パリの不思議な人

契約満了で辞めると決めた仕事だったけれど、それからはプレッシャーと不安もなくなり、気持ちもラクになって楽しめるようになっていた。

言いたいことも気負わず言えるようになって、最初からこうできていたらもっと違った仕事生活が楽しめたのにと残念な気持ちになった。夫の仕事が安定していなかったとはいえ、「私がこの仕事を失うわけにはいかない」というプレッシャーを感じすぎていたのだと思った。そんな必要はどこにもなかったのだ。

何度も出張で行ったパリでは、仲良くなった人もできた。とても不思議な人だった。深い話をしてみたいとずっと思っていたんだけど、最後の出張のときにそれが叶った。

彼女は子沢山のお母さんで、とてもあたたかい人だった。私がパリに行くようになってよく話すようになったのだけれど、それまでほとんど個人的な話はしたことがなかった。

仕事のあとにオフィスを出てすぐ、「ねえ、子供を持とうと思ってる?」と突然聞かれた。青天の霹靂だった。

「なんでわかったの?!」と思わず聞き返してしまった。はっきりと子供を産もうというところまではいってなかったけれど、そのころはずっと仕事のことや年齢のことを考えていて、子供をどうしたらいいのだろうと思っていた。

仕事はあとからでもどうにかなるだろうけど、年齡ばかりはそうもいかない。でも、かといって準備ができているかと言われると、けしてそうではなかった。ほしいわけでもないし、将来ほしくなったときを考えると今産まなければいけないと思うけれど、精神的にも安定していないし、できれば今はほしくなかった。

そんなときに、このひとこと。どう受け取ったらいいのかわからなかった。なんでこんなことを言い出したのかもわからなかった。

お店に入ってからは、なぜ契約満了で辞めるのかという話や、総務経理部長のセクハラの話、今は日本の会社が合わないことなどを話した。勤続20年の彼女が仕事を始めたときのこと、最近の会社は変わってしまったこと、彼女の家族のこと、子供のこと、これからのことなどもたくさん聞いた。

帰りにまた子供の話になったのだけれど、そのときには私の気持ちが緩んでいて、親のことがあって精神的に不安定で、子供にも同じことをするかもしれない不安もあって、などということを話してしまった。すると、

「大丈夫、あなたはそんな風にはならないわよ」

と事も無げに言われたのだ。

「私のなにを知っているというのだ」と思う間もなく、がぶわーっとあふれてきてしまった。

仕事で半年ほど密に関わっただけで、彼女が私のことをよく知っているとも思えなかった。一度だけ、彼女がロンドンに来たときに、「子供は持たないの?」と聞かれたことはあった。でも「まだわからないんだ」と言って終わりだった。よくある会話だ。こちらの人たちは日本人のようにプライベートな話には突っ込んでこないから、そのときもそこまでだった。

彼女ももちろん普段はそうらしいのだけれど、なにかピンときた人には思ったことを言うのだそうだ。私にはずっとこれを話そうと思っていたらしい。

彼女は自分でも不思議がっていたけれど、なにかを必要としている人がわかるらしい。以前も別の人に「子供ほしいんじゃない?」と突然聞いたことがあって、全然知らなかったのだけれど、なんとその人は子供ができなくて悩んでいたらしい。それで仕事を辞めるよう勧めて、その人は辞めたんだけれど、数か月後にその人から連絡があって、仕事を辞めて本当に子供ができたとのことだった。

またある人が会社の求人に応募してきて、彼女が面接をしたのだけれど、どうもその人の居場所はここじゃないと感じたので、いい人だったけれど「あなたの仕事はここじゃないから、別のこういう仕事を探したほうがいい」とアドバイスをして帰したらしい。すると数か月後にその人から連絡があり、彼女の言う通りにすごくいい仕事に出会えたと感謝されたそうだ。

私にも、もしかしたらそう言ってくれる人が必要だったのかもしれない。突然だったしよくわからなかったけれど、涙が出てきたということは、なにかに大きく刺さったのだと思った。

彼女は、「誰にでもそう言ってるわけじゃないし、会社の別の人は子供がいないけど、その人はまだ自分が子供だから子供を持つのはまだまだだと思う、でもKelokoちゃんは大人だから大丈夫」「Kelokoちゃんはたぶん12歳くらいからもう大人だったんじゃないの」と言ってきた。

たしかに私はカウンセリングでもわかってきた通り、「子供」でいた経験がほとんどない。12歳というより、たぶんもっと早くから大人でいることを押しつけられてしまっていたのだと思う。だから自分がまだまだ子供だし、そんな自分は子供を持つことはできないだろうと思っていた。

彼女が言うには、問題は「母親になりたいか」であって、「子供を持ちたいか」ではないとのこと。母親になる準備ができているか、そこを考えるんだということだった。

どうするかわからないけれど、じゃあもし母親になってなにか困ったことが出てきたら、また相談させてと言ってみた。「今からパリに行くから!」って電話かけちゃうよと。すると彼女は、「みんなそうやって私のところに戻ってくると言うけど、誰も戻ってきたことはないよ」と、楽しそうに言った。「え、なんで?」と聞くと、「みんなハッピーになったからよ、問題がないから戻ってこないの」と。

それで自分はハッピーなんだ、きっとその人たちもまた誰かに必要なことを伝えて、それで誰かをまた幸せにして、そうやって巡り巡って世界は成り立ってるんだよ、と。

小さいころにフランスに移住してきた彼女は、きっと大変な子供時代を過ごしている。でも今はそうやって家族を持って、幸せな人生を歩んでいる。だから人のことを思って、人のことを考えて、人に必要なことを伝えて、その幸せを人に伝えていっているのだと思う。

自分もこれを乗り越えたとき、人に幸せを伝えてあげられるようになりたいと思った。

広告

3件のコメント

  1. > mimiさん

    お久しぶりです。コメントありがとうございます。そしておめでとうございます!出会いは必然、まさにmimiさんの状況も必然ということだと感じました。前向きに思えるようになったことがもうすでに大きな一歩ですよね。mimiさんもその素敵な出会いを楽しまれますように。

    いいね

  2. はじめまして。
    1か月前にした彼との喧嘩をきっかけに自分はどこかおかしい、愛着障害であると知り調べているうちにこちらにたどり着きました。
    数日かけてすべてのページを読み進めております。
    とくに毒親については「そうそう!そうなの!」と半泣きで大きく頷くばかりです。
    私はkelokoさんのブログにとても救われました。
    まだまだ道半ばですが不安定な自分を克服し、絶対に幸せになります。
    まずは第一歩、このブログに出会えたことが幸せのひとつです。
    ありがとうございました。

    いいね

    1. > Mikiさん

      読んでくださってありがとうございます。私も気づいたきっかけは夫との喧嘩でしたが、それでも最初は自分が悪いと思ってはいませんでした。いろんなかたに気づいたきっかけをお聞きしていますが、本当にみなさんすごいと思います。「絶対に幸せになります」というお言葉、胸に熱く響きました。本当に、絶対に幸せになりましょうね!

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中