怒りを癒やす

それでも、ここで出てきた怒りはまだまだ不十分だった。

このときのカウンセラーも、怒りを出すことよりも先に、「怒りをコントロールする」という方向へ持っていく感じだった。私はまた、両親の前でしていたのと同様に、自分の気持ちを抑えながら、ものわかりのいいようなことを言うことしかできなかった。

起こすだけ起こされた私の怒りは、行き場を失って倒れそうだった。ここからどんどん落ちていった。よくなる前の膿出しだとはわかっていたけれど、つらかった。人に嫌なことを話してしまっては、あとで落ち込んで、消えてなくなりたいと思っていた。

カウンセラーは、クッションに怒りをぶつけるなどのアンガーマネジメントの方法を教えてくれるだけだった。あとで思ったのだが、もしかしたらこのときのカウンセラーは、似たような経験があって、怒りに対する恐怖心があったのかもしれない。それか、まったくこのような怒りの経験がなくて、これを目の当たりにして、怖くなってしまったかではないかと思う。

「怒りはコントロールするべき」というのは、本当だ。でも、そこにたどり着くまでには、その怒りを出してしまわなければならない。

この世には、「時間」がある。これは、一度にすべてのものが起こらないために存在していると聞いた。「時間」がなかったら、宇宙のありとあらゆることが一瞬で一度に起こってしまうからだ。

だから、ものごとには「順序」がある。「始まり」があり、いくつもの段階からなる「経過」があって、「終わり」がある。

毒親からの解毒も、「段階」がある。もちろん、キリスト教の「すべて許しなさい」という教えの通り許せたらベストだし、許すことで救われるのは間違いない。でも、そう言われたから、それがいいと思うからといって、今ある怒りを無視していきなり許すことができる人はいない。「無視」は「放置」であって、「解決」ではないのだ。ものわかりのいいフリをしても、周りの気が済むだけで、自分にとってなんの解決にもならない。

「感情」は、共感を得ることで癒やされていく。「怒り」は、それが正当なものならば「正当だ」と認められることで、癒やされていき、なくなっていくのだ。もちろんその怒りを創り出した毒親に認知されることが一番の近道だし、周りから認められることも大事だが、まず自分が認め、認識することが一歩だ。そこから自分の癒やしを経て、まずは自分が自分の人生をきちんと生きられるようになる。そこで初めて、毒親を許せるようになる。のだろう。

これは、子供が転んで泣いているときを考えたらよくわかる。「泣き止ませたい」と思った場合、「男の子でしょ!泣かないの!」と言っても、泣き止んだりはしないと思う。感情が無視されるため、「もっと訴えなければならない」と思い、よけい泣くようになる。「痛かったねー、びっくりしたねー」と共感を示されることで、感情が認識されたと思い、それ以上訴える必要がなくなって泣き止む。

だから、毒親育ちの人は親から謝罪があれば自分は許せると思っているかもしれないし、実際にそういう人もいるかもしれないけれど、私は謝罪はいらないと思っている。謝られたら許さなければならないから、むしろ謝ってなどほしくない。そんな簡単なことで、自分が味わってきたものをなかったことになんかできないし、謝られたところで、相手の気持ちをラクにするだけで私の癒しにはつながらないからだ。

なんに関してもだけど、この人間的なプロセスを無視する人が、あまりにも多いと思う。ゴールがどこにあるかがわかっていても、そこまでたどり着くには進まなければならないがある。なにかを成し遂げるには、やらなければならないことがいくつもあるのが常だ。そして、それには段階を踏まなければならない。

また、ゴールがわかっていても進めない場合もある。許すことが一番いいとわかっていてもできない場合、そこには解決しなければならない原因があるのだ。道が違うのかもしれないし、オートマ免許なのにマニュアルに乗っているのかもしれない。進み始めても、道がこんでいたり、車が故障したり、思わぬ事故に遭うかもしれないし、そもそも免許がないから徒歩で行かなければならなかったと気づくかもしれない。

「大人になれ」や「忘れろ」などフレーズがなんのひねりもない役立たずなのも、ゴールを提示し続けているだけだからだ。ゴールがどこかはわかっている。必要なのは、行きかた時間だ。

親から「痛かったねー」と自分の感情を認めてもらったことがなく、放置されたり、逆に「なに転んでんだよ!」と責められたりして育った人間は、たまりにたまったその感情を出すすべを知らない。出させてもらえたことがないからだ。大人になっても自分の感情をうまく出すことができず、行き詰まる。自分を殺してうまく回すコミュニケーションしかできず、人といることが苦痛になる。

また、自分に経験がないから、に対してもそうしてやることもできない。これが毒の連鎖で、自分の子供へ同じ思いをさせることになる。

自分の感情を事実と認め、自分の怒りを癒す。そこから、現在の自分の周りの人たちとうまくコミュニケーションして生きていく方法を学ぶ。そうする中で、自分の中での毒親の解決が自然とついてくるのだと思う。

広告

2件のコメント

  1. kelokoさん、はじめまして。
    数日前から全記事を始めから順番に読ませていただいているところです。

    これまでの記事にも激しくうなずきながら読んでいましたが
    こちらの記事にはお便りしたくなってしまいました。

    私は11年前、自身の離婚の際に毒親という言葉を知って、親と対峙もしたけれど
    泣かれてしまい、その後、親と物理的に距離を置き、カウンセリングを受け、数回めに
    カウンセラーに「親が許せない!」と吐き出しました。
    一気に解放された気がして、通うのをやめました。

    それからずっと、仕事に子育て、趣味も再開し、普通に毎日を送っていました。
    もう親ともいい距離感をつかめたし、だれとでもうまくやっていたし、大丈夫だと思っていました。

    でも最近、親と同居する妹から近居を提案され、妹とやりとりするうちに
    自分の感情(涙)のコントロールができなくなってしまいました。
    思えば、子育てでも、趣味の面でも、たびたび困難が生じていました。
    それで解決策を探すうち、こちらにたどり着きました。

    確かには親は私の感情を認めてくれなかった。まったく甘えられなかった。
    でもそれ以外は、多分ごくふつうの親だった。表向きは立派なくらいだった。
    本当に毒親なのか?そうじゃなくて私が弱くて甘えん坊なだけなのか?
    と悩み始めていました。

    でも、苦しいことは事実。怒りもあるのかも。

    カウンセラーには最後に「”親もひとりのただの女性”と思えれば」と言われたので
    そう思えたらいいんだ、と通うのをやめて、そう思うように努力したけれど
    これは「ゴール」だったんですね。
    回復した時に自然に”親もひとりのただの女性”と思えるってことなのかな。

    kelokoさんのおかげで、新たな気づきを得ることができました。
    これからゴールに向かっての「行き方」を模索します。
    子供に連鎖しないように。
    ほんとうにありがとうございます。

    いいね

    1. > ゆんさん

      コメントありがとうございます。そんなに以前から毒親という言葉をご存知だったんですね。おっしゃる通り、しっくりこないことはスルーせずに、ご自分の感覚を大事にして解析してみることをお勧めします。それが解決への唯一の道なんですよね。回復してきたら、きっと親がなにをしてきてもなんとも思わなくなれるのだと思います。私も以前は遠く離れていても親のことが頭を離れなくなってしまうことがありましたが、今では通りすがりのおじさんおばさん程度にしか思えなくなりました。ああいうわけわからない人たまにいるよね、私には関係ないけど、というような。会ってしまったらどうなるかはまだわかりませんが、一番ひどい時期は抜けたと思うので、これからもゆっくり回復へ向けて歩み続けようと思います。ゆんさんも時間をかけてご自分のペースで進まれますように。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中