ヨガの師匠のカウンセリング

ついに見つけた。そんな感じだった。

3回目の愛着障害のカウンセリングに行く前に予約が取れたので、ヨガの先生の師匠がやっているカウンセリングに行ってきた。大正解だった。なぜ愛着障害のカウンセラーに確信が持てなかったのかも、明確にわかった。

1)通いやすい

愛着障害のカウンセラーもバス一本で通える範囲ではあるけれど、やはり交通の便が悪かった。師匠のところは電車を乗り換えなければならないけれど、町なかにあり、最寄り駅から徒歩で行けるところがよかった。しかも以前住んでいたところの隣町なので、土地勘も十分あり、安心度も高かった。

「通えるか通えないか」ではなく、「通いやすい」ところに行っていいのだと思った。

2)究極に良心的な価格

愛着障害のところよりも5ポンド安い45ポンドなのに、時間は90分とたっぷりだった。カップルカウンセリングも1時間だけれど、だいたい始まってすぐは雑談から入るし、いつも最初から「あとどれくらい時間があるか」と気にしてばかりで、安心して十分話をすることができない。

90分だと時計を見ることもなく、かなり気持ちに余裕を持って落ち着いて話せた。きっと、ボランティア精神でこの仕事をされている人なのだろうなと思った。

3)安心感

師匠はインド人の名前だったけれど、普通に白人の男性だった。おじいちゃん、という年齡に差しかかっているだろうか。書面には英語の名前も書いてあったので、きっとこのインドの名前は、ヨガを教えていく中でつけてもらったヨガネームなのかなと思った。

左耳にピアスをしていたので、最初はゲイなのかなと思った。それで少し安心した自分がいた。もしかしたら、女性のクライアントを安心させるためにわざとつけているのかもしれない。のちに判明したところ奥さんがいたのでゲイではなかったけれど、セッションで不安を感じることはなかった。

もちろん、プロフェッショナルなカウンセラーなら不安になるようなことをしてくるわけがない。わかってはいたけれど、今までの経験があるから男性と聞くとどうしても不安になってしまう。男性でも大丈夫なのだと、ここでひとつブロックが取れた気がした。

3)ヨガと心理学の共通点

師匠は40年以上ヨガを教えていて、それから心理学を勉強したのだけれど、もう既に知っていることがたくさんあったらしい。勉強していく中で、「ああ、ヨガのあれのことか」ということが多かったとのこと。逆に彼の知り合いで心理学の専門家がヨガを勉強し始めたら、「ああ、あれのことか」と思うことがたくさん出てきて驚いたらしい。

たぶん、人の心理を研究すればなんでも同じところに行き着くのだろう。紀元前からあるヨガと、まったく別に研究された西洋の心理学がきちんと同じところに行き着いたというのは、本当に興味深い。「不安症の個人セッション2回目」でCBTのセラピストに言われたことは、本当だったのだ。

4)経験が豊富

愛着障害のカウンセラーと違うと感じたところは、私が言うことをもうわかっている感じだったところだ。愛着障害のほうはやはり、まだまだ何回か会って話をし、Kelokoという人間を知らないと、という感じだった。なので、細かい誤解だったり、行き違いになっているところがけっこうあった。

師匠も憶測で話しているところもあるけれど、きちんと「これは憶測だけど」と言ってから話すし、「へ??」とまでなるような完全な見当違いがない。話していることのどれもが私に当てはまり、「ああ、これってそういうことだったのか」と思うことばかりだった。

5)説明が豊富

他のカウンセラーではまったくなかったことのひとつに、「説明」があった。カウンセリングとは本来そういうものらしいのだけれど、普通はただただ会話をしていくだけで、「これはこういうことだ」という説明も、「そういうのは◯◯と呼ばれる」というような診断もしないらしい。

もちろん「あなたはこれです」という診断を突きつけてくるわけではないけれど、少なくともなにか病名単語を知ることによって、自分でも本を読んだり理解につなげていくことができる。またどういうメカニズムでこうなっているのかがわかることで、また同じことが起こったときに大きな理解につながる。これは外せないと思う。

カウンセリングが終了」でも書いた通り、以前のカウンセラーは日本人だったけれど、お勧めの本を教えてくれなかったりした。やはり、日本人かどうかではなく、自分に合うか合わないかで決めるべきだ。

サイトには書いてなかったけれど、師匠は愛着障害のことも知っていて、親子関係の問題に経験が豊富なようだった。「PTSD」とよく聞くけれど、私もこの「Post-Traumatic Stress Disorder(心的外傷後ストレス障害)」だろうということだった。

これには災害や人災が原因となる「急性トラウマ」から、児童虐待のような「慢性トラウマ」もこれに入るとのこと。PTSDというと、帰還後の兵士がかかるものだと勝手に思っていたのだけれど、違った。私はこれだった。ついに病名が判明した、という気がした。

6)「気持ち」に注目

さらに決定的な違いは、やはりヨガの経験によるものなのだろうけれど、「気持ち」や「感覚」に非常に注目するところだった。ここが劇的に違った。

他のカウンセラーはやはり理論で動いているし、もちろん共感を示したりと感覚を使って癒していくことはあるけれど、「頭」を使って言葉でやりとりをして、そこから「気持ち」の変化まで持っていくことしかできない。でもヨガを知っていると、「体」から直接「気持ち」にアプローチする方法もわかるのだ。

ヨガの先生もそうだけれど、師匠もよく「How were you feeling then?(そのときどういう気持ちだった?)」と聞いてきた。師匠の場合はまた一歩進んで、「体のどこにどんな感覚を感じていたか」を言わせてくる。これがすごいと思った。

ということで、即決でこの師匠のところに通うことに決めた。愛着障害のカウンセラーには、申し訳ないけれど「通いやすいところが見つかったので」と断りの連絡を入れた。もちろんそれでごちゃごちゃ言うようなアンプロフェッショナルな人ではなかった。

私は自分の気持ち直感に従うことにした。

広告

2件のコメント

  1. 昨日は、同窓会へのコメントへの返信ありがとうございました

    これまでのヨガ関連の記事を拝読して
    身体からのアプローチとしてのヨガに興味を持ちました
    地元の教室に問い合わせてみたいと思います

    私はこれまで、身体からのアプローチとして
    フォーカシングという方法を試していい感じだったので
    続けてみようかと思っています
    kelokoさんのところでいうと
    喉の調子が悪いときに「喉に聞いてみましょう」みたいなことしてます
    ヨガとの共通点を感じました

    kelokoさんのブログで大変貴重なことを教えていただき感謝しています
    今後とも続きを楽しみにしています

    いいね

  2. > ななみさん

    読んでくださってありがとうございます。フォーカシング聞いたことがあります。私もネットで見てみて少しやったかもしれません。思い出したら書いてみます。ヨガはこれから体験談を書いていくので、よろしければ参考にしてみてください。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中