緊急アセスメント

翌日月曜日、さっそく朝に電話が入った。それを別室に行って取った。

不安症の個人セッション3回目」で手配された緊急アセスメントの、前段階の電話だ。本来なら「緊急」アセスメントなので緊急に受けるものなのだけれど、手配できなかったために、まずはある程度どんな状況にあるかを確認する電話が最初に入るとのことだった。

私の精神状態がどんな状況なのかを把握する質問が、次々にされた。友人と過ごして話も聞いてもらって落ち着いてきたということと、夫がトリガーになるので夫がいなければ大丈夫だということで、一人になってもいい、すなわち家に帰ってもいいことになった。

アセスメントの予約が木曜日に取れて、電話を終了した。

友人と別れて自宅に戻った。大丈夫だとは言ったけれど、ベランダが怖かった。それまで普通に出られていたことが信じられなかった。しばらく出れなくなったし、見ることもできなくなった。

それでも家に帰ってこれたことは、ほっとした。洗濯物をして、掃除をして、なんだかすべてがだったのかのようにも感じた。

空っぽの家でぼーっとしながら、「これからどうしよう」とぼんやり思っていた。

水曜日に一度確認の電話がきて、木曜日になってアセスメントを受けに行った。「Mental Health Recovery Service(メンタルヘルス回復サービス)」という団体だった。

スタッフ二人と面接をするということで、びっくりした。ずいぶんしっかりしているのだなと思った。一人がずっと話をして、一人はずっとすべての会話をメモしていた。録音もしていたと思う。

それはそうだ。ここは「私が自殺する危険性があるかないか」を診断するところなのだから。

簡単ではあったけど、どういうことがあって、どういう状況かということを話した。質問のテンプレートがあるらしく、飲酒や喫煙、犯罪歴や違法ドラッグの経験なども聞かれた。主に、私の親のこと、夫のこと、今回の問題などを話した。

その結果がすぐ翌日に出て、CBTの担当者から電話があった。内容は以下の通りだった。

やらなければならないことは、①の回復と、②夫婦の回復。緊急性が高いということで、②にまず着手して、それから①をやったほうがいいということだった。具体的には、以下の通りだ。

1)まずは「Couple Counselling(二人用のカウンセリング)」の資料を送るので、受けてみること。私が自殺せず夫と無事に暮らせるように、ここで二人の間の問題を考えて出口を探す。

2)その間にGPに連絡を入れておくので、予約を取って行き、「Anti-Depression(抗鬱剤)」を処方してもらうことを勧める。

3)1)が終わったら、GPで「Psychotherapy(心療治療)」を手配してもらって、自分の中の問題を治す。

抗鬱剤」が出てきて、怖くなった。大丈夫だとは聞いていたけれど、戸惑った。

夫といなければ安定はしているから、今は飲まなくても大丈夫だけれど、今後また夫と暮らし始めることになったら、そのときは必要になるのではないかと思った。でも私の状態が安定して見えるようになったら、夫は「もう大丈夫なのだ」と思ってしまってまたおかしなことを言い、永遠に夫の問題は治らないのではないかとも思った。

これだけ大変なときに、頼りにならなかったばかりか、逆に私をさらに突き落としてくるような人間だ。もし今後カウンセリングをやって病気が治ったとしても、果たして夫と一緒にいたいと思うだろうか。夫の行動の謎が解けたとして、それで私は夫のことをどう思うのだろう。

いったい、どれだけの時間がかかるのだろうか。そして治ったとしても、夫と一緒にいられるとは限らない。新しい人生を歩んで行かなければならないのかもしれない。私はいったいどうなるのだろう。

空っぽの家で、毎日そんなことを考えながらただただいた。でも、生きていた。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中