夫とヨガ師匠のカウンセリングへ

カウンセラーの都合で、カップルカウンセリングがキャンセルになった。

夫は週一の仕事があるからロンドンへ戻らなければならないけれど、私は引き続き夫の実家に泊まっていようかと考えていた。でもそこで、「ヨガの師匠のカウンセリング」へ夫と一緒に行けないかと思いついた。ちょうど予約が取れたので、夫を連れて行ってきた。

今回の実家への滞在がどうだったのかという話から始まり、夫の話になった。夫が「Defensive(過剰防衛)」になって、手が負えなくなるという話をした。

カップルカウンセリングでは、夫のこのカーっとなってしまうところに触れるたび、本人は「確かに自分は怒ることがあるけれど、誰だって怒るし、怒ることは普通だ」と主張していた。なので夫は自分の問題を見つめてどうにかしようという気がないのだと思い、もう終わりだなと思っていた。

たしかに、人が怒るのは普通だ。でもここで「自分は普通だ」と主張することの意味はなんだろう。

私たちは問題があるからカウンセリングに来ているのだ。少しでもおかしいと思うところや、おかしいと思っていなかったところにも一度焦点を当ててみて、問題を掘り起こしてみないでどうするのか。なんのためにお金を払ってこんなところへ来ているのか。なんと頭の悪い男だろうと絶望していた。

しかしヨガの師匠のところへ連れて来たら、なんと自分から自分の問題を話し始めた。

自分が義父にそうしていたと、義父と同じことをされるとイライラして過剰防衛になってしまうのだと思うと話した。義父は夫がすることを見ていて、すべてにダメ出しをしてくるような人だったらしい。夫は特に間違っていたわけでもなく、義父のやりかたと違っただけなのに、いつも「違う、こうだ」と義父のやりかたでやらされたとのこと。

夫も、小さいころは言うことをきいていた。でもティーンエイジにもなるとお姉さんが義父に対して反抗し始め、ついに「お父さん」ではなく名前で呼ぶようになった。それに習って、自分も義父を名前で呼ぶようになり、義父の言うことになんでも反抗するようになったとのことだった。

カウンセラーいわく、親がどんなであろうと、子供は親の言うことをきかないと生きてはいけないと。だから義父をやっつけることはできず、嫌でも自分の意見を押し込めるしかなかった。その怒りが積み重なっており、だから今でも同じ状況に遭遇すると、反射的に同じ方法をとってしまうと。

子供のころはその「押し込める」という方法は自分を生かすために有効だったけれど、今となっては自分の奥さんを傷つけたりして、自分の人生に悪影響を及ぼしてしまっている。それを認識して治していけばいい、とカウンセラーは説明してくれた。

誰にでもそういうことはあって、子供のころにやっていたことを反射的にやってしまう。「三つ子の魂百まで」みたいなものだ。それが大人になったときに生きていく上で邪魔になることが多いので、邪魔にならないレベルになるように治してしていくのだと。

この説明が、とてもいいと思った。最初から無駄なことをしていたのではなく、最初はそれが必要だったし、有効だったのだと。そして誰にでもそういうものはあるのだと。

こういう言いかたなら、夫は聞き入れられるかもしれないと思った。

最初は私のカウンセラーに夫を連れて行くのはどうだろうと思っていた。カウンセラーは私たちの親世代くらいの男性だから、義父といろいろあった夫には、義父を思い起こさせて話を聞けなくなるのではと思っていた。

でもカウンセリングが終わったあとに聞いてみると、義父よりは祖父みたいだと言っていた。おじいさんとはいい関係だったようなので、カウンセラーの話は聞けたのかもしれない。そして父親不在で育った夫には、こうして男性のありかたの見本になる存在が必要だった。

夫は、いろいろなものを引っ張り出してくれてよかったと言っていた。仕事でも過剰防衛になってしまって、素直に人のアドバイスを聞き入れられなかったりすることがあるから、そういうのはもったいないから治せたらいいと言っていた。

びっくりした。そんなことに気づいているとは思ってもいなかった。

あとでわかってくることだけれど、過剰防衛はひどい問題だったけれど、それさえ取れれば夫は人の話をちゃんと聞ける人だった。どれだけ否定し拒絶しようとも、ここで自分の問題に気づけてギリギリ認められるということがだ。これがあるかないかで、治せるか治せないかが決まると私は思う。

夫の場合はこれがあったから、「私の問題を一緒に考える」というスタンスではいたものの、カウンセリングにも来たのだと思う。そこが夫を救うことになったのだ。

「Kelokoが始めたこの一連のカウンセリングは、最初はKelokoの自分探求だったけれど、自分にもすごく意味のあるものだ」「自分の問題もわかってよかった」「ありがとう」と夫は言った。希望が見えてきた。

夫も1対1のカウンセリングをやることを勧められたので、ここに通わせてみようと思った。二人とも無職だし、私のカウンセリングに、二人のカウンセリングに、夫のカウンセリングまでやってたら破産すると思ったけど、ここですべてをきれいにすれば人生がすごくラクになると思った。夫には週一のバイトもあるし、今やってみるべきなのかもと思った。

夫も自分の育ちの問題や、自己肯定感の問題を解いてみれば、それを私とも共有して、お互いの理解も深まり、治療にかなり有効だと言われたし、たしかにそうだろうと思った。今考えるとあり得ないけれど、このときは夫のほうが私より軽度だと思っていたから、夫が治ったら私をサポートできてくるし、そうしたら私の治りも早くなるかもと思った。

でも実際はだった。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中