「イギリスへの不満ばかりだった私」

海外情報サイトに記事を載せてもらいましたので、よろしければ読んでみてください。
日本の先入観から解かれて自由になっていく様子が大まかに書かれてあります。

イギリスへの不満ばかりだった私
england-spear

進歩を実感

オステオパシーの施術を受けたとき、一つ素晴らしい進歩に気づいた。

このセッションの目的は、「歯ぎしりの治療」と「リラックス」だった。ところが施術前の問診票には、具合が悪い身体の部分にもチェックを入れるようになっていたので、腰や首、背中などにもチェックを入れた。

すると、それを見た先生が「それでは足から始めて、腰をやりますね」と言ったのだ。

今回の目的は、歯ぎしりとリラックスだ。腰痛ではない。

そう思った瞬間、「腰ではなくて、リラックスを焦点に置きたいんです」と私はとっさに言った。

そう、とっさに言えたのだ。

たぶん以前だったら、ここで「腰を中心にやります」と言われても、そのままお願いしていただろう。「専門家が言うのだからそれでいいのだ」と自分に言い聞かせたり、「腰ではなくてリラックスをしにきたのに」と思っても言い出せなかったりした。それでもやもやしながら施術を受けて、最終的に偶然にも自分の満足いく結果が出ればいいのだけれど、そうでなかったときは「言えばよかった」と後悔しまくり、落ち込むのが常だった。

カウンセラーにこの話をすると、以前はそもそも「自分はリラックスをやりたいのだ」というところにも気づかなかったのではと。「腰をやりますね」と言われて、なんだかわからない不安感を抱えて始まり、結果がよければよくて、悪かったときは落ち込むと、そういうことだったのではないかと言われた。

たしかにそうだ。ここには、

①「自分はこれをしたいのだ」とわかること
②相手にそれを伝えることができること

二段階がある。以前は①ができていなかったので、②もできなかったのだろう。たぶん、最初から①ができていれば、②もできていた可能性がある。だからまず問題なのは①、以前は「自分がなにを求めているか」がわからなかったのだ。

①ができていなかった原因はもちろん、親にそうされてきたからだ。親(人、相手)がしたいことを優先させてきたために、自分がなにをしたいのか、なにを求めているのかがまったくわからなくなっていた。「人といるとなぜ疲れてしまうのか」でも書いた通り、人と自分のどちらの主語で話しているのかわからなくなっていた状態だ。

人間だれしも最初は、ちゃんと「こうしたい」というのがある。でもそれを無視され続ける環境にいると、いずれ自らそれをすることをやめ、ついにはそれがあったことすら忘れる。さらにそれが進むと、自ら自分の気持ちを無視されることを期待して行動するようになる。そういう環境を自ら求めていくようになるらしい。

これが、ついこのころまでの私だった。

自分では気づけていなかったけれど、だれでも「自分の気持ち」はどこかにきちんと存在している。でもその存在に気づかないようになってしまっていたから、「相手の気持ち」の存在しか認識できず、それに沿う行動をとる。結果的に、「自分の気持ち」を無視していることになる。「わけもわからず傷つく毎日」で書いた通りだ。

「相手の気持ち」と「自分の気持ち」がたまたま合致しているときは問題ないのだけれど、そうではない場合、「なんだかわからないけれどもやもやする」というような状態になる。自覚なく「自分で自分を無視している」状態になっており、「よくわからないのだけれど落ち込む」ことになる。これが悪化すると、身体に出る。いわゆる「ストレスがたまって身体に出る」というやつだ。

たぶん、これがいわゆる「うつ」なのではないだろうか。「自分の気持ち」と「頭」と「言動」が一致していない不調和状態で出る、ガンのようなもの。

また、①ができていても、②をしない場合もある。

カウンセラーいわく、②の「自分の気持ちを相手に伝える」ができない場合というのは、「自分の気持ちは重要ではない」「自分はその場にEntitleされていない(エントリーされていない=権利がない)」と思い込んでいる場合に起きると。

父方の祖父母のところへ」行ったときの免許証事件のように、それまでずっと私の気持ちは親から無視されてきており、場をコントロールする権限が一切なかった。人権がなく、人として尊重されていなかったのだ。だから私は、嫌でも免許を親に貸さなければならなかった。私の免許証なのに、だ。

でも、もうそうではない。今は、子供のころとは違う。大人になった今、親にすがらなくても自分で生きていけているわけで、彼らの理不尽な要求を突き返しても、命に別状はない

解毒には、これを心の底から体感する必要があった。そうでないと、似たような状況になると同じ結果を招いてしまう。

親でなくとも、親のように自分に対して権威がある相手=先生や上司などを相手にしたときに、自動的に「子供の自分」が出てきてしまい、昔と同じ心理状態に陥り、同じことになってしまう。自分はその場で発言する権限がないと感じ、自分の気持ちを無視し、(相手が本当にそれを求めているかどうかは関係なく)相手がこれを求めていると思い込んでいることをやってしまう。それにより気持ちと頭が分離し、身体に影響が出る。

この癖から脱出するためには、まずこの仕組みを理解する必要があった。

子供のころはどんな理不尽なことでも、親に従わなければ生き残れなかった。親に従い親から好かれることが、生き延びるためにもっとも重要なことだったからだ。そういう環境から身についた癖が、「サバイバルテクニック」と言われる。だがもう時代は変わり、自分は大人に成長し、そういう昔のテクニックは必要がなくなった。しかも、昔は自分を生き延びさせたそのテクニックも、今では逆に自分の人生を生きにくくしてしまっている。

ここに気づくことが、スタートになる。

夫との間に起こっていたことは、まさにこれだったのだ。「自分はEntitleされていない」と思い込んでいるから、自分の気持ちを言えない。夫が自ら気づいてくれないと、怒りになる。自分の気持ちを汲んでくれないことを「無視されている」と感じて、自分を消したくなってしまう。というよりもまず、そもそも自分の気持ちがわかっていなかった。だから伝えることもできなかったのだ。

たぶんこれが、日本のように「お互いの都合を常に推測し合う」ことが前提とされている社会であれば、まあまあうまく回って生きていくことができていたのだろうと思う。でもそうではない社会に来れば、もちろん生きてはいけない。

というよりもたぶん、日本でももううまく回ってなどいないのだと思う。高度成長期のときのように、みんながうまくいっていてみんなが同じ生活をして同じ人生を目指し「こういうものだ」で生きていたときは、相手の意図をまだ把握しやすかったのだろうと思う。違っていたとしても「これが正解」と押しつけることもできただろう。みんながそう生きるものだという前提があったからだ。

だが経済も落ち込み、人々の生活も多様化してきた今では、自分と違う人間のことなどわかるわけもないし、「こういうもの」と押しつけられることも受け入れられない。「人と自分は違う」という前提で、お互いに口に出して伝える必要がある社会にどんどんなっている。というか、これからはそうしていかないと回らなくなっていくだろう。

カウンセリングでこの話をしたとき、夫も「そうそうそう!!」と激しくうなづいていだ。

たとえば、レストランに入る。私は、なにが食べたいのかわからない。でも、なにかいいものが食べたい。どれを頼むか、ものすごく迷う。いろいろ頭で考えて、「お店はこれが有名だ」とか、「ここに来たらこれを食べなければ」とかで、とりあえず絞って決める。出てきたものがたまたまそのときの私の気持ちに合っていれば大丈夫なのだけれど、そうでなかった場合はものすごくがっかりする。

同様に、なんらかのサービスを頼んでも、「自分はこうしたい」ということがわかっていないので、とりあえず基本的なものを頼んで、不安を抱えたまま最後まで待つ。でもやってきたものがまったく違ったりして、がっかりする。

この「最後まで待つ」というところが、ポイントだった。「出てきたものを見てみないと、それが自分が求めていたものかどうかわからない」から、最後まで待たなければならないのだ。自分がなを欲しているかが、わかっていないからだ。

だからこのとき先生にこう伝えられたのは、すごい進歩だった。「今日はリラックスをやりにきたのだ」「腰の治療なら鍼灸でやってもらえるから、オステオパシーではリラックスをやるのだ」ということがきちんとわかっていたのは、ものすごい快挙だった。症状をまとめて準備をしたのは、本当によかったと思った。

自分でもこのとき「ちょっと成長した」と思ったけれど、カウンセラーと話をしてみて、それがどれだけ快挙だったかがよくわかった。①自分の気持ちがわかっていて、 ②それをきちんと相手に伝えられた。心配を抱えたまま最後まで待ち続けて結果にがっかりするのではなく、最初から自分の心配を口にして、不安を解消することができた。これがまさに、「自分が状況をコントロールする」ということだった。

少しずつだけれど、確実に進んでいる。

「いつ終わるのだろう」
「本当に落ち着いた人生を生きられるようになるのだろうか」
「そんな日は本当にくるのだろうか」

と、どこまでも落ちっぱなしになることばかりだった。でもこうして進んでることが目に見えてくると、きっと落ちることも少なくなっていくのかもしれない。もしかしたら、本当に歯ぎしりも治って普通に生きられるような日がくるのかもしれない。

なんだか泣けてきた。希望が出てきたのだ。

広告

クラニアル・オステオパシー

このころ、カウンセラーから「Cranial Osteopathy(クラニアル・オステオパシー)」というものを聞いた。日本語では「頭蓋仙骨療法」と言われている。

オステオパシー自体は、「日本で駆け込んだ整体」で知っていた。それの頭バージョン、頭蓋骨の整体、という認識だった。頭蓋骨というのは何枚もの骨でできているのだけれど、それを微細に調整することによって様々な症状を治していく。

このころは本当にうつで、どうしようもなかった。脚のつけ根も痛くなり、ランニングもできなくなって、ヨガもできず、毎日ぐちゃぐちゃだった。家事もなにもできなくなってしまってこれではだめだと思い、iPhoneのアプリ「寝たまんまヨガ」でヨガニードラ(瞑想)をやって少しはすっきりしたのだけれど、それでもだめだったので、イブプロフェンを飲んだ。頭が痛かったのだ。

なんでこんなことになっているのか考えてみたのだけれど、もしかしたら「父親への手紙」を書く宿題をやったことと関係しているのかもしれないと思った。カウンセラーに話してみると、それもあるだろうけれど、天気もあるだろうし、脚の痛みも、他にもいろいろ総合的なものだろうと言われた。

たしかに、「夫の仕事が決まって」通勤生活が始まり、新しい生活にまだ慣れずあたふたしているところがあった。毎日、今日はあれやってこれやって、ご飯なににしようか、お弁当はいるんだっけ、お風呂汚いな、リビングも掃除しなきゃ、洗濯物忘れていた、やばい図書館に本を返しに行かなくては、会社で保険申し込みできたかな、医者の予約が、カウンセリングはいつだっけ、etc etc。

一度流れができてしまえばいいのだろうけれど、始まったばかりで次々に来るものを後から後からこなしていたために、頭がおかしくなってしまったように思った。しかもまた、二人分考えていた。これがいけないのだ。夫の分は夫に任せておかなければいけない。

こんな毎日の中で、あることに気づいた。

私は、常に身体にが入っていた。日常のちょっとしたことでだ。たとえばパスタを茹でて、お湯を捨てる。そのときにザルを使うと洗わなければならなくいので、そのまま菜箸でパスタを押さえつつ、お湯をこぼしていく。そういうときに、首と頭にものすごい力が入っていた。足の指も、力が入って丸まっている。びっくりした。

洗面所を掃除していたときも。水をバシャバシャしてそこら中を濡らさないように、また全身に力が入っていた。一度気づいてみれば、こういう日常のちょっとしたことで、常に身体に力が入っていた。寝るときの歯ぎしりはずっと知っていたし、歩いているときに足の指を丸めていることも気づいて直そうとしていたけれど、日常のありとあらゆる場面でこんなにも力が入ってしまっていることに愕然とした。

パスタなどこぼれてもいい。ザルもこういうときのためにあるのだから、使って洗えばいい。水などバシャバシャしても拭けばいい。こんなことで死ぬわけがない。なにも問題ない。それを、ミスったら死ぬかのように全身に力を入れて踏ん張っている。やばい。

こんなだから、首と肩が重くなって、頭も痛くなるだろうし、腰も脚も痛くなる。当然だ。

カウンセラーに話してみると、パスタのお湯で?とびっくりして、かなり重症だと思ったようだった。オステオパシーをまた受けたいと話をすると、この「頭蓋仙骨療法」を教えてくれた。腕のいい人を知っているとのことで、その人の連絡先も教えてもらった。

どういう治療方法なのかネットで調べてみると、受けた人の話がいくつか出てきた。指の先で、ほんの少しの微細な調整を行うだけなのに、身体の中が動くらしかった。終わった後にすぐ立ち上がれないくらい、身体中がリラックスするらしい。どうも、身体の中にある、緊張からできたしこりを解いて流れをよくするものらしいのだけれど、ちょうど鍼灸でツボをついて流れを通すみたいなものだろうか。とても興味をひかれた。

根本的な治療はカウンセリングとヨガでやっていかなければならないけれど、とりあえず身体に出ている表面的な症状は、これでとれるかもしれないと思った。緊張をとり、リラックスして、とりあえずの体調を整えるのもありだろうと。

このカウンセリング後のヨガでも、リラクゼーション目的のものをやってもらった。ヨガニードラも長くやってくれて、身体が溶ける感じがすごくあった。私はこの先生しかしらないけれど、本当に上手だと思う。iPhoneのアプリでもいいけれど、やはり先生にやってもらうのがよかった。偉いSwami(先生)のヨガニードラを録音したものをカウンセラーが貸してくれたので、家でやるときはそれをやってみることにもした。

ヨガの後に夫の鍼灸を予約していて、私も一緒に行って症状などを説明するつもりだったのだけれど、私のほうが大変になってきてしまったので、予約を代わってもらって、指圧と鍼も受けてきた。なんだかボロボロだった。

頭蓋仙骨療法も予約した。お金がバンバン飛んでいくけれど、もうよさそうなものはなんでも試していこうと思った。だめだったらだめでいいのだ。これは(今は)だめだとわかるだけでも、いいことなのだ。

説明する症状をまとめてみた。これを持って、なんでも試してみたい気分だった。

1)子供のころからの歯ぎしり
2)精神的理由からくる慢性的な全身の緊張(臀部、首、肩、頭)
3)腰痛
4)坐骨神経痛
5)腿の筋の痛み(ここ2~3か月)

心理療法としてのヨガの仕組み

このころ、ヨガがなぜ心理的に効くのか、先生の話をもとに自分なりにいろいろと考えてみた。

たぶん普通の人は、「なんでそんな単なるポーズが不安に効くのだろう?」と思うだろう。私も実際やってみるまでわからなかったことだった。「冷え性が改善」したときのこともそうだけれど、単に身体を動かしているから冷えが改善するのだとみんな思っていた。本当の仕組みを理解している人は、皆無だった。

たとえば、腰痛。腰が弱い人というのは、不安感を抱えている人が多いとのこと。この「不安感=腰の不調」というのがどこからくるのかというと、たぶん「不安」という感情が出るところが、「腰」という体の部位なのだと思う。

そんな、感情という目に見えない触れないものが、物理的な肉体に作用するなどということがあるだろうか?と思うだろう。でも実際のところ誰もがこれを日常的に利用している。

一番わかりやすい例でいえば、深呼吸。緊張という感情は、物理的には胸とかお腹に出る。心臓がどきどきしたり、英語では「Butterflies in my stomach(ちょうちょがお腹でバタバタしている)」と表現する。それを解消するのが、深呼吸という体の動作(ポーズ)。これをすることによって、身体が落ち着いて、それが心を落ち着ける。「不安症対策の呼吸法」でも習った。

緊張するときの例:

①状況:緊張するような状況
②思考:「怖い」
③感情:緊張
④気:緊張の気が出る
⑤体:胸/お腹にきて、ドキドキして呼吸が乱れる

↓これを、深呼吸で整える

⑤体:胸/お腹を整えるポーズ(=深呼吸)→胸やお腹が物理的に静まる
④気:緊張の気が解消される
③感情:緊張が解消されていく
②思考:「大丈夫かも」
①状況:緊張しなくなる

ヨガでは、感情にもエネルギーがあると考えるそうだ。これは実は、鍼灸も同じだった。お世話になっていた指圧の先生の施術室には、五行色体表というのが貼ってあり、身体の部位とそれに対応する現象が書いてある。その中にはメンタルと気の項目もあった。身体の部位と、メンタルの部位、そして気(エネルギー)が、対応しているのだ。

これは、特定の部位の不調が特定のメンタルの不調につながっていること、そしてその逆も表している。

たとえば、「不安」という感情も特定のエネルギーを持っていて、これが出ると、「」に影響が出てくることが多い。「チャクラについて」で書いたように、ヨガでは腰の部分は第二チャクラのスワディシュターナと呼ばれている。チャクラというのは、鍼灸で言う「つぼ」と同じ。つぼのように身体に無数にあるのだけれど、その中でももっとも大きな七つが、いわゆる第一〜第七チャクラと呼ばれている。

不調なチャクラは、鍼でつぼを突くように、該当のチャクラを刺激してエネルギー(気)を整える。ヨガはこれを、身体を動かして行う。これがアーサナ(ヨガのポーズ)だ。これでエネルギーを整えるのだけれど、同時にストレッチ運動でもあるので、物理的に腰の調子も整えられる。なので、エネルギー物理的な体の、両方が整うことになる。これが感情に影響を与え、感情も整っていくのだ。

不安なときの例:

①状況:不安な状況
②思考:「なんだか不安」
③感情:不安
④気:不安な気が出る
⑤体:腰(スワディシュターナ)にくる

↓これを、ヨガで整える

⑤体:スワディシュターナを整えるポーズ →腰がよくなる
④気:不安な気が解消されていく
③感情:不安が解消されていく
②思考:「もしかしたら安心かも」
①状況:大丈夫になる

ポーズと腰がよくなることは、お互いに影響しあっていると思われる。腰がよくなるからスワディシュターナが整い、スワディシュターナが整うから、腰がよくなる。それによって不安なエネルギーが解消されて、不安な気持ちが減少していく。

私の場合はその不安な気持ちの出処である思考も、カウンセリングで治していったので、身体からと頭からの両方で整えるという、かなり万全な体制だった。どちらかが弱っても、どちらかで治していけたし、両方から整えていくことで、スワディシュターナがバランスよく整っている状態をより維持できるようになる。

実は、ヨガにはポーズだけではなく、「呼吸法(プラーナヤナ)」もある。これがまさしく、深呼吸のことになる。ヨガでは、アーサナ(ポーズ)とプラーナヤナ(呼吸法)の二つを組み合わせて、エネルギーを整えていく。ポーズは外から身体に刺激を与え、呼吸は内から身体に刺激を与えて、整える。

要するにヨガは、身体とエネルギーを整えることによって気持ちも整えていくツールなのだ。CBT(認知行動療法)の「不安のサイクルと破りかた」でもやったけれど、身体、思考、感情、の三つはそれぞれに影響しながら存在している。それぞれをつないでいるのが、エネルギー(気)ということになる。

身体を治すには、鍼灸やヨガでつぼ(チャクラ)を刺激してエネルギーを整える(同時に、感情も整う)。感情を治すには、同じくつぼ(チャクラ)を刺激してエネルギーを整える(同時に、身体も整う)。この辺りの理解は、やはり鍼灸の知識がある東洋人にはわかりやすいと思う。イギリス人だと、まず鍼灸さえもあやしいスピリチュアル系のように考えている人もいる。身体を針でつついて腰が治ることは、それが当たり前の環境で育っていないとなかなか理解しがたいものなのかもしれない。

鍼灸も、もとを正せばヨガにつながるのだろう。ヨガから始まって、身体のつぼに注目していったのが鍼灸で、メンタルに注目していったのが仏教や瞑想になるのでは。座禅を体験するという日本のテレビ番組で、お寺に行ってみたらまず座禅の前にヨガをさせられてびっくりしていたのを見た。ヨガで身体を動かしてから、座禅をする。ヨガのセッションもけっきょく同じで、ポーズをやってから、最後に瞑想をする。要はどれも最終的には同じこと、心身(とエネルギー)を整えることを目指しているから、同じになるのだろう。

ヨガでは身体から、座禅や瞑想はメンタルから。両方とも、心身を整える

だから、ヨガは心理療法として効果的なのだ。ヨガで身体も整うけれど、それは同時にメンタルを整えることも意味している。私の場合はそこにカウンセリングも受け、頭からも整える作業を行っていた。身体と、思考と、感情。この三つがを通して相互に影響を与えあっていることが理解できて、ヨガの仕組みもよく理解することができた。