愛着障害の克服をまとめてみて

まとめてみて、要するに「愛着の傷の回復」というのは、うちの場合、自分たちだけではできないのだということがわかった。

一番大事な「安全基地」だけれど、私と夫は「不安型と回避型」なので、どちらもどちらの安全基地にならないばかりか、逆に傷つけ合うことになる。配偶者が安全型だった場合は、結婚そのものが回復への道になるのだろうけれど、うちでは無理だった。

これは「経験を語り尽くす」と同様、カウンセリングでやらなければならないと思った。

ただ、自分たちでできることももちろんある。

「幼いころの不足を取り戻す」について、このとき気づいたことだけれど、私は抱っこが好きだった。友達の赤ちゃんや、柔らかいぬいぐるみ、クッションやまくらも好きだった。子供のころに近所で犬が生まれたことがあったのだけど、その子をずっと抱いていたこともあった。トレーナーのお腹に入れて、そのまま遊んだりして、ずっと持っていた。これはもしかすると、愛着の傷を癒やすために自然とやっていたことなのかもしれない。

夫は夫で、子供と遊ぶのが好きだった。スピリチュアルリーディングの「夫について」で聞いた通り、近所の友達と家族で集まったりしても、よく子供と一緒になって遊ぶ。子供と同じレベルになって遊んでいるのだ。ただ偉そうにできるからだと思っていたけれど、これも愛着の傷の修復を自然と行っていたのかもしれない。

「役割りと責任を持つ」に関しては、仕事でできそうだった。でも、きちんとそのときどきで自分にはまるものでなければならないのかなと思った。そのときの自分に対して、自己有用性が実感できて、自己肯定感が生まれそうなところ。

そうでなければ、否定的認知に陥ってしまう。これが「日本的な会社が苦手な理由」だったのだと思う。だからあのときは「辞めて正解」だった。でももう少し回復しているときだったら、いい練習場になったかもしれない。

このころ気づいたことだけれど、日本は社会全体的に「否定的な見かた」が多すぎる気がした。イギリスだと例えば、道で人にぶつかっても笑顔で「Sorry(あ、すみません)」「It’s alright(大丈夫)」というやり取りになる。そこにはお互いの中に「もちろんわざとぶつかったわけではない」という考えが前提にある。

でも日本(東京?)の場合だと、「わざとではないのです」ということを一生懸命伝えないといけない気がする。「他人に迷惑をかけた」ということで、嫌な顔をされるからだ。相手が知っている人でないと、イギリスのような対応にはならない。これはやはり、全体的に安心感や余裕がない人が多いのだと思う。

こういう中で生きていると、やはり否定的認知がどんどん多くなってしまうのはしかたのないことのように思える。なので、もっと肯定的な認知ができるような場所に自分を置くことが必要だと思った。

そういった肯定的な認知ができるところに行けば、「アイデンティティの獲得と自立」もできてくるようになるのかもしれない。周りから存在価値を認めてもらい、自己有用感自信を持って、自分に対して「これでいいんだ」と思えるようになっていく。

もちろん、にそうしてもらえるのが一番いい。それができない場合は、配偶者やパートナーがいい。でもそれもできない場合は、また別のところでやってもらうしかない。一番いいのはやはりプロのカウンセラーだと思うけれど、職場で上司や同僚との関係の中でそれを行うことも不可能ではないと思う。

またもっといろいろなところで人と関わり、それができるチャンスをどんどん作っていくのが一番かもしれない。そうすれば、たとえ職場でうまくいかないことがあったとしても、他で補っていくことができる。ひとつに固定しないことは、大事かもしれない。

いろいろあるけれど、取り急ぎ以下のことをやってみることにした。

・カウンセラーを見つける
・肯定的認知ができるような職場を見つける
・子供っぽいことでもやってみたいことはやる
・二元的な考えかたではなく総合的にものを見るようにする

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください