間として大きな可能性を持っているということがわからなくなっていた。彼にとって家庭の中で悪い子でいることが唯一、人の注目を集められる手段だった。怒鳴られて叩かれたものの、注目されないよりはましだったのだ。

いわゆる「グレる」子供が多かった時代は、子供の核を育ててあげられない親が多かったということだ。またその後も内容を変えて、グレる子供たちは後を絶たない。それだけまだまだ、問題のある親が多いということになる。

著者はまずこの男性に、①わめいたり自分を傷つけるのではなく、普通に話せばずっと聞いてもらえる確率が高いことを教えた。それから次に、②聞いてもらえたとしても自分の要求がいつも通るわけではないことも教えた。また③自分のニーズの中には、人に頼らず自分自身で満たさなければならないものがあることも学んでもらう必要があった。

そしてヒーリングでルート・チャクラとセイクラル・チャクラのブロックを取り除き、スロート・チャクラのブロックを取り除いて健康的なコミュニケーションを可能にした。彼は空っぽだった自分の核を少しずつ満たしていき、外側にばかり求めていた愛や悲しみ、喜びに対するニーズを自分で埋めていった。

人間は誰でも、衣食住という基本的な必要に加えて、「愛」「支え」「悲しみ」そして「触れ合い」を必要とする。でもこれを外から与えられるものだけに頼っていると、自分を無防備にさらし、危険な立場に置くことになってしまう。人が与えてくれるかどうかで、自分の生死が決まってしまうからだ。

だから自分のニーズをできる限り自分で満たし、それと同時に、本当に外から受け取る必要のあるものはそこから受け取れるよう、自分とも外の世界とも健全なコミュニケーションができるようになることが必須だ。自分を無防備で危険な立場から、安心できる立場に移すことで、自分を守る。上の図のを作り、外から満たし続けてもらわなくても生きていけるようになる。

本来なら、親元で育つ中で核を育ててもらえるのだけれど、毒親育ちはそれをしてもらえなかった人たちだ。親自身が核がない人だったから、それを支えさせられていたために、自分の核を育てることができなかったのだ。

まずは親の核を支えることを止め、そこから自分の核を育てていく。大変な作業だけれど、やる価値はある。

広告

3件のコメント

  1. > mimiさん

    お久しぶりです。ちょうどどうしてらっしゃるかなと思っていたところでした。お忙しそうでなによりです。きっといろいろな発見があるのでしょうね。お体気をつけられてお過ごしください。

    いいね

  2. こんにちは。twitterでフォローさせて頂いております。
    自分は、朝顔やつつじのように花びらが1枚につながってるタイプの花みたいです。全体が1枚でできてる花びらの1か所を引っ張ると、広い範囲で花びらが破れてとれてしまいます。花びらの大部分が破れて、そうなってはじめて花の核が無いことに気づきました…
    (;´・ω・)

    いいね

    1. > pokegohaiさん

      こんにちは。一枚につながっているというのはおもしろい表現ですね。よくわかります。核がないことに気づかれたのはすごく大きなことだっただろうと思います。お互い核を育てていけますように。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中