リラックスするには

スピリチュアルリーディングの最後。

なにか聞きたいことはと言われたので、歯軋りについて聞いてみた。

うんうん、ストレスですね。「自分のことだけを考える時間」っていうのを作った方がいいです。
忍耐強く思っても、ご主人のことも自分でコントロールできないことなんですよ。
自分のリズムに合わないものを一生懸命コントロールしようと体がしてるから
ストレスたまってるんですよ。

大事なのは、まずね、毎日自分の好きな時間に好きなことを考える。
今、自分の趣味を見つけるっていう課題を与えられたわけじゃないですか。
だからそれをまず一生懸命探してみる。

あなたの性格上、頑張り屋さんだから、なんでも解決しようと思っちゃうわけ。
ご両親のことでも。だから物理的に離れざるを得なかったわけでしょ。
というのは、一緒にいるとどうしても影響を受けちゃうから。
でも、離れてもあなたは周りからの影響をどうしても受けちゃうんですよ。
自分で知らないうちに「なんでこんなことがわかんないの」って気になっちゃうわけ。

物理的に離れるのは第一段階だけど、それでもまだ苦しんでいるのは事実。これからは精神的に離れるという段階だ。親にしても、夫にしても、自分とは別の人間だ。私の思い通りにすることは不可能なのだ。でも、毒親育ちの私は特にそれを手放すことが困難だった。

まずは、「自分の時間」を作って、瞑想っていう大げさなことしなくてもいいんですけど、
寝る前に必ず、眠くならないように横にならずに、ベッドの脇でもソファでも座って。
バタバタして寝ないで少し落ち着いて、目を閉じて深呼吸して、呼吸に合わせて。

まず今日どんな楽しいことをしたか考える。これはおもしろかったなとか、おいしかったなとか。
その、自分がおもしろかった楽しかったっていう気持ちだけに集中してくださいね。
思い出してるうちに話がいろんな方に行っちゃうとよけい頭があれこれしちゃうから
そうなったときは「深呼吸」に戻る。

で、明日どんな楽しいことをしようか考える。
明日いろんなことやらなきゃいけないけど、「自分のためになにをしたいか」を考えるのね。
これができたらいいなーって、この本を読もうかなーって、明日はこれしてやろうって、
あっ楽しいなー、こうやってなにかやれると楽しいなーって。

自分が楽しいこと」「自分が楽しかったこと」を考える。

で、そのときに自分の気持ちでどういう風に体が反応していくかっていうのを、
呼吸に合わせたときと、楽しいことを考えたときの、自分の体の反応ね、それを見てみる。
で、自分のエネルギーね、今この辺がこってるな、ちょっと和らげてみようかなって、
自分とね、「自分の体と会話」してみてください。

どうもね、頭と体の波長が合ってないんですよ。だから、リズムを合わせる。
ちょっとやってみて。あまり歯軋りにこだわらずね。
「歯軋り止めなきゃいけない」って思わずにね。

まずは、「自分の体の自然のリズムに自分の頭を合わせてみる」っていう練習からしてみて。
寝る前に10分、しずかーに座ってみて。
それで慣れてきたら、自分の一番好きな、お気に入りの自然の場所をイメージしてみる。
この海辺がよかったなと思ったら、その海辺に自分を置いてみるわけですよ。
あー砂浜感じるな、あったかーい、あー気持ちいい…ってね。
そうやってどんどんリラックスさせていくと、マインドってすごいから
そうすると体がだんだんだんだんラクになっていく。その練習をしてみてください。

「体と対話」「体のリズムに頭を合わせる」「頭と体の波長があっていない」。

これは、その後に始めることになるヨガの考えやCBT(認知行動療法)で勉強したこととまったく同じだった。人はだけでできているのではなく、の3つでできている。そして、それぞれがそれぞれに影響を与えあって存在している。

私は、頭だけで生きてしまっていた。でも、きっと世の中の大部分の人たちはそうだと思う。体の不調には気づきやすいけれど、それは単に体だけの不調だと思っているだろう。不調を治すには、体と心と頭の3つを総合して考えることが必要だ。

たとえば、「腰痛」は「不安感」とつながっていると考えられている。私も母親も、腰が悪い。また私の場合は、昔は悪くもなんともなかったのに、数年前から急に悪くなり始めており、それはちょうど渡英やその後のこの自己発見のプロセスと合致している。

なので、解毒も「心身もともに解毒すること」が必要だと私は考えている。いくら頭で理解しても、心がついていかないからだ。「変わるということ」で書いた通り、頭で理解したことがあるとき腑に落ちることによって心身で理解し、そこで初めて完全な理解となる。その体感を助けるために、私はカウンセリングで頭からの理解をしながら、同時にヨガで心身からの理解にも取り組んでいる。

のちに詳しく学んでいくことになる、重要な考えかただった。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください