透明人間

12月半ば、年末最後のカウンセリングになる予定だった。

この翌日から、私は一人で日本へ行くことになっていた。祖母の具合が悪くなり、迷ったものの、会いに行く決心をしたのだ。ちょうど一年前に実家へ行き、「予期すらしていなかった大災害」にあったばかりだった。それでもこのときは祖母に会いたかった。

このころ、夫との間は最悪な状態だった。「不安症の個人セッション3回目」に夫を連れて行き、これは私の問題だけではなく夫にも問題があるのだということを初めて認識した。そこからも何度も何度もそれを忘れてカーっとなっては、すべてを私のせいにしたりしていたけれど、「夫とヨガ師匠のカウンセリングへ」行くと、自分の問題をきちんと認識して話すようにはなっていた。それでもやはりこの「否定」は根強く残っていて、今でもカーっとなることがある。

そうなると今でも耐え切れないほど頭にくるけれど、当時は「怒り」ではなく「絶望」だった。だから「あの世とこの世の狭間」で揺れていたし、生きていられなかった。今はそこから抜けて「怒り」になっただけでも、私は大きく成長した。頭のおかしい人に理不尽な目にあわされても、死ななくて済むようになったのだ。

でもこのときはまだ、自己肯定感がそこまでは成長しきれていなかった。危ない状態だった。

夫はなにかを言われるとカーっとなって必要のない自己弁護で私の攻撃に走るため、手が付けられなかった。なにを言っても無駄だし、話はどんどん逸らされていった。とにかく「飛んでくるものをすべて打ち返さなくては」と思い込んでいるようだった。しかも本人にはその自覚がない。やっとわかってくれてきたと思ったのに、また何度も何度も永遠に振り出しに戻されて、私は絶望からさらにまた絶望するばかりだった。

でもこのときは今のカウンセラーがいた。なにがあっても、このカウンセラーのところへ行けばどうにかしてもらえるかもしれないと思えた。それだけが私の希望の光だった。

実家にいたときも、弁護士のようにきちんとした第三者に入ってもらえたら絶対に私が勝てると思っていた。でも子供の私にはそれができなかった。だからなにも変えることができなかった。でも今は違う。専門家に頼り、話を判断し、調整してもらうことができる。アドバイスをもらうことができる。

それでもつらかった。カウンセリングでも言葉につまり、泣き出してしまった。すると夫はそれをきれいに無視して、笑顔でカウンセラーに自分の話をし始めた。

カウンセラーはそれを見逃さなかった。「She is crying(泣いているよ)」と夫に返した。

今までにも何度もこういうことはあった。でも気づかなかった。その事実に愕然とした。

このごくごく最近になって、気づいてきてはいたのだ。「頭のおかしい夫」に書いたことがそうだった。夫には「私が泣いている」という現実が見えない。それが大きな問題であることに気づいた。

化粧水ふたたび」や「毒親対策」でも書いた通り、感情を無視されるということは、存在を無視されるということだ。私はすっかり親と同じことをしてくる人と結婚してしまっていた。

考えてみたら、夫に無視されてきたことはたくさんあった。私はずっと自分の存在を消されて生きてきた。透明人間だった。

たとえば私が「今日変な夢を見たんだ」と言えば、「あ、俺も見た!」とそこから自分の夢の話をしてしまう。私の「夢について話したい」という気持ちが見えず、「夢」というワードから自分の夢につながり、話し始めてしまう。私はそこで、自分の話したいことを抑えて夫の話を聞いてしまう。たとえ自分の夢の話をし始めたとしても、夫がつまらない素振りをするので手短に終わらせてしまう。

それはけっきょく、そうやって親の話を聞いてきたからだった。親の親になって、親のやりたいようにさせてきてしまったからだった。自分の話をしても、きちんと聞いてもらえなかったからだった。いらない突っ込みをされて、自分の気持ちをつぶされるだけだったからだ。

もちろん子供の自分には、それに従うことでしか生きていくすべがなかった。サバイバルテクニックだ。でも大人になってもうそんなことをしなくてもよくなった。それでも子供のころに身につけさせられたこのテクニックを、ずっとやり続けてしまっていた。これはもう必要がないのだ、「無視するな」と言い返していいのだ、そう認識することが必要だった。

夫は私が泣いているのを認識したが、なぜそこで無視をしたのか聞かれてもよくわからないようだった。私が泣いていて、心を乱しているから、自分の話をしようと思ったと言った。

それは私にもよくわかっていた。今まではそれを「笑いにしたり、つらい状況に触れないことで、ポジティブにもっていこうとしてくれている」という夫なりのやりかたなのだと思って、無理やり受け入れていた。でもそれは間違っていた。自分の妻が自殺しようとしたその後に、それを笑いにすることはどう考えても頭がおかしかった。

二人きりでいたら、こんな指摘はできなかった。カウンセリングに行って公平な第三者の目にさらされたことで、問題をズバリ取り上げることができたのだ。

周りの人に相談しているだけでは、これは絶対にできなかったことだ。夫は見た目にはとても優しい風貌をしているし、私のことをとても大事にしているように見える。夫自身にもひどいことをしているという自覚はまったくないし、「自分はポジティブなのだ」と思い込んでいる。周りにもそう捉えられてしまう。それでは問題は解決しない。

夫は、私が見えない。

私は、それがつらくて死にたくなる。

これがわかってきたことだった。「新たにわかってきた夫のこと」や「もっとわかってきた夫のこと」「自分の問題と夫の問題」でも書いた通りだ。

では「どうしたらいいのか」そこが問題だった。それには「どうしてそうなってしまっているのか」を解明することが先決だった。でもこのときはまだそこまで考えることはできなかった。

「こうしてKelokoが泣いて、どう思う?」とカウンセラーに聞かれた夫は、なにも答えることができなかった。ただただ泣いている私を見ているだけだった。その上、あろうことか自分も泣き出した。血の気が引いた。そして思い出した。こういうことは何度もあった。「なにもできない夫」だった。こいつは本当に異常だと思った。死んでくれと思った。

傷ついているのは、だ。夫ではない。泣くのはだ。夫ではない。

なのに夫が泣いて、つらい私を放置し、自分に注目を集めようとしている。信じられなかった。夫がつらければ、私はケアできる。でも私がつらいときでも、夫をケアしなければならない。実家で起こっていたことと100%同じことが起こっていた。まさに地獄だった。

広告

2件のコメント

  1. Kelokoさん初めまして。
    先日このサイトを知り何度も読ませて頂きました。
    私も毒親育ちそして夫も。。です。周りにとって何が必要か察して動くが習い性となっている所、無理しても頑張ってしまうところと
    夫の性格とか、、このエピソードとっても似ていて驚いてしまいました。
    ただ私の場合カウンセラーが私が言葉に詰まった間、夫の話しばかり聞いて風向きが変わり、二人の境界線の不明確な事と私が過去に囚われている事、が問題、私は境界線とセルフエスティームを上げると気にならなくなるらしいです。。気にならなければ良いの?!
    AC本も出してる有名な方だったので心底ガッカリ。まぁご縁が無かったのですね。
    kelokoさんも合わないカウンセラーに当たられた事もある様でそこでも勇気を頂きました。もう少しがんばろう。
    かく言う私もイギリス在住です。
    寒く暗い冬に突入ですがもうすぐ折り返し待ち遠しいですね!
    どうぞ素敵な年末年始を過ごされます様に。

    いいね

    1. > Meiさん

      はじめまして。コメントありがとうございます。私も似たようなことをされたのを思い出しました。確かに自己肯定感を持って境界線ができてくれば気にならなくなるはずですが、「将来こうなれる」という未来像として話してくれるならまだしも、それを旦那さんの前で言うとなると「ほらお前が悪い」となるし、もっと他にやりかたがあるのではと思いますよね。カップルカウンセリングはそういうところが難しいと思います。私もそういう「自分の問題」「夫の問題」をどう治していくかでは苦労しました。最終的には夫一人でカウンセリングには行かせず、カップルカウンセリングと私一人のカウンセリングで回していくスタイルに落ち着いたのですが、その辺りのこともこれから書いていきますね。

      私もイギリスに来てから冬至を指折り数えるようになりました。毎日暗くてうつ気味ですが、もう少し。Meiさんもよいお年を!

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中