不安症の症状とストレスジャグ

不安症の症状はいろいろなで現れ、以下のような種類があるとのことだった。よく聞く障害だけれど、これもみな不安症の一種として考えられている。ということは、治療の方法もすべて「身につけてしまった癖を取る」になるのだ。

・一般的な不安症
・パニック・アタック
・恐怖症
・社交不安障害
・強迫性障害(OCD)
・心的外傷後ストレス障害(PTSD)

不安症の症状は、以下のようにいろいろなところに出る。
anxiety symptomsこうして見てみると、ほとんどのものに自分が該当していることがわかるけれど、毒親もかなりのものに該当していることがわかる。日本人に多い「状況をコントロールしようとする」のも不安の現れというのは、大きな発見だった。「しっかりしている」というわけではないのだ。

もちろん、状況を適度にコントロールしようとする人なら問題はないはずだ。でも、例えば台風で新幹線が止まって駅員を怒鳴りつける人のように、自然までコントロールしようとするのはおかしい。人間はだれでも予期せず病気になるのに、仕事を病欠すれば「自己管理がなっていない」と言われたりする。

ところ狭しと注意書きが並べてあって、それを見ない人がいると「ちゃんと読め」と言うような空気も同様だ。コントロールしたい「しっかりしてる人」が多く、またそれがよしとされているからだと思う。「日本人はロボットだ」などと言われるのは、こうして人間であることを無視して100%コントロール可能な社会を目指しているからだ。

でも、それがだんだん無理だと気づく人が増えていると思う。コントロールを極め続けた結果、それが破綻しか産まないことがわかってきたからだ。コントロールを重視した結果、常に自分がミスをしないように自分を見張っていなければならなくなり、毎日がただそれに追われるだけで本来の人生を生きられなくなってしまった。

今では「子供を産み育てる」という、人間として当たり前のことすらおいそれとできなくなってきてしまっている。バーチャルな旧世代がコントロールをし尽くして作り上げたものは、人間が生きていけない社会だった。そこから人が生きていくための社会を取り戻さなくてはならないと思う。

それには不安症から脱却して、コントロールをしない、しっかりしていることだけがよしとされない価値観を受け入れていくことが大事だ。

water jug人間は、無尽蔵にストレスを溜め込めるわけではない。ちょうど水差しのように、入れられるストレスのは決まっている。水差しが満杯に近いほど、不安症の症状は如実になる。通常なら対応できる事態でも、この水差しが満杯になってしまうと、まったく対処できなくなってしまう。

お金や病気、家族など、生きていく上で避けられない不安要素というのもは必ずあって、水差しが空だという人はいない。大きなストレス要因があって水差しが満杯になってしまうと、必ず他のことに影響が出てくる。例えば仕事でストレスがある場合、それをうまく回せたとしても、家庭やその他のところが回らなくなってしまう。

でも毎日少しずつ水を抜いていけば水があふれ出すのを防げるし、症状が出ずに済む。ストレスの主原因にすぐ対処することができずとも、他のストレスの原因を減らすことで、主原因に手を付けられるようになったりする。

なので、以下のようなやりかたで、日常的に水差しの水を抜いてあげることが大事だとのこと。

  • ストレス要因をよく見て、ストレスレベルを低くすることができないか、また別の方法を取ることによって対処できないか見てみる。
  • そのストレスフルな状況は、本当に自分のせいなのかを見てみる。違うとしたら、誰に責任があるのか、またその分のエネルギーを他で使うことができるのではないかを見てみる。
  • リラックスする時間を作る。スポーツや友達と会うなどで、定期的にリラックスする習慣をつける。

このリラックスの方法はあとでもっと詳しく勉強する。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中