ノンネイティブと話す

会社勤めに復帰」で書いた通り、産休カバーの1年契約の仕事が始まった。

まずは1か月、その産休に入る人から仕事を教えてもらった。日本語を話す人だったので、日本語で引き継ぎを行った。ネイティブではない人と話をすることで、コミュニケーションの基本を改めて感じた。

そもそも、私も母国語が日本語の外国人であり、英語は第二外国語として習得しているだけなので、仕事や日常生活では問題はないが、ネイティブと楽しく雑談ができるレベルではない。相手がきれいな英語を話してくれればほぼすべて理解できるものの、訛っていたり変な英語だったりすると、まったくわからないこともある。

今ではそれほど英語がわからなくて仕事で苦労するという状況はないが、やはりたまに変な単語や言い回しを使っているんだろうなと思うことはある。日本語でも、たとえば「家」と「住宅」など、意味は同じでも、使用方法が異なる単語がある。「家がほしい」とは言うけれど、「住宅がほしい」とは言わない。意味は通じるけれど、私もたぶん常に適切な単語を使えているわけではないのだろうなと思う。

言いかたも、相手が「きつい」と感じるようなこともあるのだと思う。外国語で話すと、やんわりとした言いかたをなかなか知らないために、文章がどうしても直接的になるからだ。これは、周りの英語を見聞きしながら少しずつ覚えていくけれど、やはり大変なことだと思う。日本語でも、

 「それやってください」
 「それやっていただけると助かります」

では、両方とも丁寧な言いかたではあるのに、印象がまったく違うと思う。

この引き継ぎを通して、改めて「外国語を話す」ということがどういうことなのか、また「外国語として日本語を話す人とどう話すか」ということを勉強し、コミュニケーションについて大きく考えさせられた。

まず、思っていた通り、ネイティブでない人の日本語はきつく感じる言いかたが多く、母国語ではないとわかっていても、イライラしてしまうことが多かった。

日本語には「です/ます」と「んです」の二種類のモードがあって、「行きます(通常モード)」と「行くんです(説明モード)」では意味が異なってくる。でも、どちらも英語では「I go」になるため、使い分けが難しい。

 「トイレに行きたいです」 ← ただの願望の通知
 「トイレに行きたいんです」←「だから、場所を教えてください」というニュアンスが入る

この人は、なぜかこの「んです」を多用する人で、それがとても大変だった。

たとえば、この引き継ぎ期間中に一番凹まされたのが、「覚えてないんですか?」の連発。きっと、言いたいのは「覚えてますか?/ませんか?」なんだと思う。でも「んです」を使ってしまうばかりに、「この前やったの覚えてないんですか?」「昨日説明したの覚えてないんですか?」と、必要以上に攻撃的に聞こえてしまう。もちろん、本人にはそんなつもりは一切ない。

「こうしてもいいんですよ」や「これじゃないんですよ」「こうしないほうがいいんですよ」も、同様だ。「こうしてもいいですよ(これでもいいですよ)」「こうしないほうがいいですよ(こうするといいですよ)」と言われたら、まったく違う。

また、「たとえば、4月分は3月の数字を使うとかですか?」などと言った場合、最初の「たとえば」が頭に入りにくいため、「違うんですよ、いつも3月の数字じゃないんです」などと言われてしまう。習ったことを、実際の数字などに当てはめて試しにやってみようとしても、「たとえ」ということがわからないので、「来月は、今月6月の数字を使います」などと言われてしまい、また同じ説明をされてしまう。

なので、私が7月になっても3月の数字を使って計算をするような馬鹿な人間だと思われたり、何度も同じことを説明してもわからない人間だと思われる。これは本当にきつかった。

日本人の場合、きっと英語で何度言っても話が通じなかった場合は、自分の言いかたにどこか問題があるのかなとすぐ思って、それを確認しようと思うだろう。もちろん、そういう人もこちらにもいる。でも、このときの前任者はそういう人ではなかった。「自分の仕事を人に教える」ということで、「自分が間違うわけがない」という先入観も大いに手伝ったと思う。

①コミュニケーションを取ろうとする場合、まずは先入観にとらわれず、そして「意思を疎通し合おう」「わかり合おう」という気持ちが大事なのだと改めて思った。これは、片方だけがそう思っていてもだめで、双方がその重要性を認識していないとだめだ。これがあれば、共通言語がなくても理解し合うことが可能になったりさえする。

②また、上記のような場合でも、「『たとえば』です」と繰り返したり、または最初から「たとえば」を強めて言うこともできる。正しい文法で完成された文章を話すのではなく、重要なポイントを抜き出したり、大きく強調したりする。自分が言いたいことではなく、「相手になにが必要なのか」を考えること。これも重要だ。

普段、無意識に人と会話して生活しているように思っているが、意外にも、コミュニケーションというのは意識的にやらないとうまくいかないものなのだ。

毒親には、さまざまな理由から、このコミュニケーションに大事な二つのポイントが激しく欠落している。なので、コミュニケーションを取ることが不可能なのだ。だから、そもそもコミュニケーションを取ろうとしてはいけない。それを改めて認識した。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください