子供について

スピリチュアルカウンセリングの、最後。

月並みだけれど、「子供」について聞いてみた。でも、聞く前にもう、セラピストは私がこれを言い出すことをわかっていたような感じだった。

子どもや動物とともに存在するのは、私にとってとてもプラス。子供も、一緒に遊ぶ中でお互いにプラスになっていく。「一生懸命教育しないと」と考えると、よくない。自分の子供を含めて、他の子供や動物、友達でも、「純粋な人」や「楽しい人」は交流しやすい。なぜかというと、彼らもクリエイティブだからだ。

まずここで、風向きを変えて自分を取り戻し、元気な私に戻る。と同時に、一般に合わせようとしなくていいんだなと気づき、「そうだ、人生は楽しくていいんだ」となり、「一緒に遊ぶ友達がやってくればいいんだ」となったら、子供を持つ時期かなと思う。

このときは、やはりここで新しいことを始めて、本来の元気な自分を取り戻して、それで子供を持とうと思うんだろうな、ということだと思った。でも、違っていた。このとき考えていたよりも、もっともっと長い時間がかかるのだ。

子どもに日本語を教えるということも、やりたければやってもいい。でもどちらかといえば、一緒に「屈託なく遊ぶ」という感じ。教えてほしいという人がいたら、それもまた道具が使えるチャンスかもしれないので、やってみていいと思う。それで試してみて、私もその時間が楽しくて充実していたら、そこの窓口は置いておける。

「自分は子供もいないし扱い方がわからないから」ではなく、だからこそ逆に、「子供と関わると自分はどういう風に感じるのかな」という発見や、練習ができるかもしれない。自分の子供ではないから、少し距離を置いたり、感情的にあまり動かなくても交流できるし。

だから、機会がやってきたらやってみてもいいと思う。やってくるものは試してみて、好きだったら続けていって。それもまた、道具を使ってみて、「この使い勝手をもうちょっとこうしたほうがいいかな」「次はこうしてみようかな」という作業。そうるすと、誰がというより、「私が」一番嬉しいと思う。

あまり心配せずに、機会があったらやってみればいいのかもしれないと思った。

言葉にして「生き生きしていたい」とか「感動していたい」というと、「熱い人」みたいに聞こえるかもしれないけれど、でもそう言ってみると、そういうエネルギーが体の中で生き生きと動く。そうすると、気持ちよくお腹も空いて、充実して夜もよく眠れる。

私にとっては、今回の人生の中で「私」が一番大事。だから自分を十分に活かして、この持っているエネルギーを十分に用いて、地上においていろいろな人と関わる。

それにはまず第一に、家の中から。夫と楽しく過ごして、そして自分を楽しむ。夫を楽しむ自分を楽しむ、というように。その時間を大切にして、そして、よく食べよく寝る、好きなものを見に行く、目に入れる、五感で感じる、というようなことをしていく。それが趣味であり、いろいろな意味で、道具に栄養を与えてあげるということ。

スピリチュアルカウンセリングは、これで終了。

子供が「そんなことやっちゃだめ!」と叱られてもわからないように、問題だけを教えてもらっても、解決にはつながらない。「自分を大切にしなさい」と言われても、「どうやら自分は自分を大切にできていない」ということはわかっても、もちろんそれがわかっただけでも大きな一歩ではあるけれど、でもそれを言われ続けたからといって、解決できるようにはならない。

どういうところが自分を大切にできていないのか、どうして大切にできていないのか、それはどうしたら大切にできるようになるのか。これがないと、解決はできない。もちろん、言われ続けることで「そうかも…?」と感化されて解決に向かっていく人もいるとは思うけれど、簡単なことならそれもあり得るだろうけれど、経験のないことだったら不可能に近い。

それを、具体的に、しかもわかりやすく喩えを用いて教えてくれて、しかも「こういうことだから、なかなか大切にできてなかったんだと思います」「こういうことがあると、なかなか大切にできないですよね」と共感を示してくれて、その上で「じゃあこうしてみたらどうでしょう」とやりかたを提案してくれる。それでまたその提案が私に沿っているからすんなり納得できて、動き始めることができるようになる。このセラピストに出会えたことは、本当に幸運だったと思う。

もちろん私の場合は、カウンセリングで発見したことがあったからこそ、よりいっそう大きな理解が得られたということもある。その上で、このスピリチュアルカウンセリングによって全体像も見えて、やっと謎が解けた。当時、もう半年ほど本当に出口もない奈落の底でどうしようかと思っていたけれど、すごくいい経験になった。

広告

4件のコメント

  1. はじめまして。現在カナダにワーホリできています。30代男です。
    自分も記事を掲載してもらったBoundToBoundでたまたま記事を拝見して、そこからたどり着きました。

    境遇が結構似ているところもあり、とても勉強になり、また勇気づけられました。
    自分の場合は、両親の愛情の示し方や振る舞いに間違いはあったものの、自分のことをはっきり愛してくれていることと、30年近くかかったものの、やっと両親からある程度の理解を得られたことはKelokoさんのご家庭と違うかもしれません。
    (Kelokoさんのこともご家族のことも存じ上げない状態では、はっきりとは言えませんが・・・)
    自分の両親もそれぞれの両親(自分の祖父母)のことで辛い思いをして、それが連鎖していたのだろうと思います。

    何日かに分けて拝見して、今01気づきから08まで読み終わりました。
    引き続き楽しみに読ませていただきます。

    お互いに今後に進展がありますように。
    ありがとうございます。

    いいね

    1. > uさん
      コメントありがとうございます。BoundtoBoundからいらっしゃったんですね。話せばわかるご両親ももしかしたら多いのかもしれないと思います。簡単に言えば古い世代の考えかたが現実に合わなくなってきたということだと思うので、経験によってどの程度古い考えかたに絡め取られているかの違いですよね。やはり親の理解が得られると回復は早まりそうですね。私ももうだいぶ回復したつもりですが、今親に会ったらどうなるのだろうと思うときがあります。焦らずぼちぼちいこうと思います。

      いいね

  2. 初めましてジルと申します。
    こちらのブログを拝見しとても共感する部分が多く、また前向きに頑張ってる姿勢に感銘を受けました。
    私も悩みが多く薬物、認知療法など試しましたがなかなか良くならず最近は諦めかけていたのですが、こちらのスピリチュアルカウンセリングに大変興味を持ちました。
    厚かましいお願いとは重々承知しておりますが、こちらの方をお教え願いませんでしょうか?
    何卒よろしくお願い致します。

    いいね

    1. > ジルさん

      初めまして。読んでくださりありがとうございます。スピリチュアルカウンセリングのかたは個人的にセッションを行っているかたなので、連絡先をお教えすることはできないのです。申し訳ございません。少し違いますがヒプノセラピーのかたでしたらウェブサイトもありますので、もしご興味ありましたらご覧になってみてください。

      ヒーリングサロン Precious You
      http://www.geocities.jp/precious_you2002/sp/index2.html

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください