不安を引き起こす考えかたの癖

2.Thoughts(思考)への対応策

1)Thoughts and Anxiety(不安症的な思考)

不安のサイクルと破りかた」で勉強した通り、「考え」は「気持ち」に影響し、「気持ち」は「考え」に影響する。考えというのはわりと自動的なものなので、コントロールできないこともあるが、ネガティブな考えをポジティブに変えていくことによって、気持ちを和らげられるようになる。

2)Everyone sees things differently(だまし絵から学べること)

damashie有名なだまし絵。向こうを向いている若い女性に見える人もいれば、うつむいた老婆に見える人もいる。もしかしたら、まったく別のものに見える人もいるかもしれない。同じ絵でもによって見えるものが違うし、たぶん同じ人でもによって違うものが見える。

これが日本人にはかなり難しい概念だと思う。なんとなく「正解はいつもひとつである」というような教育を学校で受けている人が多いからだ。ものの見かたは人それぞれであり、自分の見かたは多くの中のひとつにしか過ぎない。そして自分の見かたも、いつでも自由に変えてもいい。

3)Unhelpful Thoughts(無益な思考)

人間は何年も生きていると「考えかたの癖」というものができあがっていて、その癖の中には有益でないものもある。それに気づくことによって、そこから抜け出していくことができるとのこと。代わりに「 」内のように考えてみると、より現実的な考えかたになる。

unhelpful thoughts

たぶん日本で生まれ、日本で育った人たちは、当てはまるものが多いのではないだろうか。常に自分に厳しく、最悪の結果を予想して行動する。きっときちんと育った人にとってはいいことなのだろうけれど、私のように毒親のもとに育ったアダルトチルドレンにはにしかならないことだったのだ。

⑩などは非常によくある例だと思う。「女性に『結婚しろ』と言うのはセクハラだ」と言えば、「男性に言うのはいいのか」などと言い出す人がよくいる。「女性に言うのはセクハラだ」=「男性に言うのはセクハラじゃないと主張している」と勝手にとらえるからだ。でも発言者は女性について話しており、男性の話は一切していない。発言=現実を見れば、すぐ気づける。

毒親も、同じように二極化して話を混乱させたりする。自分が正しくあるために、自分と意見が違う相手は悪く、間違っていると主張する。でもそこで必要なのは「なぜ自分の意見が正しいか」を説明することであり、相手が間違っていることを主張しても実際には意味がない。

②もよくある。ブランド店で買い物をして「お釣りが足りない」と思っても、「有名店だから間違いはないはず」と思い込んでいたら「自分が計算間違いをしたのでは」と思ってしまう。「日本人だから信用できる」や、「親だから孝行されるべき」も同様だ。

現実を自分の「決めつけ」に合わせることはできない。現実は、そのまま見ることしかできない。自分ができることは、現実を見た上でどうするかを決めることだ。

この「現実を見る」というのが、解毒の大きなポイントのひとつだと思う。

毒親育ちの私たちには、毒親から距離を置いたとしても毒親の「現実的ではない考えかたの癖」=「毒」がしみついてしまっている。それに染まらなければ生きていけなかったからだ。でももうそれは必要がないし、取ってしまっても生きていける。そして現実に沿って生きていけるのだ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中