投影

こうして、夫や人の言動に傷つくようになった原因がだんだんわかってきたところで、「投影」についても教わった。

私がこうしてカウンセリングを受けたり、いろいろなセラピーを受け始めたとき、それに対して「そんなに真面目に考えなくてもいいんだよ」「たまには頭を真っ白にして考えないほうがいいんだよ」と止めてくれた人たちもいた。これも「私のことを思って言ってくれるんだ」と思ったが、なんと、そう思うことができなかった。これも以前ならそう思ったことなんだろうけど、それができなくなっていたのだ。

私にはどう聞こえたかと言うと、「自分だけよくなろうなんてずるい」と聞こえてしまったのだ。

そんなことまったく思う理由のないはずの人から、そんな風に聞こえてしまった自分が本当に嫌で、どうしたらいいかわからずが出た。一生懸命よくなろうとしている自分、それを見ていて一生懸命アドバイスをしてくれている人。なのに、なんでそんな風に聞こえてしまうのか。どうしたらいいかわからなかった。よくなりたいのに、そのアドバイスも本当なのに。このときは、本当につらかった。

理由は、カウンセラーと話してわかった。カウンセラーいわく、これは「投影」だろうと。英語では、「Psychological Projection」という。

投影というのは、「自分の内側にあるものが、外に映し出されること」を言うらしい。例えば、「最近周りが攻撃的で」と言う人がいたとする。その場合は「この人は最近この人自身が攻撃的になっていて、それを中で押さえ込んでいるのかもしれない」とも考えてみるらしい。

私の場合、「女性性と男性性」のところでも書いた通り、自分の女性性を否定して消そうと攻撃していたために、外からも私の女性性を攻撃され、ハラスメントにあっていた。これも投影だ。

人間は、自分と似たようなものを持った人に対して、自分に言いたいことと同じことを言うことがある。だから、もしかしたら私に「考えるな」と言った人たちも、私の中に自分と似たようなものを感じていて、「考えるな」と自分に言い聞かせるのと同じように、私にも「考えるな」と言ってきたのだろうと。

なので、「自分だけよくなろうなんて」というのは行き過ぎでも、方向性としてはなんと私が感じた通りで合っていたのだ。

確かにその人たちも、イギリス人の配偶者や上司などとうまくいかないというところで、私と共通点があった。そして確かに、それを考えないことで対処しているようだった。だから自分に言い聞かせるように、私にも「考えるな」と言ったというのは、カウンセラーの言う通りだと思う。

でも逆に、共通点があったからこそ、わかってくれていると思っていたからこそ、よけいつらかった。同じ思いをしているからこそ、それをどうにかしたい気持ちもわかってくれると思っていたのに、私が這い出ようとしているのを応援するのではなく、止めようとした。ショックだった。

それでも、私はよくなりたかった。問題があったら、なぜそうなるかを見つけ出して、根本から解決したかった。放置なんて到底できなかった。

なぜかというと、放置できたその人たちと違って、私には帰るところがないからだ。イギリスでの生活、夫との生活、これがなくなったら、どこにも私の居場所はなくなる。死ななきゃいけなくなる。そりゃあ絶対どうにかしなければならない。どうにかできなかったら死ぬんだから。

これもまあおかしい話で、普通なら自分一人でいられるところが、私の場合は一人でいられない。夫の拒否が、即「死」を意味していた。自分一人で「安心感」を持って「存在」していられないのだ。これもあとから理由がわかってくるけれど、これがあったからこそ、私は自分のしていたことに気づき、変わらなきゃいけないと全力を尽くし始めたわけだったのだけど、これこそもっとも治療が必要な、すべての問題の原因となっているところだった。

ただ、今になって考えてみると、私の「これでいいのだろうか」という不安が、周りから「考えるな」と言われる形になって投影されたとも言える気がしている。これで私が自信を持って「今これに取り組んでるんです」と100%前向きに生きていたら、きっと周りからも応援してくれるような声が聞こえたのかもしれない。でもこのときは、特に落ちていて、もうどうしたらいいのかわからず、ときどき涙が出てきて止まらないことがあったりしていた。そんなときだったから、ズバリ私のの不安がに投影されたのだと思う。

これは、毒親対策に関しても同じことが言える。

人は、人を変えられない。だから、いくら変わってほしくても、いくら自分が苦心しても努力しても、毒親は変わらないのだ。自分が変えられるのは、自分のみ。自分を変えることで、自分の問題が解決し、それによって、周りが変わる。自分が変化したものが投影されて、外の変化となるからだ。

私が「同じ問題を抱える人たちへ」のところに書いた通り、「まず自分を癒してほしい」と言うのも、これがある。毒親はまず変えられないし、彼らの人生をよくするために、私たちが時間を割いたり苦心したり努力をすることはない。それよりも、まず先に自分が助かることを考えて、自分のために努力することが私たちにとって一番必要なことだと思う。自分にも他の誰にも「一番」にされたことがなかった自分を、自分が「一番」に考えて、「一番」優先してやるべきだ。

自分が癒やされることによって、変わる毒親ももちろんいるだろうし、子供の対応が変わったことで、毒気を抜かれてしまう毒親もいると思う。毒が通用しなくなるからだ。投影の考えで言えば、「最近人が変わったな」と感じたら、「自分が変わった」と考えると。毒親の毒を感じなくなることがあったら、自分が解毒した証拠かもしれない。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中