愛着障害のカウンセラー

GPと相談」して、NHS(国保)で心療治療に回してもらったのだけれど、同時に念のため個人のカウンセリングも探し始めた。NHSは無料だけれど、始まるまでにどれくらい待つかもわからないし、しかも始まったとしても愛着障害に詳しいかもわからないし、時間に融通がきくかもわからない。

夫婦で無職になるのに、自費で週に二つもカウンセリングをするなんて狂気の沙汰と思われるかもしれないけれど、もうそんなことには構っていられなかったし、とにかく最善を尽くすことしか考えられなくなった。

お金のことは、よくなってから考えればいい。よくならないと死ぬかもしれないのだから、そうしたらどうせお金は要らなくなる。なら今使うしかない。そう思った。

愛着障害」が主要な問題だと思っていたので、それを専門にしているカウンセラーで、通える範囲にいる人を探した。迷ったけれど、よさそうな人を一人選んで、予約してみた。1時間50ポンドと、よくある金額だった。

初回は状況の説明も兼ねて、とりあえず二人で行ってみた。でもこちらでは私の問題をやって、relateのほうで二人の問題を続けてやっていくことになった。必要な際は、こちらに夫にも来てもらうという形だ。

メンタルヘルスの報告書をメールで送っておいたのだけれど、それにもかなりきちんと目を通しておいてくれたようで、嬉しかった。もちろんこれだけでは全容はわからないだろうけれど、そのときの私の認識を把握してもらうという意味では、かなり時間が省けるだろうと思った。

このカウンセラーのスタイルは、「Interactive(対話式)」だと言っていた。カウンセラー自身の体験も話してきて、「自分も問題があってそれを乗り越えたから大丈夫」と言っていた。「乗り越えられるのだ」という希望が持て、「この人も似たような経験をしているからわかってもらえる」という安心感が少しできた。

こういうスタイルは初めてだったし、自分に合っているかはわからなかったけれど、何度か通ってみようと思った。

この日に話をしてみて、ポイントは「癒やし」なのかと思った。

実家から出て「自分の人生」を歩み始めたと思ったこと、夫と出会って結婚して本当の家族ができたのだと思ったこと、でもそうではなかったのだと絶望したこと、親にされていたことと同じことを夫にしていたと気づいてショックだったことなどを話した。

私の気づき」の前の私は本当にひどかったので、そのことを思い出すと、当時の私は涙があふれて止まらなかった。イギリス生活での理不尽なことや、うまくいかないことを全部夫にぶつけ、そんな理不尽なことをされてるにも関わらず、私を放り出さずに頑張ってくれていた夫に、またひどいことをして。

でも、「そうしてしまうのは当たり前」と言われて、びっくりした。

「あなたと同じ環境で育ったら、私だって旦那さんだって誰だって、あなたと同じようにしてしまう、あなたが悪いわけではない」と言われたのだ。そこで気づくことが重要で、そこからが変化になるわけだから、それがあってよかったのだと。自分を許して、進んでいく、というようなことを言っていた。

そんな風に考えたことがなかったし、確かに私はこれをずっと引きずって生きていた。こんなところまで解きほぐしていけるのかと思い、希望が持ててきた。

私がひどい人間だったわけではなかったのだ。しかたのないことだったのだ。

もちろん、被害を受けた人にとってはたまったものではないだろう。けれど、私にとってはそう思うことが解毒のためにすごく大事なのかもしれない。「毒親というワードに遭遇」したときもそうだったけれど、自分は少しも悪くなかったのだということ、そこに気づくことで、癒やされ回復していくのだ。

「あなたは病気ではないのだ、単に育った環境からそうなってしまっただけで、誰だってあなたと同じ環境で育てば同じ問題を抱える、誰だって同じなのよ」とも言われた。私はこれが自分のせいだと思ったことは一度もなく、親のせいだと思っていたけれど、でも自分は人と違っていると思っていたということは、けっきょく自分のせいにしていたわけだ。

そうではなく、私が変わっているわけでもなんでもなく、誰だって私の環境になれば私と同じような問題を抱えるということ。このとても重要なポイントに気づかされた。

広告

1件のコメント

  1. > mimiさん

    コメントありがとうございます。本当にこのときは救われました。誰でも同じですよ。mimiさんも同じです。気づくことが重要なんですよね。
    そうですね、たぶん普通の大学ではやっていないと思います。Spiritualist Churchでしたら以下のサイトで探せます。近くのMediumの連絡先も持ってると思います。良し悪しはあると思いますが。
    http://www.snu.org.uk/community/churches/churches.html
    進み出せないのはなにかがあるからだと思います。なにか条件が足りていないのか、進んではいけない方向なのか、タイミングが違うのか、なにかはわかりませんが、無理に進むことはないと思います。人間必要なときに必要な方向に自然と進めるようにできてると、最近私は思うようになりました。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください