GPの判断

GPと相談」してつけてみた、「Mood(気分)」の記録を持って行った。

全体的にプラマイゼロのときが多く、そこまで私の状態がひどくないということで、抗鬱剤は飲まずに様子を見ることになった。私が落ちるのは夫がいるときだったから、夫といなければ大丈夫だった。

relateのカップルカウンセリングのほうはどうかと聞かれたので、「よくある国際結婚の問題だと思われているみたいで、なかなか進まないから、愛着障害を専門にやってる人を見つけたのでそこに行ってみようかと思ってる」という話をした。「愛着障害」とはどういうものか聞かれたので、私と夫は「不安型と回避型」で、これは最悪の組み合わせだから、いろんな問題が生じてしまうらしいと話した。

ではその愛着障害を専門にやってる人のカウンセリングをやってみて、様子を見ましょうということになった。1か月くらいしたらまた報告に来るように、とのことだった。

話が終わると、「あなたはIntelligent lady(賢い女性)ね」と言われた。

びっくりした。びっくりしすぎて、なにも言い返せなかった。

この先生も女性なのだけれど、そんな医者のような正真正銘頭のいい人に「インテリジェント」などと言われるなんて。こんな問題を抱えて、抗鬱剤の処方をどうするか話しているような患者に対して、「賢い」とは。青天の霹靂だった。

ありがとうと言ったほうがよかったのかなと思ったのだけれど、でも別に褒めようとして言ったわけではなかったのかもしれないし、だったらそこでお礼を言うのも変かなと思った。どうしたらよかったのか、なんと返したらよかったのか、まったくわからなかった。普通ならどうするのだろう。

私はほめられるのが苦手だった。「満足できない」で書いた通り、「いいことを言われて喜んではいけない」というトラウマがあったからだ。だから人からそうされるとどうしたらいいかわからなかった。けなされてイジられているほうが、笑いにもなってよっぽどラクだった。

でも自己否定は「よくないこと」だと読んだから、なにかいいことを言われたときは、まずそれを「否定してはいけない」と考えるようにはなったのだけれど、だったらどうすればいいのかがわからなかった。これは今でも課題だ。

子供のころに褒められて育っていない人は、「自分なんて褒められるような対象ではない」という刷り込みがあり、大人になっても褒められたときにどうしたらいいかわからない。それで変なことを言ってしまい、卑屈だとか態度が悪いと思われたりしてしまう。

安全基地」でも書いた通り、「甘やかしたらいけない」「厳しくしつけなければいけない」という根拠のない子育て論が、私のような生きづらい人たちを量産してしまっている。

とりあえず、言われたことは否定せず咀嚼してみることにした。

「そうか、私は賢いのか」
「医者が『賢い』と言うのだから、きっと賢いのだろう」
「自分が今こうして考えて進んでいるのは、きっと賢いやりかたなのだろう」

それまではいいことを言われても完全にスルーして生きてきたけれど、少しずつ引っかかるようになっていった。そしてこうして受け入れて咀嚼してみることで、少しずつ自信になっていった。

広告

1件のコメント

  1. > mimiさん

    わかります!私も「誰にでも言ってるんだろう」って思います。特別なことではないのだと。
    年会費は払っているとイベント参加費が安くなる程度で、一般の人も問題なく入れます。ただやはり自分の気持ちが一番大事だと思います。ぜひ尊重されてください。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください