カップルカウンセリング開始

二人でのカウンセリングが始まった。

「Marriage Counselling(結婚カウンセリング)」とも言うし、結婚してない人や同性同士のカップルで受ける人もいる。要は、「Relationship(パートナー関係)」での問題を扱うカウンセリングだ。

1回目はイニシャルカウンセリングで、「状況の把握」という感じだった。あとでよく考えてみると、基本的な質問を普通の会話の中でランダムにやっていたようだった。話をしていたのに、急にまったく違うことを聞かれたりということが何度もあり、面食らうことが多かった。

カウンセラーはきっと、とても頭のいい人なのだと思った。

以前のカウンセラーもよかったけれど、思えば初めから少しだった。カウンセリング室に入っても、なにも言わずに黙っている人だった。なにも始まらないから、椅子に座りなおしてみたり、ノートを出してみたりしたのだけれど、なにもなく。しばらくたってから、「あ、私はなにも言わないので、話したいことを話していってください」と言われた。

もちろんそういう「手法」であり、こちらに自主性を身につけさせる目的もあるのだろうけど、それを初めから説明しておくとか、まずは挨拶をしたりだとかして、あんな放置ではなく、もう少し話しやすい雰囲気を作ってくれてもいいのではないかと思った。

CBTのセラピストも、今度のカウンセラーも、そういう居心地の悪さは一切なかった。そして私がなんの心配もしなくていいところが、とてもよかった。

私の場合、どんな場所に置かれても、その場を回そうとしてしまうのだと思う。だから場が沈黙したりすると、どうにかしなければいけないと思って、もうフル回転してなにを言ったらいいかを探したりしてしまう。そんなことを常にやっている。

特に夫といるときは、なにもかもを私が考えて回している。夫は私がのせてくれる通りに好きなことをしゃべって、私のことは一切考えなくてよかった。私がのせてくれる通りに生活して、私が言うことをやって、なにも考えずに生きていた。二人乗りの船を、私が一人で漕いでいた。それで私が疲弊することになったのだ。

でもCBTのときも、今度のカウンセラーも、私がなにも考えなくても回してもらえた。それがとても心地よかった。なにも心配しなくても会話を回してくれて、私はただそれに乗っかってるだけで解決に少しずつ近づいていけるという。

だからもう会話の内容を考えたりせず、その場で適当に話したいことを言うだけにしようと決めた。

その中で、夫が「彼女(私)の家族の問題がもとになっていて」と言った。するとカウンセラーがすかさず「これは彼女だけの問題じゃないでしょ!これは二人の問題、50%50%(フィフティ・フィフティ)なの」と言った。

この時点では私も自分の問題がもとになっていると思っていたから、眼から鱗だった。

確かに私には、傷つきやすく、夫に依存しているという問題があった。でもその私と一緒にいるわけだから、私の問題は夫の問題でもある。その辺の認識が、まだまだ甘かったと思った。そして当の私がこんな認識だったから、夫はそれより格段に甘い認識だっただろう。

とにかく任せておけばいいと思った。生まれてから今まで何十年も、私はそうやって周りのことや相手のことを考えて世話して生きてきたのだから、私はもう考えない。そう思った。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中