親が死ぬ夢について

タロットカードに詳しい友人から話を聞いていて、思い出したことがあった。

私も昔、タロットカードを持っていたことがあった。その中に「Tower」と「Death」というカードがあって、どちらもおどろおどろしい絵が書いてあり、「崩壊」や「終焉」を意味していた。でもこれはつまり「ものごとの終わり」を示しているので、ということは「新たなものごとの始まり」を同時に意味していると書いてあった。

確かにそれまでのものがすべて崩壊して終わってしまうことは、なんだか怖くて悪いことのように思えるけれども、それはそれまでがよかった場合のことだ。私のように今までが悪かった人の場合、崩壊などまさにウェルカムだし、ひとつ段階が終わって新たなフェーズに入るということはこれ以上ないいいことだった。

そこで思い出したがあった。

私が中学生か高校生のころだったと思うけれど、そのころに何度か親が死ぬ夢を見たことがあった。もしかしてこれもいい意味なのではと思って調べてみると、やはりそうだった。

当時ネットで見た解説によると、以下のように書いてあった。

「自分の心が成長したときや、自分の意思で生き方を決めたときにこの夢を見ます」

この夢は、見た人の精神的成長を表しています。親という存在は、その人にとって、他の何者にも換えられない、絶対的で特別な唯一の存在です。ですから、親子関係が複雑な人ほど、この夢を見たときは、大きな変化があることでしょう。

自分の可能性を信じ切れていない、その状態のときはこの夢は見ません。たとえうまくいかなかったとしても「こうしたい!」「こうする!」というような決意が、本人の心の深い部分で固まった時に、この夢を見るようです。この先の未来に向かって、自分で自分の生きる道を選ぶ、と決めた時、親が死ぬという象徴的な夢を見るのです。

自分で自分の人生を生きる、というリスクを取る覚悟ができた時、この夢を見る。自立であり、自律ですね。この状態には、レベル、というか段階があるので、何度見てもよくて、そのたびに、自立心がレベルアップしていると言ってもいいでしょう。(解説終了)

私の中で、親はすでに死んでいたのだと思った。もしくは、親のような「自分を守ってくれる存在」を心の底からあきらめたのだろう。

一番よく覚えてるのは母親が死ぬ夢だったのだけれど、そのころも母親のことは最悪だと思っていたけれど、夢を見たときはそれほど実際に問題が起こってる最中ではなく、わりと自分の精神状態が平穏なときに見た。

母親が仏間で布団に横になっていて死んでいくのだけれど、嫌いだけど涙がボロボロ出てすごく悲しくて、起きてもボロボロ泣いていた。死んでくれたらどんなにいいかと思っていたのに、いざ本当にに死んだら本当に涙が出るのだろうかと、さらに嫌な気持ちになったのを覚えている。

でも、今ならよくわかる。あのときに泣いたから、もう実際に死んでも涙は出ないし悲しくもならないのだ。ひとつの区切りとして感じるものはあるだろうけど、さすがに悲しくはない。

あのときに泣いたのは、本当に悲しかったのだと思う。嫌いな人だけれど、20年ほど一緒にいた人、自分の親だった人、お金を出したり身体的な面倒をみてくれた人。そういう人が死ぬのは、やはり悲しかったのだと思う。形式的な悲しさ、というか。実際はどうであったとしても、「物理的に自分を守ってくれる存在」とされるものがなくなってしまうってことに対する心細さ。それも立派な「悲しみ」だ。

そして、それはもう終わった。だから私は、すでにこんなにも親との心の乖離が大きいのかもしれない。他にももっといろいろな理由が複雑に絡み合ってるとは思うけれど。

普通の人もきっと、心の成長として、思春期に親が死ぬ夢を見たりするのかもしれない。でも私にとってこれはそれ以上に、とても大きな意味のあることだったのだろうと思う。解毒の第一歩と言っていいかもしれない。

そしてカウンセリングを続けてのち、もっと解毒の象徴的な夢を見ることになる。夢分析は単なる占いのようなものではなく、自分の無意識下、潜在意識で起こっていることが表れており、自分の精神状態がよく出ている。解毒の取り組みが夢に現れることがわかってきて、それまで以上に夢に注目するようになっていった。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中