ヨガ開始

ヨガの先生探し」で見つけた先生のところで、ヨガをやってきた。

今度はとてもよかった。

1時間は体を動かす「ヨガ」で、あとの20分くらいで「ヨガニードラ」というリラクゼーションをやった。寝っ転がってやる瞑想のようなものだ。ヨガもヨガニードラも、問診票から私のニーズを把握して、それに合わせたセッションをしてくれた。

まず最初に、胡坐で座り、呼吸と心を整える。次に四つん這い、仰向けなどで、いろいろな簡単な運動やストレッチをした。これはすべて「吸いながら右を向いて、はきながら正面に戻る」というように、呼吸に合わせてやった。呼吸に集中することはかなり重要なようで、「呼吸はすべてにつながっている」と言われた。

よくはわからなかったけれど、なんだか「深い」と思った。

体を動かすものだけでなく、「Breath(ブレス)」といういろいろな種類の呼吸をするものもやった。これは「プラマヤナ(呼吸法)」」だ。運動の一つとして、呼吸もやる。おもしろいと思った。

ひとつは、「Bee Breath(ビーブレス=蜜蜂呼吸法)」。息を吸って、「んーーーー」と低い声で息が続く限り言い続ける。これだけのことなのだけれど、これがけっこうすごかった。体にバイブレーションが広がって、肺の底のほうにマグマがぶくぶくしてるような感覚があった。

「声」というものは自分の体を使って出してるのだ、という当たり前のことを初めて実感した。喉だけでなく、あんなにお腹のほうまでを振動させて、声が出てることを初めて知った。

もうひとつ、「Lion Breath(ライオンブレス)」というのもやった。四つん這いになって、まずは息を吸いながら腰を上から持ちあげられたように背中を丸め、息をはくときに顔を正面に向けつつ、目をむき出し、口を全開して、舌を大きく出してお腹の底から「へーーー」と空気をはく。ちょうどライオンが威嚇しているかのようにだ。

人が見ていたら、頭がおかしくなったのかと思われるだろう。これがいったいなにに効くのかさっぱりわからなかったけれど、とにかく先生の真似をしてやってみた。先生はめちゃめちゃ怖い顔でやっていた。髪も巻き毛なので、ものすごくライオンぽかった。

どのポーズにどんな意味があるのか、効能はなんなのかと説明を聞きたかったけれど、あまり説明などは聞かないほうがいいかもしれないと思った。頭で理解するのではなく、感覚で感じていくことが、今の私には必要なのではないかと思った。

最後のヨガニードラ(リラクゼーション)は、寝っ転がって毛布をかけてもらってやった。先生がぼそぼそと言う通りに、息を吸ったりはいたり、体の部分に意識を向けたりしているだけだ。

ここで完全に落ちた。5回は落ちたと思う。前日もあまり眠れなかった上に、軽く運動などしてしまったので、もう止められなかった。ああもったいない、と思った。でも先生いわく、寝てもいいそうだ。でももっとこうなんというか、「地球との一体感!」みたいのを感じたかったと思った。

でも前回の先生よりも格段によかった。私のニーズに合っていた。

電車で行かなければならないし、1回40ポンドとお高いけれど、この40ポンドがないと明日にも家賃が払えなくなるということはない。いいものをやってみよう。目に見えないものにも価値を見い出そう。自分にお金をかけてみよう。そう思って、通ってみることにした。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.