モラルハラスメントから回復するには

では、どう回復するのか。

1.回復

1)回復のために

被害者の回復は、その本人ひとりで進むものではなく、まわりの助けが必要。被害者の体験をまともに取り上げて聞いてくれ、人を支配コントロールしようとしない安全な人とつながることがまず必要であり、そのような人と話すことで少しずつ回復していく。

「まともに取り上げて聞いてくれる」というところが、一番大事だと思う。普通の人に話しても、単なるかまってちゃん悲劇のヒロインと思われたり、加害者の被害者への執着を「愛情」と勘違いされたりして、よけいな被害を呼ぶことになる。

このときは少しずつ周りが私の話をまともに聞いてくれることに気づき始めて、いろいろな人にわかってもらうことで少しずつ軽減されていったように思う。だが、一番近くにいるがまったく理解のできない行動をとり、それによって激しく傷つくようになっていった。

2)回復の過程

被害者は、自分が体験したことを他の人と分かち合いながら、自分の身に起きたことがモラルハラスメントという暴力であり、自分はその被害を受けたのだということを認め、受け入れることが必要。その過程で、罪悪感から抜け出し、加害者への怒りの感情を認め、表現していく。そしてその怒りの感情の奥にある悲しみや苦しみ、喪失感などに向き合い、その感情を認め、充分に味わい、表現していくことによって、被害を受けたというできごとを、文字通り過去のものにしていく。

そうして被害者は、モラルハラスメントによってばらばらにされた自分の心や感覚をひとつにし、つながりを取り戻していく。そして、自尊心や自己肯定感を思い出し、自分自身を許し、他者との新たな、対等な関係を作っていく。そしてあるとき、今まで加害者に感じていた、自分が破壊され尽くしてしまうような超人的な力を、今や加害者が持ってはいないことに気がつく。

モラハラもそうだけれど、加害者から逃げれたとしても、自分の中に問題が染みついてしまっているので、これを回復することが一番重要だと思う。たいていの場合は、あまりにも罪悪感や喪失感、怒りや悲しみなどの感情が強いため、加害者に罰を与えたり復讐してやりたいと思う気持ちが強くて、自分の回復に気持ちが向きづらい。また、逃れて距離を取ったことで満足してしまったり、逃れるだけでもう精一杯だということもあると思う。

でも、どれだけ時間をかけてでも、いつか自分の回復にぜひ向かってほしいと思う。私の場合は、自分の人生がめちゃくちゃになってしまっていて、これをどうにかしなければ生きていけなかったので、必然的に回復に向かわざるを得なかったし、回復の過程で何度もつらい目にもあってきた。それでも向かってよかったと思えたと思ったら、また問題に襲われて、本当にこれでいいのかと今だに何度も自問自答する。その繰り返しだけれど、回復はやはり自分の人生を取り戻すためにとても重要だと思う。

2.援助者

1)基本的な考え方

人には、安全や安心の欲求が満たされる必要がある。そういう意味で、モラルハラスメントは、基本的な人権を脅かす暴力である。ときに被害者は、その人自身に何か問題があるかのように見えるときもある。しかしそれは、暴力による被害者の葛藤や混乱がひどいためで、被害を受けると誰でもそうなるのだということを知っておく必要がある。

被害を受けると誰でもそうなるのだというのは、大きな救いだった。自分だけがおかしいのではない、自分が悪いわけではないというところは、回復に向かっていくのに必要な考えかただと思う。

2)援助者として

今まで加害者によって不当に抑圧されていた被害者の回復のためには、今までとは逆、つまり、誠実で対等な関わり方をされることが必要。援助者は、情報提供をしながらも、具体的な選択においては被害者自身の意志を尊重することが大切。被害者のいたらないと見えるところを取り上げて、説教などをしたり、援助者の正義感を押しつけて、プレッシャーをかけたりしないようにすること。また、被害者が自分自身情けないとか恥ずかしいとか言ったときには、「情けなくて恥ずかしいのは、あなたではなく加害者だ」とはっきり言う方が、真のサポートになる。

これは、本当に難しい。普通の人はやはり普通だから、どうにか加害者のいいところを探して「あなたに対してすべて悪意だったわけじゃないよ」と言ってくれたり、逆に「言われっぱなしでいいのか」とか被害者のために強く出てくれたりする。そうするとますます問題を深くしてしまうことがあるので、信頼できるカウンセラーや、同じ経験がある人に補助を求めるのがいいと思う。

配偶者が援助者となり得る場合は、本当に恵まれていると思う。一緒に暮らしていく中で、自分の問題にも気づき、それを協力して落ち着けていくことが可能だ。私の場合は、逆に夫がさらなる加害者となりえたため、「抜け出した」と思ったところからさらに突き落とされることになった。

3.次世代への連鎖

被害者が次の加害者になるという、いわゆる次世代への連鎖が心配されるが、それを断つためには、まず被害者自身が、自分の身に起きたことが暴力であったと認識することが必要。それを認めず、あれは自分のためだったとか、教育や愛情があってのことだったとしか認識できないとき、同じ理由でその暴力を、教育や愛情という名の下に伝えてしまう危険性がある。回復の過程の中で、自分の弱さを認めることができ、その弱さをダメなものだと評価しないでいられる強さを自分の中に感じ取れることこそが、次世代への連鎖を断つ鍵。

人によっては、自分が実の親から受けていたものが暴力だったとは受け入れがたいものなのかもしれないけれど、私は解離性だったため、「暴力だった」「ひどいことだったのだ」と認識することでラクになれた。

どれだけ嫌でも、みんな自分が育ったところの家族の形しか知らないために、自分が家族を持ったときにどうしても同じことをしてしまう。加害者から逃げるだけでなく、時間がかかっても自分の回復に向かって進み始めてほしいと思うのは、自分がラクに生きれるようになるためでもあるけれど、このように自分がまた同じことを子供や周りにして、問題がどんどん連鎖してしまうのを防いでほしいと思うからだ。

というのは、周りに同じことをしていると気づいた場合、それは自分の中に問題があることに気づくよりもつらいと思う。私の場合は、「気づいてからの衝撃」に書いた通り、毒親にされたことを夫にしていたことに気づいたわけだけれど、本当にショックで恐ろしかった。だから、自分の回復に目を向けて、自分のために人生を進んでいってほしいと思う。

(引用部分はすべて「NPO法人 こころのサポートセンター・ウィズ」より適宜抜粋)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください