就職活動で進歩

自己発見」で書いた通り、以前の仕事の契約が終わり、就職活動を開始していた。

このときは細かい数字を扱うような仕事がいいと思っていたので、経理的な仕事へシフトしていけないかと考えていた。ただ経験がないので本格的な経理職には応募しても引っかからず、今までやってきた総務的な事務を兼ねた仕事へ応募になることが多かった。そしてそういうところは給料が断然低かった

会社勤めに復帰」でも書いた通り、前職は給料で失敗している。「安くてもラクな仕事」と思って就いたばかりに、仕事内容がラクではなかったので「こんな給料でこんなに使われている」感が拭えず、毒親から利用されてきた過去とダブり、ネガティブな一年を送ることになってしまった。

決めたこと」でまとめたことを念頭に、今度は認識をしっかり持って仕事探しを始めた。

ひとつすぐ受かったところがあって、会社のやっているビジネスはとてもおもしろそうだったのだけれど、そこも前職と同じ給料で、またオフィスに日本人しかおらず、英語が上達しなさそうだった。とりあえず練習で受けたのだけれど、会社の人にとても気に入られて、私だけが最終面接に呼ばれた。

人材会社の担当に、ものすごいプッシュをかけられた。

英語が上達しなさそうと言えば、「外部とのやり取りを全部任されるし、オフィスでの日常的な会話よりもそのほうが上達しますよぉ」と。給料が安いからと言えば、「今は正直、買い手市場ですからねぇ」という常套句。

私にその仕事をつかませることでコミッションを得たいだけなのは明確なのに、なぜそんなにも「あなたのため」みたいな言いかたができるのか、まったく理解に苦しんだ。本気で人を乗せようとしているなら、もっと人が乗りそうな言いかたがあるだろう。

こんなレベルで人材会社というのは本当に務まるものなのだろうか。ゲンナリした。

今ならよくわかる。こういう人が刺さるのは、と同じことをしてくる人だからだ。「あなたのため」と言い、現実的でない「正論」を振りかざして、自分の都合通りに私を動かそうとしてくる。こういう手段でコントロールされることが、私にとってはなによりの苦痛だった。

このときはまだ「そういう人が嫌いだ」ということしかわかっていなかったけれど、それでも大きな進歩だ。それまではまったく気づかなかった。それが刺さるようになってきた。さらにもっと解毒すれば、そういう人でも刺さらずにコミュニケーションが取れるようになるだろう。

人材会社の言うことは自分とはまったく関係がない。自分の気持ちに向き合おう。そう決めた。

そしてまた、以前だったらこういうときでも「せっかく私を気に入ってくれたところがあったのに」「他に仕事はないかもしれない」と落ち込んだ。自己肯定感が低かったからだ。でももうそんなことは思わなくなっていた。その給料で以前に大失敗をしている、同じ過ちは繰り返さない、そういう強い意思が出てきた。これも進歩だった。

横柄で人のあら探しばかりするあり得ない面接官が出てきたところや、また日本的できちんとはしていてもあまり内容が感じられないところも、落ちても「よかった」で済んだ。給料が高くても、将来性がありそうでも、未練は感じなくなった。

新しい発見だったのは、日系なのに面接がすべて英語のような、ほぼ英系の会社のほうが、最終面接まで残りやすいというところだった。それまではやはり日本的な会社のほうが自分を活かせるのだろうと思っていたけれど、その思い込みが覆された。自分に制限をかけず、もっと可能性を広げてみようと思った。

またそんなにも面接に受かるほど、英語も上達しているのだということが自信になった。それまではずっと英語で話す機会があると怖気づいていたけれど、前職で1年間また英語のオフィスで生活したのだ、そりゃあ上達していないわけがないだろうと、そんな当たり前のことに気づけた。

また、面接を受けていく中で「データサイエンス」という言葉を知り、「データアナリスト」という仕事があることを知った。細かい数字を扱うのが好きな自分にぴったりだと思った。近くの大学でもコースがあったので、勉強してみてもいいかなと思った。

就職活動を通して、いろいろな気づきと成長をとげていった。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中