好きなことをする

スピリチュアルリーディングの続き。

けっこう、「コツコツ勉強」するの好きじゃありません?
だから顧客業とかカスタマーサービスとかそういうのより、コツコツやるような、
本読んで勉強してなにかを書いて、みたいなのは向いてますよね。

お金にならないかもしれないけど、「考古学」とか「地質学」とか?
もしかしたら学校に戻るかもしれないっていう可能性もあります。
「課題を与えられたらそれに向かってやる」っていうのは向いてます。

それでピラミッドヒエログリフが見えたので、そういう解明されていないような古代のものを探ってみるようなことがいいと言われた。たしかにそういうものは小さいころから好きで、昔は考古学をやりたかった。でもお金にならないのでやめた。そういう考えかたをするのではなく、自分の好きなものをもっと見つめろということだ。

さらに、に向いていると言われた。占星術などの星と、サイエンスのほうの星。そこになぜかわからないけれど、エジプト関係がつながってくると言われた。天体観測は父親の昔の趣味で、私は一切興味がないので、このあたりは不可解だ。

可能性はいっぱいあるわけですよ、あなたは自分の惹かれるものに
あなたの六感に関わってきますから、「勘」を信じて探っていったらいいですよ。

わかんないけど、大英博物館とか行くといろんなことで刺激を受けるって言うんです。
それで例えばそっちの方のガイドの仕事だとか、トランスレーションだとか、
そこで日本語に訳すとか、言語を使うとかね。

非常にあなた耳がいいんですよね、「聞く力」がすごいあるんです。
英語力すごいありますよね、勉強したらいいと思うんですよ、言語ね。

日本語教師よりも、別の課題ね。あなたにとって言語って「ツール」なんですよ。
言語好きでしょ、でも勉強するのはツールとしてで、それで他の課題がわかるからね。
だから考古学なら考古学を、両方の言語を使って理解出来てるっていうところが大事みたい。
日本語を自体を分析するっていうのじゃなくて。

たしかに昔から、ひとつの言語を極めるよりも、いろいろな言語で同じことがどう言われているかを知ったりすることが好きだった。でも、ひとつの言語を極めれば先生をしたり翻訳や通訳で稼げるけれど、いろいろな言語を幅広くやってもお金にならない。そういう考えかたをやめろということだ。趣味でやればいいのだ。

なんでこんなのにお金と時間をかけてるんだろうと思うかもしれないけど
好きなことは趣味としてできるわけで、それをコツコツやってくださいって。
この伯母さんは若くして亡くなってて、やりたいことができなかったんですね。
周りのガイダンスがなかったって。

日本人ってどうしても型にハマった生き方をするのね、人の目を気にするのね。
あなたのお母さんすごくね、近所の目を気にして、人の目を気にして。
でもそういうのは日本人の悪いとこだって、この伯母さんは言うわけですよ。

伯母さんはやりたいことできなかった、だからあなたには
ご主人はご主人でいいと、自分が楽しくなるものをもう少し見つけてほしいって。
それがすごくあります。で、今年はすごくそれをやってほしい。

このときちょうどヘブライ語の勉強を始めていて、その後にヨガカウンセリングを始めることになる。ヘブライ語はすぐ終わってしまったけれど、ヨガとカウンセリングは今の私にとってとても重要なものになっている。

ってのは、今ご主人と食い違っていてイライラしてるわけじゃないですか。
タイミングとリズムが合わない、私の言ってることがわかってんのかという。
それが解消されるから、自分の刺激になる好きなものをコツコツやってみると。

それでそういうことをやり出すと、「新しい友人関係」もできるっていうんですよ。
そういう中に入っていくと、周りの人から刺激を受けたり与えたりすると。
職場とかご主人だとか今のお友達の中から出た、その他の部分で
新しい人と関わりを持つっていうのはあなたにとってすごく大事みたいです。
子供ができてもそれは続ければいいことだから。

でね、それが後になって役に立つ。
こんなときになぜ私はこんな仕事ができたっていうのもあるんですって。
だから、それを期待しなくてもいいから、好きなことをやりなさいと。

このときはまだわからなかったけれど、夫がのんびりしていた当時は私がハラハラしていて、現在これを書いている今は逆の現象が起こっている。リズムが合っていない。でもそれは単に私と夫は別の人間だということであって、それを二人とも学ばなければならないのだ。

新しい友人については、このときに始めたヨガとカウンセリングを通して学んできたことが、現に今大きな広がりを見せ始めている。とてもおもしろい。当時はヘブライ語の先生だったり、職場の同僚のことかと思っていたのだけれど、自分の興味をもとに行動するということはとても大事なのだと実感した。

いつの間にか、自分ではない人生を生きてしまっていた。だれにとっても、一度しかない人生だ。自分ではない人生を生きる意味はない。そんな当たり前のことを知らなかったのだ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中