友達を募集しています

迷いましたが、思い切ってこちらで友達募集をしてみようと思います。 (さらに…)

「イギリスへの不満ばかりだった私」

海外情報サイトに記事を載せてもらいましたので、よろしければ読んでみてください。
日本の先入観から解かれて自由になっていく様子が大まかに書かれてあります。

イギリスへの不満ばかりだった私
england-spear

自分の気持ちを言っていい

時系列で書いているカウンセリングの記事(三年前の話)とは別の、「カテゴリー99 現在の状況」です。


うちにはフェイスタオルが二種類あって、一つは私が外出時に持ち歩く見た目のいいもの、もう一つは夫が顔を拭いたりするときに使うシンプルなもの、になっている。先日「TK MAXX」という激安店でOrla Kielyのかわいいタオルが売っていたので購入し、「これは私が使う用ね」としまっておいた。

数日後の夜、その新しいタオルが無残にも使われてくしゃくしゃになり、洗濯かごの中に入っているのを見た。まだ買ったばかりで、使っていない新品のタオル。Orla Kielyのタオル。頭にきた。

なぜこれを使ったのか、古いタオルを使わなかったのか、夫を問い詰めた。同時に、夫が手に取りやすいように古いタオルを上にして置いておかなかった自分にも腹が立った。でも、まさか使われるとは思わなかったのだ。それくらいわかっているだろうと思っていた。

私も最初は、なぜ自分がこんなにも腹が立つのかわかっていなかった。夫が謝るのに、気持ちが緩んでいかない。逆にどんどん悪化していく。「古い硬いタオルじゃ嫌だったんだ、新しい柔らかいタオルを使いたかった」「ごめんね、本当に馬鹿だった」と言い、洗うからと言って、洗面所で石鹸で洗って物干しに干してくれた。それでも気持ちがおさまらない。

そこでやっと、「これはどいういうことだろう」と考え始められるようになった。自分の中でなにが起こっているか、現状把握だ。私の地雷は「わかってもらえていない」と感じること。このころすっかり忘れていたけれど、これもカウンセリングでやった。

私に必要なのは「謝罪」ではなく、「理解」。

謝られると、「それをなかったことにしようとしている」と感じてしまう。使ってしまったタオルを洗ってほしいわけではなかった。そうして夫にバツを与えるようなことでは、気持ちは落ち着いていかない。洗ってしまうことでなおさら、「なかったこと」にされようとしていると感じてしまう。

こういうとき夫の古い癖では、「わかっていたのに馬鹿なことをした」と自分を下げ、私を上げて、どうにかおさめようとしてくる。たぶんこれも子供のころに身につけたサバイバルテクニックなのだろう。だが、私にとってそれは逆効果になる。私は自分を上げてもらって優越感を感じ、落ち着くタイプではない。私にしてみると、そうやってご機嫌をとって、理解せず、うやむやにしようとしていると感じてしまうのだ。

もう最近では私がこう説明しようとすれば理解を始めるようになった夫も、夜遅く疲れていたのもあって、昔のように逆ギレしてきた。私の方を見ず、どこか一点を見つめて、「俺は悪くない!」「こんなタオル一枚使ったくらいで責められるのはおかしい!」「疲れて帰ってきてタオル一枚でこんな目にあって!」「こんなことは間違っている!」と怒涛のように自分に向かって言い聞かせ始めた。「あんこ事件、その3」でも出た、「Defensiveモード」の発動だ。

こんなとき以前の私だったら、きちんと理解してくれるまで寝ることができなかった。傷つきながらも、理解してくれるまで何時間もかけて夫のポイントを崩し続けた。その話の中でふと夫が気づくときがやってきて、それでまとまってやっと寝れるというのが、カウンセリング後一年ほどのパターンだった。

けれど、このときは違っていた。きちんと理解してほしいとは思ったけれど、寝ることができたのだ。

理由には、二つある。一つは、私の人生に夫以外のものが増えていたことだ。夫だけが私の人生ではなくなっていた。夫だけが頼りではなくなっていた。私にはいろいろとやり始めたことがあって、自分の人生が増えてきていた。夫は「その中の一つ」となっていて、そこが崩れても大丈夫になっていたのだ。

自分がないということ」の花の図の通りでもあった。以前は自分がなかったから、夫や仕事、友人、自分が人の役に立つこと、人から有益だと思われることなどで補い、自分を支えていた。でも自分の核が育ってきたから、花びらが崩れたり欠けたりしても、また花びらをつけていけるようになったのだ。

もう一つは、「夫は疲れてわけがわからなくなっている、普通のときに話せば理解できる」という自信がついていたことだ。今まで何度もこれをやってきた。その度に、夫は理解してきたではないかと。このころにはもう日常的に起こる少しのことでは喧嘩にもならず、その場で解説して終わりということばかりになってきていた。

あんこ事件、その3」のときはまだ不安でしかたがなく、解決に一週間を要したけれど(もっと昔は一か月かかったこともある)、今回はあんなにもならないと感じていた。本当にただ疲れているだけで、普通のときにほんのちょっと説明すればわかるだろうと感じていたのだ。

翌日の朝、夫はなにも言わずに家を出た。私も見送りをしなかった。以前の私だったら、それがもう不安で不安でしかたがなかったけれど、今回はまったく平気だった。まったく普通に一日を過ごした。これは本当にすごい進歩だと思った。以前、一番ひどいときは「あの世とこの世の狭間」で書いた通りだ。これはもう別人だ。

夫が帰宅してきて、荷物を置くとすぐに私に話しかけてきた。ここで少しでも躊躇し先延ばしにするとよけい苦しくなっていくと、夫も学習している。私も、夫が話しかけてきたら逃げずにきちんと聞いてやることで、また次のときに夫が話しかけやすくなると学習している。

夫はすぐに謝った。「疲れていて、暗い中で自分のタオルを探す手間を省いてしまったのだ」と。「わかっていたけど使ってしまった」「疲れていたから正直に謝れなかった」と。

やっと「謝った」と感じた。

柔らかいタオルがいいだのということは、言いわけだ。自分がしたことに対して謝っていない。わかっていたけれどやってしまった、それはなぜか。そこをまったく説明していない。

硬いタオルがどうのではない、わかっていたのに馬鹿なことをしたのではない。「疲れていた」のだ。だから一番上にあったタオルを取って済ませてしまった。自分のタオルを探すべきだということはわかっていたけれど、しなかった。疲れていたからだ。

「疲れていたから使っちゃった、ごめん」と言われれば、「しょうがない」で済むではないか。それだけのことが言えなかったために、こんな喧嘩になってしまったのだ。

でも夫は、そんな「自分の勝手な都合」が考慮されると思っていない。自分の都合などなく、親の都合に振り回されて育ったからだ。だからそれを言えずに、硬いタオルが嫌だった、馬鹿なことをしたと、まったく別の理由を持ってくる。そして空っぽな謝罪を口にする。私にはその「空っぽ」がわかる。だから「ごまかそうとしている」「理解していない」「口ばかり」と怒りが出る。

「気持ち」というのは、目に見えないから把握しづらいけれど、きちんと存在している。というより、人間はこの「気持ち」でできている。だからこれを無視すると、様々なことがうまくいかなくなる。

夫は「自分のタオルを探すべき()」と「疲れているから適当なものを使いたい(気持ち)」の間に挟まれていた。気持ちを無視して自分のタオルを探していたら、私を怒らせなかったとしても、心身ともにもっと疲れただろう。だからそうしなかった。

でもその理由として「柔らかいタオルを使いたかった」とをついた。しっくりこない。だったら私が新しいタオルを買ったときに「俺もほしい」と言うだろう。柔らかいタオルがいいなんて、今まで聞いたこともない。こんなときに言い出すなんて、おかしい。だから「謝りたくないのだ」「ごまかそうとしている」と思われる。

「自分の気持ちを言っていいのだ」「というより、自分の気持ちを言ったほうがすべてが丸くおさまるのだ」と夫は学習する必要がある。自分の都合を言っていいのだ、と。自分の都合は考慮されて当然なのだ、と。

お互いで都合を言い合わないと、本当に必要な策が見つからない。その場しのぎの短絡的な小細工などしても意味がない。ものごとを解決するということ、それには本当のことを言い合うことが必須になる。それには無意識に自分の気持ちを抑え込む癖を外していく必要がある。

今回のことで、カウンセリングでやったことをまた思い出すことができた。なにごとも、繰り返しだ。そうして身になっていく。書いておいて、忘れないようにしたいと思う。

・ほしいのは、謝罪ではなく、理解。
・自分の気持ちを言っていい。

広告

イギリスの医療制度

イギリス在住十年を超えたくらいの日本人が、イギリスのなにを見てどう思うのかを書いてみようと思います。

◆ 基本無料

イギリスの医療制度とメンタルヘルス」に医療システムについて書いたけれど、イギリスにはNHS(National Health Service、国民健康サービス)という団体があって、これが無料で医療を提供している。たしかイギリスに一年以上住んでいると、無料で受けられる。

無料なので、日本のようにすぐに医者にかかれたりはしない。GP(General Practitioner、一般医)という地元のかかりつけ医院に登録しておいて、なにかあったらそこに行く。場所によっては予約がなかなか取れず、三週間待ちなどもザラにある。緊急の場合は、行けばその場で診てもらえることもある。

GPが必要と認めた場合のみ、病院の専門科に紹介される。これも予約待ちなので、一か月から三か月ほど待ったことがある。もちろん緊急性の高い人から診てもらえる。かかりつけ医院では受けられないレントゲンやスキャンなどの検査や、治療をそこで受けることになる。

◆ 例をいくつか

たとえば、うつで起き上がれないなどの場合。二週間後の予約を取ってGPに行く。血液検査をすることになり、一週間後に採血。その一週間後に、検査結果。そこでメンタルヘルスの講習会を勧められ、一週間後に講習会へ。それでも足りず、個人セッションに行くことになり、その一週間後から毎週個人セッションを受ける。それでも足りないということになり、病院の精神科での治療を紹介される。

精神科にたどり着くまでに三か月以上はかかっているわけだけれど、全部無料。もちろん、その後に精神科でサイコセラピーを受けていたら、それも無料。

または、腰痛でGPへ行った場合。二週間後の予約を取ってGPへ。でも鎮痛剤を処方されて帰される。薬は有料で、どんな薬でも一定の金額を支払う。それも効かないので、また数か月後にGPへ。今度は病院に紹介される。腰のMRIを撮り、神経が炎症を起こしているとかで、数か月後にフィジオセラピストへ紹介される。フィジオではどういう運動をしたらいいかなどを教えてもらい、それを実践する。

薬は有料だけれど、MRIを含め、すべて無料。

◆ NHSの問題点

この制度の問題は、とにかくNHSの維持費がものすごい大変なこと。だから本当に必要なことしかできないために、希望する治療を受けるために海外に行く人たちもいる。ひどいGPにかかっていると、一年以上咳が止まらないのに風邪だと言われ続けて、実は肺炎だったなどという新聞記事も読んだ。金曜日に両腕を折っていた人が、月曜日になるまで医者に診てもらえなかったという話や、手術を待つ間に亡くなってしまった人の話など、NHSでひどい目にあった人の話を検索すれば、キリがない。

西洋医療の限界もあると思う。腰痛のようなものでも西洋医療で対応するため、MRIなどお金がかかることでもやるしかなくなる。これが鍼灸などで対応できれば、もっと安く済ませられるだろうと個人的には思う。実際に鍼灸を受けられるGPも出てきているので、これは今後改善が進んでいくと思う。代替医療も盛んになっている。主なホメオパシーやフラワーレメディはその辺の薬局で買えるし、どこにでもある健康関連の専門チェーン店にはそろって置いてある。

「とにかく節約」なのと、都会などでは人数がさばききれないため、妊婦も出産ギリギリまで病院には来させない。そして産んだらその日、もしくは翌日には帰される。病院食も、イギリス食のフィッシュ&チップスや、インドカレーが出てくる。日本では考えられないと思う。

個人にとって大変なのは、とにかく治療を受けるまでに時間がかかるということ。しかもGPに行っても、たいていのことでは鎮痛剤を処方されて「様子を見ましょう」と帰される。だから代替医療を頼る人が多いということもある。ただ日本のようにすぐ検査したり大量の薬を処方されたりするのも、どうかと思うところではある。風邪ですぐ病院に行き、鎮痛剤、咳止め、鼻水止め、胃薬など、何種類もの薬を処方されて、薬漬けになる。症状を止めて、休まず仕事に行く。あれは治療でもなんでもない。

◆ 利用のしかた

日本のようにすぐなにかしてもらえることはないけれど、制度を知って有効に利用することはできる。たとえば以前住んでいたところのGPでは、予約システムが毎朝8時にアップデートされるため、朝8時に電話をすると前日にキャンセルされたスロットを取ることができる。するとその当日か翌日など、早くGPに診てもらうことができる。また体を見せたりしないメンタルに関する問題などは、女性医限定ではなく男性医も可にすると、予約が早く取れることもある。

腰痛など東洋医学のほうがいいだろうと思った場合は、町の鍼灸や整体に行く。これは個人で行くから有料だけれど、NHSに紹介されたどこか遠くのフィジオより断然通いやすいし効果もある。ロンドンには日本の鍼灸もある。イギリス人の鍼灸師さんや指圧師さんも増えている。

メンタルやちょっとした頭痛などでは、まず休む。イギリスでは有給とは別に病欠が認められているため、月に一度くらいはみんな休む。鎮痛剤で休めてもいいし、ホメオパシーで様子を見てもいい。症状が続いたり、おかしいなと思うようであれば、GPに行く。

Walk In Centre(ウォークイン・センター)がある病院もあって、名前の通り予約なしで、来た順に診てもらえる。日本の病院のように順番待ちが長いけれど、必要なら専門科に回してもらえる。受付けで症状を伝えて、専門医が空くのを待つ。私もこれで喉に刺さった魚の骨を取ってもらったことがあるけれど、終わるまで五時間以上かかった。もっと専門的でないものであれば、早く診てもらえたかもしれないけれど。

もちろんA&E(Accident & Emergency、救急)がある病院もあるので、自力で行くか、救急車を呼ぶ。救急車はかなり待つこともあるので、行けるならタクシーがいいかもしれない。救急車で着いたはいいけれど放置されて亡くなった人の話も読んだことがあるので、本当にまったくもって万全ではない。そういう話がきちんと報道されるところはいいと思うけれど。

◆ 思うこと

「イギリスの医療は無料といっても内容がひどい」「多少お金を払っても日本の病院のほうが断然いい」と言う人が多いと思う。安心して暮らせない。私もそうだった。渡英してきて数年は不安でしかたがなく、NHSでひどい目にあった人の話を読みまくり、不満を吐きまくっていた。

ただ今思えば、基本が「無料」というのは本当に大切なことだと思う。仕事がなくても、収入がなくても、誰にでも必要最低限な医療を受ける保障があるということ、これは全然違う。「健康で文化的な最低限度の生活」のもっとも重要な部分である、「健康」を求める権利が保障されている。これだけで、日本とはまったく違う社会になる。

プライベートの医療保険がある会社もあって、だいたい勤続半年から一年ほどで加入できる。その保険を使えば、もちろん保険によって上限などはあるけれど、すぐにプライベートの病院に回してもらって治療を受けられたりする。どの会社にもあるわけではないけれど、医療保険は個人でも入れる。お金があるなら、これでカバーすればいい。

医療が無料でない国では、「万が一」のためにたくさんのお金を貯めておかなくてはならない。特にアメリカの医療費など、本当に恐ろしい。アメリカに移住した友人が病院からの請求書をSNSに載せていたのを見たけれど、検査入院で一泊何十万という宿泊料を取られる。医療保険がなければ生きていけない国だ。アメリカでは年々ホームレスの人が増えていると聞くけれど、収入のない人などは病気になったり怪我をしたらどうするのだろう。

イギリスでは一文無しでも医療を受けられる保障がある。たくさん問題はあれど、まず生きていていいのだと思える社会だと私は思う。



◆ 薬について追記

処方された薬は有料で、処方箋を薬局に持っていくと、どの薬も一定額で支払いとなる。だから鎮痛剤などその辺で売っている薬の場合、処方箋なしで買ったほうが断然安い。薬局の人も、処方箋なしで買うか聞いてくれることもある。GPも、特別な鎮痛剤でない限りは処方箋を書かずに「鎮痛剤を飲んで下さい」とアドバイスだけで終わることもある。

ただ、日常的に必要な薬は無料のものもある。女性のピルは無料。これは避妊用であろうと、生理痛や月経前症候群のためであろうと、無料でもらえる。だいたい三か月〜半年ごとにGPに行って処方箋を出してもらい、薬局で受け取る。友人から聞いたところでは、喘息用の吸入器も無料とのこと。たしかに、大人も子供もよく持ち歩いているのを見かける。

毒親炸裂の報

このころ従妹が休みで祖母に会いに行くというので、私の写真を実家からもらってきてもらうようにお願いしていた。

父親の問題が母親に影響していた」で書いた通り、過去の傷を癒やすために、子供のころの記憶を思い出す必要があった。本来なら親に話を聞いたりすればいいことなのだけれど、それはもちろん不可能だった。叔父や叔母もだめだった。子供のころの写真でも見れば出て来る記憶もあるかもしれないと思い、従妹がうちの実家に行くタイミングでもってきてもらうことになっていた。

従妹が写真のことをうちの母親にたずねると、「アルバムがあるから送る」と言い出したらしい。いやいや私がKelokoちゃんに送るよう頼まれているからちょうだいと言えば、「倉庫にしまってあるからすぐには出せない」と返してきたそうだ。

「Kelokoは住所もわからないし」
 同居の祖母に毎年年賀状を出していたのを横取りしているので知っているはず

「国際電話もどうやってかけたらいいかわからないし」
 従妹がタイにいたときは国際電話をかけていた

「メールもよこさないし」
 いつからそんな連絡を取りあうような仲になったのでしょうか

というのが始まったので、「じゃあ温泉行ってくるねー」と従妹は出たらしい。温泉から戻ってきてもアルバムは出てなかったので、「Kelokoちゃんに必要なんだよ」「カウンセリングに必要なんだよ」と念を押して、残念ながら手ぶらで帰ってきたとのことだった。

毒親は、荷物を送ることが好きだ。自分の好きなものを送りつけて、それに感謝されること。ただそれがやりたい。だから従妹にアルバムを送らせたくない。私に連絡をよこさせて、お願いしてもらい、感謝してもらう。それがほしいのだ。私のためになにが必要かは、まったく関係がない。

これは、被災地にいらないものを送りつける人たちと同じ原理だと私は思っている。自分たちがいらないものを送ってありがたがってもらえるチャンスなので、逃さない。相手に必要なものをリサーチし調達することはない。あくまで、自分たちがいらないものをありがたがる人たちを探している。自己肯定感を埋めてくれる道具を探しているのだ。

「Kelokoはアルバムがほしいのだ」というのを聞いてしまうと、母親はもう他にはなにも聞くことができなくなる。「自分が簡単に用意できるものをKelokoがほしがっている!」、「これはチャンス!!」となり、なにも見えなくなる。そこまで自己肯定感が飢餓状態になっている。砂漠で水を求める人のように。

従妹は何度も念を押してくれたみたいだったが、もう聞こえてないだろうなと思っていた。十中八九、やつはアルバムを直接送ってくるだろう。いらないものをたくさん詰めて。そしてそれに私が感謝しないと「送ってやったのに!!」と文句を言うだろう。勝手に。

化粧水」事件の再来を思わせた。

でも、その荷物は届かないだろう。なんとなくそう思った。

化粧水ふたたび」で書いた通り、最後に実家にいったときのこと。ネットで化粧水を買って、実家に送っておいた。母親がうずうずして「送ろうか」と何度も何度も言ってきたけれど、「また割れちゃうから」「日本に行くから自分で持って帰るから」「絶対に送らずに置いておくように」と何度も何度も念を押した。確実に伝わったと思っていた。これだけ言えば、送りたくても送れないだろうと思っていた。

なのにやっぱりやつは荷物を送っていた。従妹も愕然としていた。日本に行って「化粧水は?」と聞いてみれば、「えっと、どこにしたかな?」「送らないように、ここに置いておいたんだけどな?」と夫婦で白々しい演技をしていた。「都心に行くならこれで買ってきな」とお金まで渡された。

私も夫も、心底白々しいと思っていた。日本語のわからない夫でさえ、「探している演技の時間がもったいないから、送ったなら送ったと言えって言えば?」とまで言っていた。

そして、やはりそれは本当だった。「化粧水を送った」と、このとき従妹に話したそうだ。あんなに念を押され、白々しい演技をするほど本人にも「送るな」と言われた認識があったにもかかわらず、送ったのだ。「浴衣と一緒に送っちゃったんだ」と言っていたらしい。

話はここで終わらない。なんと、その荷物は返送されてきたらしい。

どうせ送ったのだろうと思っていたから、いつまでたってもイギリスに届かないことにおかしいと思っていた。だが、返送されていたとは。

どの住所に送ったかは知らないけれど、こちらには届かずに、日本に送り返されていたらしい。以前住んでいた町に行く用事があったので、今そこに住んでいる人に聞いてもみたのだけれど、そんな荷物は届いていないと言っていた。郵便事故だろうか。それとも私の「死んでも関わりたくない」オーラが、荷物のブリテン島上陸を阻んだか。

そして、ここからが毒親の真骨頂。なんと、「Kelokoが受け取り拒否をしやがった!!」と。

せっかく高いお金をかけて荷物を送ってやったのに、受取拒否をしやがった、なんてやつだと、怒り心頭だったそうだ。

「送るな」と言っていたものを勝手に送り、戻ってきたら「受取拒否しやがった」と勝手に怒り。

自分で思うのだけれど、どうやってこんな女と20年も一緒に暮らしていたのか、本当にわからない。こんなのと一緒にいたら、誰だって気が狂うだろう。現に狂ったわけだ。こうしてあそこを脱出してみて、いかにあの空間が異常で歪んだものかということが、十分すぎるほどよくわかった。あんな人たちに頼らないと生きていけなかったなんて、どれだけの地獄だろう。

今の私は大人で、自分で生きていけるのだ。あんな頭のおかしい人たちに頼らなくても、生きていけるのだ。なんと素晴らしいことだろう。

これがあって、少しは凹んだ。でもなんだかもう、「救いようがない」ということを深々と体感した感じだった。「あそこになにをやっても無駄なのだ」、というような。あれらは人間ではないから、人間だと思って接してはいけないのだと。

服についた墨汁が落ちないのと、同じだった。墨汁がついてしまった、ではこれは捨てましょう。新しいものを買いましょう、と。そう思えば、あれらがああでも、私には関係ないのだと思えた。

どうにもできないものをどうにかしようと思うから大変だし、どうにかしなければ生きていけなかったから大変だった。でもどうにかしなくても大丈夫なら、なんの問題もない

私は好きな服を着たいから、ブータンのような民族衣装しか着れない国に住めと言われたら嫌だし、もしそこに住まなければならなかったら大変だろう。でもなにを着てもいいイギリスに住めるわけだし、こうして毎日好きな服が着れる。それならば、違う国で毎日民族衣装を着ていて幸せな人たちがいても、なんの問題もない。そういうことが体感できた。