ひとりじゃなかった

私には忘れられない一杯がある。

okayu

なんの変哲もないおかゆだ。でもこれが私の人生に差してきただった。

夫にサポートしてもらうばかりか、逆に崖から突き落とされるようなことをされて、もう死ぬしかないのだと思っていた。せっかく親から逃げて自分の人生を築いてきたと思っていたのに、また同じ目にあうなんて思いもしなかった。

自分を産んだからも、自分で選んだからもこうも立て続けに必要とされない自分には、どこへ行こうと安住の地はない。誰にも必要とされることはない。悲しさのもとはそこだった。

相手の思う通りに振る舞えば、喜ばれるし、必要とはされる。でもそのためには自分を殺して、常に相手の思い通りにしなければならない。今まではそれができていた。でもそれではもう生きていけなくなっていた。

つらかった。今までの人生で一番つらかった。実家にいたときも死ぬほどつらくて、もう一生でこれほどつらいことはないし、今後なにが来ても大丈夫だと思っていた。でも、それよりもっとつらかった。なにがどううまくいかなくても、こんなにつらいことはなかった。

を出して寝込んでいたのだけれど、届け物を受け取りに行かなければならなかった。小さい子供がいる人だったので、移さないようにとも思い、申し訳ないけれどうちに届けに来てもらった。

すると、届け物と一緒におかゆをくれた。テレビで見たレシピで作ってみたのだと。

うまく言葉を発することができなかった。なにがあったか詳しくは話していなかったけれど、私がひどい状態にあることを気にかけてくれて、おかゆを作って持ってきてくれた。本当に驚いたし、信じられなかった。があふれて止まらなかった。

この世に、なんの利益がなくても私を心配してくれる人がいた。

心配して連絡をくれた友人、泊めてくれた友人、話を聞いてくれた友人、助けようとしてくれたメンタルヘルスの人、涙までしてくれたCBTのセラピスト。私を助けてくれようとする人がいた。気持ちをわかってくれる人がいた。よくわからないけどなんかしようとしてくれる人もいた。

今までずっと一人だったのに。私がどうにかしなければ、どうにもならなかったのに。でも、私の代わりになにかをどうにかしてくれる人たちがいた。

ものすごくほっとした。

私はずっと一人だった。生まれてから今まで、ずっと一人だった。一人だと思っていた。でも一人ではなかった。

「ひとりじゃなかった」

たったこれだけ。どうでもいいことを書いてる、と思う人もいるかもしれない。どこにでもある一文だ。

でも、この意味を本当にわかっているひとはどれだけいるだろう。頭で状況を理解することと、心でものごとを理解することはまったく違う。もう何度かそういう経験はしてきたけれど、このとき本当に心からそう思った。一人ではなかったのだということがどういうことなのか、本当にわかった。

人間は、いろいろな人に支えられて生きていた。本当だった。

親や夫には恵まれなかったけれど、私にはこんなにもいろんなところでいろんな方法で助けてくれる人たちがいた。私も捨てたもんじゃないかもしれない。そう思えたことで、親や夫に頼らない自分の価値が芽生えてきた。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください