満足できない

前世療法をやったときに、「自分で自分を判断するな」(「判断してはいけない」参照)と言われたことがあった。

カウンセラーに、自分の中にもう一人の自分がいて、その自分が常に自分に対してダメ出しをしている状態なのではないかと言われた。

言われたときは全然ピンとこなかったのだけれど、簡単に言うと、常に親からダメ出しをされて育ってきたので、その親を自分の中に取り込んでしまい、親から離れても自動的に自分でダメ出しを続けている、という現象だ。また、親から離れてからその「自分の中の親」を勝手に肥大させてしまうことによって、もっと有害なものになってしまう可能性もあると言う。

次のつまづき」のところでも書いた通り、私は「過剰な完璧主義」という問題を抱えている。これが、もっともわかりやすい例だと思う。

中学2年生のとき、私は美術の中間テストで学年1位の98点を取った。これは衝撃だった。得意だった英語や国語ならわかる。でも、私は絵を描いたりするような創造性の必要なことは非常に苦手だった。確かに、このときのテストの内容は、美術史に関する簡単な設問がいくつかと、自分の手の模写だったので、わりと点を取りやすかったのかもしれない。それでも衝撃だった。なんの力も入れていなかった教科で、田舎の1学年2クラスしかない学校とはいえ、学年1位を取った。びっくりした。

それで、普段はテストなんていちいち見せなかったけれど、それを持って帰って母親に見せた。

だが、母親が言ったのは、「でも美術でしょ?」。

受験に必要な英国数などの主要教科ではなく、単なる「お遊び」の美術。「そんな必要ない教科で学年1位を取って、見せびらかして喜んでるの?」ということだった。

私は、別に自慢をしたわけではない。人数少ないこの学校で学年1位なんて取ったことあるし、98点だって他の教科で何度も取ったことある。私はびっくりしたことを伝えたかっただけで、有頂天になってるわけでもなんでもなかった。

そこで私は、「この私が美術で学年1位だよ」と、びっくりしたよと言った。

すると母親は、「でも満点じゃないんでしょ?」。会話にならなかった。

生まれてから成長するまでの間にこういう人間に一番近くにいられると、人というのは「満足」ができなくなる。なにをどれだけやっても満足することができず、常にもっとなにかをしなくてはいけないと思っているようになる。過剰な完璧主義になり、人から褒められてもそれを受け入れられず、実在しない理想に向かって常に走り続けるだけの空っぽな人間になっていくのだ。

こういう人間が嫌だとは思っていた私でさえ、影響を受けてしまっていた。生まれてから人間が形成されるまでの子供の期間というのは、本当に恐ろしい。

上記の例では、もうひとつ自分の中に取り込んでしまっている問題もがある。それは、「自分の言いたいことを相手にわかってもらえない」ということだ。

私が言いたかったことは、「びっくりした」という新鮮な気持ちだ。それを勝手に「自慢したいのだ」と解釈される。それを訂正しようとしても、聞いてはもらえない。自分の言いたいことは相手にわかってもらえないので、最新の注意を払って言葉を選んで最小限の発言をしなければならないという、トラウマを植えこまれる。

このトラウマから、「人といるとどうして疲れてしまうのか」のところで書いた通り、安心して人とコミュニケーションを取ることができず、無意識に自分を守る作業をしているのだ。

これを変えるには、自分の中に取り込んでしまっているこの「」を追い出し、負の連鎖を断つことだ。

それにはまず、気づくこと。「美術で学年1位を取ってびっくりした」を、勝手に「美術なんかで98点取って喜んでいる」と受け取るのは、その人に問題があるわけで、私に問題があるわけではない。普通の人に話せばきちんとわかってもらえる内容であって、わからない人間のほうに問題があるのだ。

「主要教科じゃなかった」「満点ではなかった」と満足できない人は、その人に問題があるわけで、私に問題があるわけではない。仮に私が「学年1位を取ったぜ」と自慢していたとしても、そこになんの問題もない。世の中に「完璧」というものは存在しないので、完璧を求め続けて生きていても終わりがないからだ。人間は自分自身の中に満足を見い出すことによって、幸せになる。実態のないものを追いかけ続けていても、いつまでも幸せになることはできない。

これに気づいて意識することによって、日常生活のいろいろなところで「あれ、ちょっと待った」と変えていくことができるようになるのだと思う。地道な作業だけれど、やるしかない。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください