違うことを試してみる

そんな「日本の会社」の中でも、自分でできそうなことはやってみた。

向いていること」で書いた通り、私にはやはり「工夫をしたい」という気持ちが強かった。また、人にはそれぞれ個性があるので、たとえ前任者に適していたやりかたでも、私にとってそれが最善であるかというと、そうでもなかった。

ノンネイティブと話す」で書いた通り、前任者は自分のやりかたに自信を持っている人だったので、引き継ぎの間はとにかく前任者の言う通りにすべてを行った。産休が始まり、また自分も会社と仕事に慣れたころ、違うやりかたを試し始めた。

「毎月の会議の前に各国から必要な情報をもらって集計する」という業務があったのだけれど、ここでもっとも面倒だったのが、ドイツから情報をもらうことだった。

それまでにもヨーロッパ各国の人たちと仕事をしてきたけれど、ドイツ人というのは日本人並にきちんとしていて、一番仕事のしやすい人たちだった。どこに行ってもそれは常識で、ドイツ人にわずらわされたことなど一度もなかったし、面倒なのはいつも、自分勝手なフランス人や、口ばかりのイタリア人、ルーズなスペイン人だった。

なのに、この会社ではそれが真逆だった。ドイツ以外はどこもきちんと締め切りまでに情報を出してくるのに対して、ドイツだけは必ず遅れたり、言われるまで出してこなかったりするようだった。

前任者には、「ドイツは必ず締め切りの数日前に電話を入れて、また締め切りの日の午前中にも電話を入れるように」と言われていた。電話をすると「ああ、わかってます」とは言うものの、締め切りの日にこちらが催促するまで提出はしてこなかった。

担当者は「忙しい」ぶっていて、特別扱いを期待している「かまってちゃん」のようだった。このときドイツはオフィスを移転したばかりで、確かに忙しかったのだけれど、それでも何年もやっている月例の仕事を忘れるわけはない。明らかに、提出してこない理由は「忙しいから」ではなかった。毎月催促をし続けても、いつかきちんと提出してくるようになるとは思えなかった。

いいタイミングだと思ったので、引き継ぎが終わって私が後任としてスタートしてから、ドイツに催促の連絡を入れるのをやめた。

どうなるか少し気にしてはいたものの、出してこなかった場合は「他の国にも同じように連絡を入れているのに、なんでドイツだけ出してこないんですか」と普通に聞けばいいと思っていた。

すると、なんとその月からきちんと自ら提出してくるようになったのだ。

しかも、他のところよりも早く出してきた。

前任者から言われていたのに、私が全然ドイツに連絡を入れていないのを、上司はずっと見ていたようだった。「ドイツに電話したの?」と詰められてびっくりした。そこで、ドイツはとっくに提出済みの旨を伝えると、今度は上司がびっくりしていた。

業務には、もちろん変えてはいけないもの、変えようがないものはいくらでもある。でも、改良できるものは改良するほうがいい。同じことを同じように続けていなければならない理由はない。

私は、変えられるものをどんどん変えていった。これは、「全体のため」に動く日本の会社では喜ばれた。でも業務をいくら改善しても、持っているスキルで有益なことをする人がいても、給料などに換算されることはなく、「会社のためによくやった」で使われるだけで終わるのが、日本の会社だった。

こういう環境で、私の自己肯定感はますます落ち込んでいった。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中