前世リーディング

前世療法は、自分の潜在意識に問いかけて、過去生と言われる映像を見て、癒やしにつなげるというものだったけど、前世リーディングとは、単なる「リーディング」だった。要は、セラピストが、私の過去生について、見えるものをどんどん話してくれるというものだった。

これはちょっと、微妙だった。スピリチュアルリーディングになるんだろうけど、亡くなった家族など、知ってる自分の身の回りの話が出るならまだしも、自分も知らない話を延々と聞くだけなので、ピンとくるものがまったくない。

とりあえずここでは、「自己表現」が人生のテーマになっているんではないかということが出てきた。

言われた順に書き出してみると、

・守護霊

江戸から明治くらいの日本人男性。刺青師で、看板などの商業系デザインを行っていた。そのときの私は、その人の弟子。

・私と夫が一緒にいる過去生

私は、13〜14世紀のトルクメニスタン人男性。インテリア用テキスタイルのデザイナーで、かなり遅くに独立してからは、プロモーション系の仕事をしていた。夫は、ヨーロッパの女性で、少し身分の高い、きちんとした格好をしている。親に結婚を反対されたが、二人の意思を貫いて、最終的に認められて結婚した。

・すぐ前の過去生

ドイツ語圏の、頭にバンダナを巻いた女性。家が嫌で飛び出すが、スキルがないので、住み込みで子供の面倒をみたりする仕事しかない。

・来世

マッチョな男性。体格を活かして、原始人のような衣装を着て、俳優をやっている。

こんな感じ。ね、微妙でしょ…

夫婦の場合、過去生で見える映像では、男女が逆になっていたり、夫婦の特徴が逆になっていたりすることが多いらしい。なので、他にも特徴を聞いたんだけど、それがほとんど全部真逆だった。

これから見える私の性質としては、「商業とデザインの融合」や、「ビジュアルに関する才能」とのことだった。でも、事務系数字系ど真ん中の私には、もっとも当てはまらない言葉だ。デザイナーといえば、夫だ。単に、この日デザイン系チックな服を着ていたので、そんなことが出てきたのかと思わせる。

ただ、「自己表現」が課題なのではと言われたときに、ピンとくるものがあった。前述の、「挙動不審」と、「コミュニケーションができない」という問題だ。

自己表現がうまくできないから、挙動不審になってしまって、コミュニケーションがうまくできない。それはそうだ。当たり前か。

人生のテーマというものは、自分の中でもっとも苦手と思うものが出てくることが多いらしい。簡単だったら、課題にならないからだ。

例えば、60歳まで独身で子供を持たない女性に、「母性」というテーマがきたりする。子供を持っていれば、「母性」というテーマはわりと学びやすいかもしれない。でも、こうして難しい条件下に置かれるからこそ、本当の学びがある、といったような。

私も確かに、自己表現が全然できない。まず、「自己」そのものがない。この年で、ここからスタートなんて。

「自己」をつぶされて生きてきて、ここでそれに気づく。そしてまず「自己」を探し見つけ、そしてそれを表現していく。イギリスという異文化圏で、日本のことを知らない、理解できない人たちに囲まれるという、逆境の中で。確かに、この難易度を考えると、これが人生の課題なのかもしれない、とも思う。

そして、今まではものを使って自己表現していたものが、次の段階には、「俳優」という、自分そのものを使って自己表現をするようになる。これもなるほどと思った。でも、マッチョ嫌いだから、もう絶対に来世には行きたくない。死ねない。なぜだ、なぜマッチョ。俳優なら、他にももっとなにかあるだろうに…

余談だけど、ドイツ語圏の女の子は、私が自分でCDで見た過去生に似てると思った。頭にバンダナを巻いているのも、同じ。この人からのアドバイスは、「計画的に生きること」だった。自分が無計画に家を飛び出して、嫌な仕事しかできなかったから。私はそれが嫌だったから、家が嫌だったものの、大学卒業まで待った。これは「過去生からの学習」だったと言われれば、そうなる。

こんなことがわかったものの、私にとって前世リーディングは、あまり実になるものではなかった。興味のある人は、いろんなことが聞けておもしろいかもしれないけど。ただ、行ってよかったと思うのは、前回の前世療法の解説が少し聞けたのだ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中