問題認識の過程

カウンセラーは、どうして私が親がおかしいと思ったのかを聞いてきた。

カウンセラーいわく、親がおかしいと自覚するのはとても難しいのだそうだ。なので私が「親が馬鹿だ」とか「二度と会いたくない」と言うのを聞いて、ちょっと驚いていた。

身体的虐待のなかった場合は特に、自分の親が「毒親だ」と知らされるまでは、親がおかしいことに気づかないことが多いらしい。どれだけ親が間違っていようとも、子供は生き残るために自分を責め、親の求める「いい子」になろうするからだ。大人になってからでさえ、自分の親を否定してくるカウンセラーを拒んだりすることもあるらしい。

人間というのは生まれ育った自分の家庭しか知らないので、特に子供はそこが普通ではないという発想はなかなかできるものではない。だから「殴られる」ような目に見える物理的な虐待を受けてきたような人でも、「自分が悪い子だから親に殴られるのだ」と自分を責め続けて親を正当化してしまうことさえある。そして大人になれば「終わったことだ」「どこの家庭にでもあることだ」とものわかりのいい大人のふりをせざるを得なくなり、問題には永遠に目が向けられなくなってしまう。

これは核家族化の深刻な問題のひとつだと思う。子供にとって生まれてから身近に接する大人がしかいないため、自分の親のやりかたや考えかた、生きかたがすべてとなってしまう。なので、親が手のつけようがなく間違っていたりおかしかったら終わりだ。そしてそもそも完全無欠な親などこの世には存在しない。

小さいころから身近に親以外の大人がいれば、親が全能でも完璧でもないことを自然と理解しながら成長できるかもしれない。世の中にはいろいろな人がいていろいろな考えかたがあり、いろいろな生きかたがあるのだということがわかるかもしれない。だから子供のころに親とは違う考えかたの人が身近にいればいるだけ、子供にとっていいことではないかと私は思うのだ。

うちには祖母がいた。カウンセラーは、この祖母が私にとってとても重要だったのではないかと言った。

それを聞いて、私も初めて祖母の重要性に気がついた。親には会いに行きたいとは思わないけれど、祖母には会いに行きたいと思う。ということは、親には感じていない愛情を、祖母には少なからず感じているということだ。

「他の親と自分の親が違うと思ったのはいつごろか」と聞かれたので、たぶんもう小学生のころには親がおかしいと認識し始めていたと話した。どちらの親と意見が合わなくても必ず「両親vs私」の二対一になってしまい、どんなに理不尽なことでも私が悪いことになってしまうけれど、外に出て裁判で公平に裁いてもらいさえすれば私が絶対に勝つと思っていた。このころ弁護士になりたかったのも、この影響だったのかもしれないと思った。

たしかに、こうして私が早くから「親がおかしい」と気づいていたのには、もしかしたら祖母という「親以外の大人の存在」があったからなのかもしれない。

ただ、これも微妙だと思った。というのも、もし小学校から大学を出るまで一緒に住んでいた祖母からきちんとした愛情をもらっていたとしたら、私は親からここまで毒されずに済んだのではないかと思ったからだ。生きてはいけないと思うほど毒されてしまったということは、祖母の愛情が十分でなかったか、もしくは親の毒がとんでもなかったかに違いない。もしくは、もっと他にも私を毒してくる存在が周りにいたとも考えられる。

あとになってわかることだけれど、祖母はやはり母の母だった。しかたのないことだけれど、祖母もやはりある意味で「毒親」だったのだ。だから私が毒されてしまうのを、止めることはできなかった。

ただこのときひとつ言えたのは、祖母は私のことをきちんと一人の人間として扱ってくれていたということだ。

祖母は日本人だから、カウンセラーに聞かれたようにハグやキスをしてくれたとかそういうことはなかったけれど、いつもテレビの前にいて、一緒にお茶菓子を食べたりしながらだらだらと一緒に過ごすことが多かった。特になんの話をするわけでもなかったし、喧嘩することもたくさんあったけれど、私のことをコントロールしようとするとかそういうことがなかった。これは親とは大きく異なる点だった。

それだけでも、きっと違ったのかもしれない。祖母は母を曲げることはしない人だったけれど、母に曲げられることもない人だった。祖母と母は実の親子なので、遠慮はなかったけれど、そのぶん母も祖母を義母のように愛情なく扱うようなことはできなかった。祖母は働き者で家のために尽くしてきた人で、その点で母親は祖母を認めていた。だから祖母がどれだけ引退していても、そこに一定のパワーバランスはあったのだろうと思う。

このほかにもきっと様々な条件が重なって、私は問題を早くから認識することとなった。でも早く認識したからといって、早く解決するということでもなかったのだ。

広告

1件のコメント

  1. > mimiさん

    本当によく似た経験をされていますね。びっくりです。やはり身近に親以外の大人がいるというのは、早くから親の毒に気づく一因になるようですね。他の人にも聞いてみようと思います。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中