今を見つめる

カウンセリングを通して、なんとなくいろいろなことがわかりかけてきたものの、では今自分はなにをしたらいいのかがわからなかった。

空っぽな人生」のところで書いた通り、「なにをしたいか」と聞かれても答えることができず、でも現状はつらくて、どうにか抜け出したかった。でも、目標を持つということは、今ここにない「なにか」をほしがっているということで、現状に満足していないということだから、よくないということは勉強した。

でも、「目的を持って生きること」と「ほしいと思うこと」は違うのではないだろうか。新しい目的を持つことで、私は復活できるのではないだろうか?と思った。

するとカウンセラーは、 

「目的」「目標」って、「」のことしか考えてませんね。「」を見つめましょう。
人間には、「過去」も「未来」もない、自分が生きてる「今」しかない、

だから今を生きることが重要です。

と。

理解不可能だった。

「今」を「見つめる」…?しっかりと目標を持って行動することは、いいことではないのだろうか。確かに人間は「今」を生きているけど、過去もあったし未来もある。そりゃあ人間いつ死ぬかわからないから、未来がどれくらいあるかはわからないけど、過去はちゃんとあったはず?

このときはこんな感じだったので、詳しく解説してもらった。

①「今」について

実は、人間には「今」しかない。過去も未来も存在していない。というのも、自分が生きているのは「今」であって、「過去」にも「未来」にも存在することはできない。「未来にどうなりたいから今どうする」ではなく、「未来」は「今」の積み重ねだから、今を見つめて今を生きることが大事。

確かに、自分が存在するのは「今」しかない。「過去」は、「経験」として「今」の私の中に存在はしているけど、でも確かに私は「過去」には存在できない。「未来」が、「今」の積み重ねだということは、すぐ理解できる。でも、「今を見つめて今を生きる」とはどういうことなんだろうか。だって、将来を考えないと、今を生きられなくはないだろうか。将来どうしたいから、ではこの時期までにこれをやって、今はこれをやって、と考えられるわけで、そのは難しいのでは?

②それには「足元を見る」

童話「青い鳥」で、チルチルとミチルという兄弟が、幸せの青い鳥を探しに旅に出る。家を出て、暗い森を彷徨い、世界中を旅したけれど、青い鳥は見つからなかった。がっかりして家に帰ってくると、なんと自分たちの「家」に青い鳥はいたという。これが、「足元を見る」ということ。

だと言われたけれど、まったくわからなかった。言ってることはわかるけど、では具体的に自分はどうしたらいいのか。自分の家を見ればいいのか、自分のパソコンでも見ればいいのか。「遠くばかりを見てるけど、答えは自分の中にあります」と言われた。

③ネガティブな燃料からポジティブな燃料へ

今までは、「実家から逃げる」という「目標」を持ってそこに向かっていたが、これがまったく違う方法に変わるときなのかもしれない。「実家から逃げる」が達成されて、人生の最初の30年を終えて、そろそろ今を楽しんでもいい時期になってきているのではないか。今までは「逃げる」というネガティブな燃料だったけど、そういう生き方ではなくて、もっと「ポジティブな燃料」で生きるのが本来なのかもしれない。

確かに、毒親のもとに育つと、そこから抜け出すところにエネルギーを使い果たしてしまい、本来の人生のスタートが人より大幅に遅れてしまう。自分の人生をスタートしたと思っていても、「親のもとでできなかったこと」や「親が嫌がるからこれをやる」といったように、実はまだまだ毒親の影響下にあることに気づいてしまったりもする。

だからこの影響をなくして、「本来の本当の自分の人生を歩み始める」ということは大事だ。これはよくわかるけれど、では「ポジティブな燃料」とは?「目標」がだめだとしたら、なにがポジティブな燃料になるのだろう。

このときは本当に禅問答のような感じで、クエスチョンマークが飛び交い、カウンセラーが言っていることが未知の物語のようだった。今でも、②番はまだよくわからない。どういうことなのかというのはわかるけれど。今のカウンセラーにも、まったく似たようなインドの話をつい先日されたけど、やっぱり「これだ!」というものには出会えなかった。ここはまだまだ勉強が必要なところ。

広告

4件のコメント

  1. 僕も夢を持つとか 目的がない人生はだめだとか あんまり好きではないので共感します。
    でも現実は幻想だけど夢がないと 前へ進むいは 少し辛いかもしれません。

    いいね

  2. > ツボイさん

    コメントありがとうございます。私も今だに「今を見つめる」とか「足元を見る」ということがどういうことか正確にはわからないですね。ただ「今の幸せの積み重ねが将来の幸せになる」ということはわかったので、今を幸せに生きたり生きようとしていれば、「この積み重ねで将来も幸せになる」という希望を持つことができると思いました。

    いいね

  3. 私は現在高3の女です。
    今日このサイトを偶然見つけ、
    一通り読ませていただきました。
    自分は、やはり、毒親育ちなのだと確信しました。
    早く親から離れ、自由になりたいです。
    毛虫がいるけど仕方なく下駄箱の一番下に靴を置くという表現、しっくりきました。
    サイトを読んでいて、気づかされることが多かったです。
    本当にありがとうございました。
    これから道のりは長いと思いますが、一歩一歩、たまには退行しつつ、前に進んで行きたいです。ありがとうございました。

    いいね

    1. > ぶちこさん
      コメントありがとうございます。参考になることがあったようで嬉しいです。私もたまに戻ることもあるしなかなか進まないことがありますが、それが自分のペースだと思うことにしています。自分の人生なのだから自分のペースで、と言い聞かせつつ。お互いラクになれますように。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください