江戸時代風過去生の考察

前世療法の続き。

母親との関係性」は見れたものの、父親はまったく出てこなかった。セラピストにも「父親と思われるような人はいませんでしたか?」と聞かれたけれど、感じるものはとくになかった。第一幕に出てきた男二人も、どちらも現実の誰と思われる人はいなかった。

いつも「目はいつの人生でも同じなので、を見てみてください」と言われるのだけれど、私は目を見てもあまりよくわからない。目よりも雰囲気でわかるほうなのか、姿形がなくなって雰囲気だけになる、要するにの状態になって出てくると、誰かということがわかりやすいかもしれない。

私はこのとき、もう「親との関係性」は見なくてもいいのだということだと解釈した。もうこれに関してはなにもない、終わってしまったことなのだと、潜在意識が言っているのだろうと。母親のことが少し見れたのは、毒親のメカニズムの一種を見れたということで、それ以外はもう必要がないのかもしれないと思った。

第一幕から三幕まで通してうっすらと見えてくるテーマが、「バランス」なのかもしれないとセラピストに言われた。私もそんな感じを受けていたので、そう言われてとても納得した。

まず第一幕で、男二人が出てくるけれど、この二人が両極端だ。一人は頼りがいのある正直な男、でもそれを貫いて処刑されてしまう。かといって、もう一人のお調子者の男も、やがてボロが出て処刑される。それを見た過去生の私は「どうしたらいいのだろう」と思っているわけだけれど、「なにごとも極端ではいけない」ということなのではないか。

この後に「毒親」という単語に出会い、毒親のもとに育った人が「白か黒かの両極端で生きるようになってしまう」というのを読んで、ここで出てきた「バランス」の意味がよくわかるようになる。世の中のほとんどのものは、白でも黒でもないグレーでできている。それを知らせるために見たものではないか。

第二幕でも、ご主人にばかり極端に気持ちを傾けて生きた結果、妻の嫉妬をかぶってしまうことになった。仕事も完璧を求めすぎて、9割できても残りの1割のミスが許せない。それが原因で、心残りのある人生を送る。確かに極端すぎる。要はバランスが大事だということなのだろう。

第三幕でご主人にもらったアドバイス、「そのままでいろ」というのも大事だ。わかっていても、このころはまだまだ全然できていなかった。世話になったご主人の娘さんだからといって、すごく好きでもなかった人を妻にもらったりなどしなくていいのだ。たったひとつの失敗に、そこまでこだわらなくてもいいのだ。

そんなことをしなくても、そのままの私をご主人は拾って、愛情を持って育ててくれた。そこを大切に思うことが必要だ。

それでも、毒親育ちにはそれは本当に難しい。生まれてからこのかた一度も、そのままの自分を受け入れられたことがないからだ。実の親にも受け入れられないと、「ではいったいこの世で他の誰が自分のことを受け入れてくれるのか」と子供は思ってしまうことになり、それを一生体の奥底に抱えて生きる。でも、このときはまだそこまでわかっていなかった。

なので、二回目は「なぜこんなに今でも自分の失敗が受け入れられないのか」を見てみることになった。

ちょうどこのころ、電車の中や友達の家で子供を見たりして、「子供とはあんなに親に甘えるものなのか」ということを知って驚愕することがあった。日本とイギリスでは違いがあるのかもしれないし、年代の違いもあるのだろうとは思うけれど、私はあんなにママママ言ったり、両親にくっついたりなどあり得なかった。

あんなに親にぴったりくっついて、「疲れた」とかなにも考えずに言う子供を見て、本当に衝撃だった。疲れた自分を親が気づかうことに、なんの疑問もない。確かに親の立場になってみれば、そんなことは当たり前なのだけれど。

そういう子供を見て思うのは、自分と違ってちゃんとケアされてて羨ましくて悲しい思いもある反面、この子の好きなようになんでもしてやってほしい ということだった。自分とはなんの関係もない電車の中の子供でもそう思うので、とても不思議だと思っていた。

特に、夫が友達の娘と遊んであげていたり、優しくしていたりするのを見ると、なぜかとても嬉しかった。女の子だと自分を投影しやすくて、小さかったころの自分に重ねているのだろうと思った。子供と過ごすことで、子供である経験をして、解毒につなげると聞いたことがあったけれど、子供が夫や他の人から優しくされて大事にされているのを見ても、こうして癒されるのだなと思った。

きっとあのように親から受け入れられてこなかったから、こうなってしまっているのだろうということは、うすうすわかっていたのだ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中