前世療法を受けてみて

結果、人から聞いたような、「映像ではっきりと」とか「映画の中に入ったような」という経験はできなかったので、がっかりはした。テレビでも一応、女性芸人さんが「静止画で見えた」と言っていたので、これでも正解なんだと思うんだけど。

最初に決めたテーマが「夫との関係性が見れる過去生に行く」だったので、催眠中にもそれを目的に誘導してもらったんだけど、結局よくわからないままになってしまった。

私はで、夫は父親だった。しかも、私はモンゴル系の服や顔立ちで、夫はインドやアフガニスタン系だったから、血がつながっていないのかもしれない。そこに、日本人の幽霊。ネットやテレビで体験談を読んだり見たりしても、幽霊が出てきた人なんて一人もいなかった。これはいったいなんなんだろう…今だにこれは、わからない。

私は、幽霊が見れる子供で、父親が死んで、魂がぴゅーっと空に飛んで行くのも見えた。「残された娘の心配をしてくれよ」と思っていた。冷めた子だった。

父親が殺されたのは、自分のやりたいことを夢中でやっているうちに、人の反感を買ったりしてたというようなことだった。この「周りが見えない」というところは、まさに今の夫と同じところ。

夫は、①私にとって「父親」のような存在なんだけど、②周りが見えなくて、失敗してしまうところがあり、③安心して頼れない、といったところだろうか。

私は、①夫にとって「娘」のような存在なんだけど、②冷静でものごとをよく見れていて、③自分が死んでしまっても大丈夫、と思っているということだろうか。

時間切れになってしまって、その後にこの私がどうなったのかもわからないから、この過去生から、潜在意識がなにを言いたかったのかもあまりわからなかった。

前世療法は、終わったあとにセラピストからの解説などは一切ないらしいんだけど、のちのち他で受けたときは、最後にセラピストと話し合いをしたりもして、それがかなり参考になったので、そういうのがあったらいいのにと思った。導入に時間がかかってしまったので、きちんと最後まで見れなかったし、日本で4時間2万円というのは、こういうところまでカバーできるから、その時間設定なんだなと思った。

なので、興味のある人は、料金が高くても時間に余裕があるセッションで、カウンセリングや心理学を勉強しているセラピストで、終わったあとに解釈の助けもやってくれる人を選ぶのがいいと思う。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください