カウンセリングが終了

ここで、全18回のカウンセリングが終わった。

もっと続けるかどうかの話し合いが一応あったけれど、私はここで一旦終わりにすることを決めた。このときまでに出てきていた問題は、なんとなく見えてきていたからだ。あのときそのまま続けていても、もうそれ以上出てくることはなかったと今でも思う。きっと、死ぬまで人生に終わりはない。ここで得た知識と経験を活かして、次の段階へ進んでみて、またなにかあったときに解決を模索するしかない。人生はその繰り返しだ。

最後に、カウンセラーとまとめをした。

①今までの自分と今の自分

それまでの人生で、自分がこんな状況になるなんてことは思いもよらなかったし、人生というのは経験したことがないことの連続なのだなと、改めて思った。今後ももっともっと知らなかったこと、それまでの概念を覆すようなことが起こるんだろうなと、心構えみたいなのができた。きっとこれが、私の「次の30年」の幕開けになるんだと思った。「第一章完」という感じだった。

②今後なにかあったときどうするか

Make sense(意味を理解)してカラクリを知り、Enlightenment(気づく)こと。」

人と話をしていたりになにか引っかかったり違和感があったら、それを流すのではなく、少し立ち止まって、そこにどんな意味があるのかを考えてみること。特に自分が大きな反応を示した場合、それは「投影」である可能性もあるので、自分の言っていることが「相手」に向かって言っていることなのか、「自分」に対して言っていることなのかを考えてみる。自分と同じものを相手も持っていたとき、自分に対して言いたいことを相手に対して言ってしまっていることがある。

またお先真っ暗になってしまった場合も、夫を含めいろいろな人と話をしてみて、もちろんすんなり解決できればそれでいいけれど、そこで引っかかることがあったら、それにどんな意味があるのか考えてみる。もしくは光が差してくるまで待ってみて、見えた光を頼りに考えてみることもできる。またなにかあったら、このカウンセリングに続きとして来て考えることもできるし、またスピリチュアルカウンセリングに行ってみてもいいと思う。

③「今」を生きる

夫の夢に変化」のところで書いた通り、夫の夢の中の私が帰ってきたというのは、私が「今」に帰ってきたということかもしれない。夢というのは、もちろん本人の状況もだけれど、本人の周りの状況も映し出すので、夫が「私が今に帰ってきた」と感知した可能性がある。

そのあとまた同じ夢を見たときは、私が帰ってこなかったらしいけれど、一度戻ってくる夢を見たということは、一度なにか変化があったということ。いつも見る夢に変化があったときは、たとえその後にまた元に戻ってしまったとしても、そのときになにかが変わったという判断材料になる。

ハッピーノートを続けて、「今」の充実ポイントを追っていくこと。これが「今」を充実することで、それが「未来」の充実につながる。

ということで、カウンセリングが終了。

カウンセラーの補助のもと、②の「Make sense + Enlightenment」ということをいくつもいくつもやって、本当にたくさんの大事なことに気づけた。これだけいろいろやったから、これからもなんかあったら自分でやっていけるといいなと思った。が、そう簡単にはいかないのが人生。でもこうして、なにか問題があったときに、「どうしたらいいか」というツールを知っていることはとても大事。これが得られただけでも、私にとってはとても意味のあるものだった。

ただ、最後になにかお勧めの本がないかと聞くと、「そんな簡単によくなろうと思ってもそうはいきませんよ」と言われた。急にそんな突き放されたようなことを言われて、びっくりした。どういう意図で言われたのかはわからないけれど、自分が得た知識を人が手に入れようとするのが気に入らないというようにしか取れなかった。

ここで学べたことはたくさんあったけれど、また戻ってくる場所ではないような気がした。そしてそれは正解だった。「日本人でないと細かい心の機微が理解してもらえない」と思い込んでいたけれど、そうではないのだということが後にわかってくるようになった。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください