結婚と自分の気持ち

「気持ちと頭がつながっていない」ことに関して、結婚を思い出したのでセラピストに話してみた。

結婚前、私は日本で働いていた。当時の会社は忙しくて景気のいい会社だったのだけれど、それが突然傾いた。これで会社がだめになったら、家賃補助もなくなってアパートを出なきゃいけなくなる。そうしたら住むところもなくなって、実家に行かなきゃいけなくなる。そんなことになったら死ぬ、と最大の不安を抱えていた。

そんな私の不安も感知せずにのほほんとしていた今の夫に、自分はこんな状況で大変なのだということを半ギレで言った。すると彼はなにも考えずに、「お金ならオレがあげるよ」と言ったのだ。

しばらく固まった。そしてがドバーっと出て止まらなくなった。

この世の中に、話を聞いたり優越感をくすぐってやらなくても、いつなにをされるかわからず怯えながらも耐えてついていかなくても、私のことを無条件に世話してくれる人間がいたのだ。これはのちに間違いだったということに気づくのだけれど、このとき私は生まれて初めての大きな安心を感じた。

当時、私は日本、夫はイギリスにいた。お互いの国には半年しか滞在できないため、一緒に暮らすには結婚しかなかった。私は渡英を考えた。

夫は一緒に暮らしたいとは言ったけれど、結婚を渋った。自由人なので、縛られることに抵抗があったのだ。でも私は仕事を辞めて荷物も引き払って渡英するには、結婚という条件がないと嫌だった。日本での生活を捨てて渡英するならば、それくらいの覚悟を持って迎えてもらわなくてはならないと思った。

一度イギリスに遊びに来て、夫の家族に会った。そして普段はまったくジュエリーを身につけることもほしがることもない私が、婚約指輪を買ってもらった。このときの私にとっても、結婚はまったく現実味のないことだった。夫のことも、きっと自分自身でさえ、現実感がなかった。だからたぶん「指輪」という、目に見える確かなものにこだわったのだと思う。

それからすぐ、「婚約ビザ」申請の準備を始めた。イギリスで外国人と結婚するには、婚約ビザの取得が必須だった。婚約ビザで入国しないと、役所で結婚を受け付けてくれないのだ。

婚約ビザは、取得後数か月以内に渡英しなければならず、有効期限は渡英後半年。その間に結婚して「配偶者ビザ」に切り替えるか、帰国することになる。婚約ビザでは社会保障は一切なし、労働も許可されていなかった。

渡英後しばらくは時差ボケの体調を調整したり、こちらの生活で必要なものを買いに行ったりする日々を送っていたのだけれど、私はすぐに就職活動を始めた。日系の人材会社に登録して、応募し始めた。仕事をするには結婚して配偶者ビザに切り替えないとならないので、役所に申請して結婚の手配も始めた。

そして、結婚した。すべてが流れだった。

実際、私は夫のことを好きかどうかもわからない。わからないで結婚している。もちろん嫌な気持ちはないし、嫌だと思う人とまでつき合ったりすることはないけれど、本当に夫が好きで結婚したというよりは、好いてくれた人がたまたま嫌な人でなく、最初から家族のように馴染む人だったからだ。

この「家族のような」というところがポイントで、私は実家の家族とはまったく違う夫と結婚したつもりだったけれど、実際のちに判明したことを見てみると、まったく実家と同じことをしてくる人間を選んでしまっていた。人間というのは、どれだけ嫌だったとしても馴染んだ環境に自分の身を置いてしまうという。恐ろしいことだ。

夫は白人のイギリス人だったけれど、最初から「外国人」という感じが一切なかった。他の外国人の友達もたくさんいるけれど、彼らは外国人という感じがする。でも今でも夫のことをそう思うことはない。どれだけ文化の違い的なことを感じたとしても、外国人とは思えない。それくらい馴染む。

逆に夫に、どうして私と結婚したのかを聞いてみると、はっきりとした理由が返ってきたことは一度もなかった。これこそがまさに「気持ち」なのではないかと思った。理由がなく、ただ感じるもの。

というのも、理由があった場合はその理由がなくなったら変わってしまうということだ。たとえば優しいところが好きだったら、冷たいところが見えたら嫌いになってしまう。私は男性を好きになっても、どれも嫌いな面が見えるとすぐ冷めてしまっていた。「気持ち」ではなく「理由」だった。

私の気づき」も、「離婚したら実家に行かなきゃいけなくなる」と思ったから、この結婚をどうにか続けるために自分を曲げてでも頑張ろうと思ったのがきっかけだった。「夫を愛しているから一緒にいたい」というわけではなかった。都合であり、空っぽだった。

夫は私を好いてくれていて、いろいろ家事もやってくれるし、こんな私に頑張ってついてきてくれるし、荷物も持ってくれるし、気持ち悪いもの片付けてくれるし、一緒にいる理由はたくさんある。でも理由をつけられるのは、本来の「気持ち」とは言えないのではないだろうか。

私の気持ちは、いったいどうなのだろう。夫が気にかけてくれないとき、雑に扱われたとき、もう嫌だと思う。無理だと思う。それはどうなのだろう。

広告

2件のコメント

  1. 連日、コメントをしていますが 他のコメントの返信ありがとうございます。
    (コメントばかり残してストーカみたいに
    思われないかなんて少し心配しながら書いてます 😦 普通の人なら考えもしないことかもですが)
    なんか胸に刺さる記事でした、、、
    理由があると理由がなくなれば
    一緒にいる意味がなくなる。確かに。
    夫は私が彼に優しいところが好き、と
    言ってたのを思い出します。
    私も金銭面、相手の家柄、彼自身善人。そんな理由から結婚。しかも結婚の話は彼の親が口に出したことと、当時仲良しだった子が婚約してたことがきっかけでした。
    おままごと気分で結婚したな〜と振り返り思います。
    でも私はそんな人の方が多い気がします。
    その一因に社会的な影響が大きいと感じます。それも日本社会が共依存的な社会だからなのかな、、、
    しかしkelokoさんのhusbandさんは、理由なくkelokoさんを愛したなんて素敵じゃないですか?

    いいね

    1. > さくらさん

      心配なお気持ちわかります。大丈夫ですよ。平日は返信に数日かかることもありますが、コメントはだいたいすぐ読ませていただいています。日本だけでなく、そういうバーチャルな結婚をする人は多いと思います。みんな親からそういうバーチャルな生きかたを教わっているんでしょうね。でもこれからどんどん変わっていくと思っています。私の夫にはまた落とし穴があったので、それもまたこれから書いていくことになると思います。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください